16

クロアチアに行ってきました!2017年秋(ドブロクニク編②) Vol.7

19城壁に囲まれた旧市街(Old Town)

旧市街をぐるっと囲む城壁巡りは、1周ゆっくり回って約1時間半。時計とは反対方向に回る一方通行。
写真の被写体となる箇所が至る所に点在していて、普段あまり写真撮影をしない私でも、ついつい足を止めてしまう程。
民家の裏側まで覗けたり、居住者の様子まで垣間見れたりで中々面白いです。

b

今回ドブロブニクに2泊したのですが、旧市街の散策と城壁巡り、ケーブルカーからの眺めなどを回っても、1日~1日半もあれば、ひと通り回れてしまいます。
夏の時期であれば、で海を眺めながらのんびりリゾート気分を満喫したり、
ザグレブのワインセラースタッフお勧めのロクルム島へも行ってみたかったのですが、
少し肌寒いこの時期ですとそんな気分にもなれず、若干時間をもてあまし気味になってしまいました。
今回は行けなかったのですが、日帰りで隣国のボスニア・ヘルツェゴヴィナや、モンテネグロへ足を延ばす事も可能だったような気もします。

11月のドブロクニク

訪れた時期は11月初旬ということもあり、夏のピーク時に比べ、ホテルはリーズナブルに宿泊でき、
旧市街も混雑することなくゆっくり散策できるという利点はあるものの、クローズしているホテルやレストランがあったり、
ケーブルカーが強風の為ストップしてたり、イメージしていたオレンジ色の旧市街と青く輝くアドリア海のコントラストを拝むことが出来ず
どんよりとした曇り空の為、少々うす暗い印象で残念な結果となってしまいました。
宿泊先ホテル(ホテルモア)にある洞窟バーも楽しみにしていたのですが、滞在時はクローズして利用できず・・・。

どうせ行くならやっぱり夏!!ドブロクニクへは、せめてもう少し早い9,10月初旬位までに訪れたかかったというのが、正直な印象です。

おまけ

ドブロクニクでは、至る所に猫の姿が。
勝手知ったる街中を人を恐れることなく歩き回る姿や、店先に看板猫のように佇む者、お土産店を自由に出入りする者まで、かなりの頻度で出くわします。
空港の中のとあるカフェのソファーでは、まるで自分の家のようにくつろいで居眠りをしている者もいて、猫天国。
猫好きにはたまらない街でした。

20

ドブロクニクの旧市街を堂々と闊歩する猫

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る