image01_logo

【海外のイベント】夏だ!Vappu(ヴァップ)だ!お祭りだ!【フィンランド】

image01_logo

ヴァップは大きな祝祭!

メーデー(労働の日)として知られている5月1日、フィンランドはヴァップと呼んでいる日で、夏至祭、クリスマスと並ぶ、フィンランドでも大きな祝祭の一つです。
4月30日夕方のヴァップイブから5月1日にかけて、街はお祭り騒ぎになります。
ヴァップイブのあるその週から、ヴァップウィークとなり、街は少しずつお祭り体制に入っていきます。
ヴァップは、元々はカトリック教の聖ワルプルギス(St. Walpurgis)の聖名祝日に由来したもので、昔は上流階級の人たちが祝っていたお祭りでした。
1800年代からは、高校を卒業した学生達が祭りの主導権を握り、今では「学生達のお祭り」という印象が強いカーニバルスタイルのお祭りです。

夏の始まりはヴァップから

ヴァップは、街のシンボル的な銅像がある場所を中心に行われますが、オウルだと上記写真にある銅像「港を見守る警察官(通称:オウルふとっちょおじさん)」がある広場が、とても賑やかになります。
地球の北の方にあるフィンランドは、夏と冬とでは街の表情ががらっと変わります。
写真を見てお気づきになりましたか?同じ広場の写真ですが、こんなに違うんです。
ヴァップがある5/1頃になると、どこから持ってきたのか、屋外テーブル、椅子が出てきたり、屋外マーケットも出現します。
そう、ヴァップは夏の始まりを告げる祭りでもあるのです。

ヴァップシーズンの飲食物とは?

フィンランドは、その季節によって季節飲み物や季節スウィーツなるものがありますが、ヴァップにもあります。
(1) ヴァップドリンク:SIMA(シマ)


ヴァップの飲み物と言えば、シマ。
レモン、イースト、水、ブラウンシュガー、白糖、レーズンを混ぜて発酵させた発泡性飲料で、1%未満のアルコールが含まれます。
人によっては、シマにウォッカを混ぜる人もいます。
この時期になると、市販のシマがあちこちで発売されたり、ホームメイドシマ(Kotisima)を作る人もいたり、自宅で簡単に作るためのシマ用粉なんかも見かけます。

(2) ヴァップスウィーツ:Tippaleipä(ティッパレイパ)、Munkki(ムンッキ)


ヴァップのスィーツと言えば、ティッパレイパ。
これはファンネルケーキで、ドーナツに近い生地をロウトで、油の中に線状に落としていって作ったもの。
揚げたてのものに、シナモンや粉砂糖をまぶします。
そして、ヴァップムンッキ。
ムンッキは、フィンランドの揚げドーナツ。
生地はカルダモンの香りが高く、見た目のわりにあっさりとして口当たりが軽いドーナツです。
ムンッキは年中通して見るフィンランドのスウィーツですが、特にヴァップ時期には、自宅で作って食べる人がとても多いです。
ベリージャム入りのムンッキもあります。
ジャム入りのは、見た目が餡ドーナツみたいですよね。

学生達が大騒ぎ!

ヴァップでは、花や笛や風船や仮面などの色とりどりの製品が売られますが、特にオウルでは、お揃いの色のツナギを来た学生集団をあちらこちらに見かけます。
ツナギの色は、学んでいる学部によって異なり、白、黄色、青、緑、紫、赤、黒、ピンクなどなど、ほんっとにたくさんの色があります。
ちなみに、二つの学部を勉強している学生さんは、片足ずつで違う色のツナギだったりします。
そして、工学部の学生さんは、オウル川に飛び込むという伝統行事もオウルにはあります。
雪解けしたばかりの冷たい川なのですが・・・。
ヴァップは、フィンランドの街それぞれで、その街ならではの伝統行事があるようです。
そして、ヴァップ翌日にはピクニックにでかけるという習慣もあります。

ヴァップの5/1は、世界的にはメーデー(労働の日)として知られています。
フィンランドでも、1978年頃からは、フィンランドの労働の日、とも名付けられ、全政党、政治家、労働組合のリーダー達が、行進やスピーチをする日でもあります。

ヴァップとメーデーの2つの要素を持つ5月のイベント。
GW期間中の旅先として、フィンランドはどうですか?
日がほとんど沈まない時期に入る、ヴァップイブの4/30からヴァップの5/1まで、はちゃめちゃに夜通しで楽しむヴァップに参加したり、始まった夏を楽しむ街や人の様子を見てみるのは、きっと面白い旅行になると思いますよ。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る