4-5_logo

赤ちゃん連れでも100%楽しめる!カリフォルニアディズニーランドの魅力

ロサンゼルスに旅行に来たら外せないテーマパーク、カリフォルニアのディズニーランド。
ディズニーランドの原点とも言える、世界で一番最初にディズニーランドが出来た場所なのです。
今年は60周年イベントもやっているので、日本から遊びに行く方も多いのではないでしょうか。
今回は赤ちゃん連れでも楽しめる、乗り物や、便利なスポットをご紹介します。

ベイビーケアセンター

4-1_logo

子連れでディズニーランドに来たらまず知っておきたいスポットがこちら「ベイビーケアセンター」です。
ここは日本でいう親子休憩室で、赤ちゃんのお世話をするための場所になっています。
右手前には授乳室、奥にはおむつ替え台や、子供用のトイレが設置されています。
左側のスペースは食事のコーナー。ハイチェアーや電子レンジの無料貸し出しサービスもあります。
また、オムツや、離乳食のチューブも販売しています

4-2_logo

おむつ替えをしている時に驚いたのが、赤ちゃんがみんな泣いていないこと。
実は、天井にあるプロペラを赤ちゃんがじっと見つめているので、みんな静かにしていたのです。
お母さん達が笑顔でささっとオムツ替えをすることが出来ていました。さすがディズニーランドの力です.

4-3_logo

ここベイビーケアセンターには常にスタッフが常駐し、迷子の子供のケアなど、困ったことがあったらいつでも対応してくれます。

子連れでも楽しめる乗り物も♪

赤ちゃんを連れては、乗れる乗り物も限られていますが、意外に楽しめるアトラクションが沢山あります。
今回はその中でもおすすめをご紹介します。

Mickey and the Magical Map
日本でもありますが、ディズニー映画のキャラクターが次々に登場するショーになっています。
一日数回上映するので上映スケジュールをチェックして観に行きましょう。
会場は広いので座れますが、やはり前列に座ると迫力満点です。
上映時間の約20分前に行くと前の方に座れる可能性が高いです。
映画音楽に合わせて、ダンサーやキャラクターが華麗にダンスするので、子供も釘づけになって見入ります。

4-4_logo

It`s a small world

上記のMickey and the Magical Mapの会場からすぐ近くに位置するのでスムーズに移動が出来ます。
赤ちゃんを抱っこしながら乗り物に乗れます。可愛らしい空間を楽しむことができます。

4-5_logo

The Many Adventures of Winnie the Pooh

みんなが大好きプーさんの乗り物です。
日本のディズニーランドだと待ち時間が長い乗り物の一つですが、カリフォルニアのディズニーランドは待ち時間がそこまで長くありません。
筆者は日曜日の午後に行った時は、待ち時間はわずか5分でした。
もちろん時期によっても異なりますが、子連れで楽しめる穴場アトラクションの一つです。
こちらも赤ちゃんを抱っこしながら乗ればOKです。

他にも、Mickey’s Toontownは子供が喜ぶ場所が沢山。ミニーちゃんやミッキーの家に行ってみたり、可愛い子供のお土産を買えるショップもあるので要チェックです。

4-6_logo

子供用品のお土産売り場

子供用品専門店は唯一、メインストリートにショップがあります。
可愛い子供服や、ぬいぐるみなどが販売しているので、子供用のお土産を買うならここがおすすめです。

4-7_logo
ミッキーになりきれる洋服や、パーカーなんかも可愛かったです。

4-8_logo

4-9_logo

赤ちゃんの衣装を着たダッフィーやシェリーメイもありました。
4-10_logo

夜のパレードや花火もキラキラしていて子供から大人までみんなが楽しめます。
しかし子供は疲れやすいですよね。
疲れたらベイビーケアセンターで休憩するなど、うまく施設を活用してカリフォルニアのディズニーランドを無理なく、最大限に楽しんでくださいね。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る