ボジョレー-TOP_logo

【グルメ・ドリンク】ボジョレーは4月!? アルゼンチンワイン&お酒事情

ボジョレー-TOP_logo

現在、地球の反対側アルゼンチンは春。
当然ながらボジョレーヌーヴォーの季節(=秋)は半年後ということになります。

ワインの産地として有名なメンドーサ等では3月にワイン収穫祭があったり、
4月にはアルゼンチンが誇るブドウ品種マルベックの「マルベック・ワールドデー」なる日があって盛り上がるのですが、
タイムリーな時期にそのお話をしたいと思いますので、
今日はアルゼンチンのワイン文化、お酒事情についてお伝えしたいと思います。

グラスワインは常になみなみ!

こちらに来て驚かされたことが、
お肉やスイーツの量(常に食べきれない量が“一人分”として運ばれてきます…。)に並び、ワインの注がれ具合

グラスワインを注文すると、
少しでも動かそうがものならこぼれてしまう位、
ワイングラスのふちギリギリまでなみなみと注がれたワインがやってきます。

 

そしてワイン大国でもあるアルゼンチン!
安くて美味しいワインが溢れています。

スーパーのワインコーナーは壁一面に赤ワインがぎっしりと並び、
くるりと反対側を振り向けば白ワインが延々と並んでいます。

 

どのワインを選んだらいいの?

どこまでも続くワイン売り場では、どれを選んだものだかと頭を抱えてしまいます。

ここでオススメしたいのが「ラベル買い」
イタリア系の移民が多いこともあってか、
アルゼンチンのデザインや色遣いはとてもお洒落で、美しいものや可愛いものが多いのです。
ワイン売り場なんて、ラベルを眺めてるだけで楽しめるくらいです!

そこで、ゆっくりとラベルを眺め、ピンときたものを買ってみる。
味が当たりかどうかは保証できませんが、お見合いの様なものでしょう。

ボジョレー-3_logo

ちなみに安いものであれば、ボトル300円くらいからありますが、
アルゼンチンのお友達曰く、

「リーズナブルで美味しいものといったら、600円くらい(2015年10月現在。筆者の感覚的換算価格)のものであれば
十分に美味しいワインが飲めるね。」
とのことです。

 

アルゼンチンでお酒を売れない日?飲めない日?

ワインに限らず、ビールも人気。
週末ともなれば、ワイン瓶やビール瓶を抱えて歩き飲み(!!)している若者達を
見かけることも日常なお酒大国アルゼンチン。

それなのに、お酒を売れない日、飲めない日(公式には)が存在するのです。

それは選挙前日。
こちらは投票が義務づけられているので、なんと選挙前日はお酒を売ることができません。
かつ、バーやレストランでもお酒を提供することも基本的には禁止されています。

ボジョレー-4_logo

 

何も知らずに投票日前日にスーパーに行った時のこと。
お酒コーナーには白い紙がかぶせてあり、
「明日、選挙につき酒類を販売することはできません。」の張り紙が!

お酒だけでなく
「その日は投票日前日だからできないよ。」とか、
「明日は選挙だから、やってないよ。」という会話はよく耳にします。

ボジョレー-5_logo

ワインボトルはグラスに変身?

最近、カジュアルなお店や若者の集まるお店、
お友達のおうち等でよく見かけるのが、ワインボトルを切ってグラスにしたもの。

もともとPalermo というお洒落エリアのレストランが
アメリカの真似をして取り入れたのが流行っているそうなのですが、
なんとなく、なんでもリサイクルしてしまうアルゼンチンの国民性にあっている気がするのと、
ワインは決してお洒落な飲み物でもななんでもなくて、
日常にある飲み物なんだなという感じが私は好きです。

ちなみにこのグラス、
アルコールをカットしたい部分に塗って火をつけて、
ポキっと折るんだそうです。
そして唇を切らないようにやすりをかけるのをお忘れなく!とのこと。

ボジョレー-6_logo

 

「日本ではワイン流行っているんだよ!“私はワイン飲みます”って言うと、
ちょっとオシャレな感じするからね~。」と言うと、
アルゼンチン人は「へえ~、そうなの?」と目をくりくりさせます。
もちろんここでは“SAKE”(日本酒)の方がよっぽどお洒落な訳なのでした。

ワイン大国アルゼンチン。
美味しい山盛りのお肉に豊富なワイン、
デザートは常に激甘ですが、

これらを制覇できればあなたも立派なアルゼンチン人です!

ボジョレー-7_logo

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る