photo by Mumu

【海外生活アドバイス】私がアルゼンチンでの生活をはじめたきっかけ

まさか自分が地球の反対側のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに住んで、
しかもまさかTango を踊ったり歌ったりしているなんて…。

全く人生とは面白いものです。
毎朝、目覚めて高い天井まで伸びる窓越しに覗く明るい青空と夏の太陽を反射する白い建物を見る度に

「あぁ、なんて人生だろう。幸せだな…。」

と思う今日この頃です。

01-kikkake_logo

 

小さい頃から海外に住むのが夢だったので、こちらでの生活はもちろんのこと、
先日はとある仕事を頂いてお隣ウルグアイの首都モンテビデオに行くこともできたのですが、
「日本での安定した仕事、快適な生活にしがみついていたら、こんな日々は訪れなかっただろうな、
飛び込んでみて良かったな。海外での生活を夢見ていた10代の私が今の私を見たら狂喜するだろうな。」
とビーチ沿いを容赦なく照り付ける太陽の下を自転車でお散歩しながら思ったものです。

 

このページをご覧になっている方は少なからず海外に興味がおありなのだと思いますが、
何か「心配」があって一歩踏み出せずにいるのなら、
その心配をまずは手放してとにかく行動に移してみることをオススメします。

私は転職も決まっていて、
でも
「私の人生は本当にこれでいいのかな?」
「私が本当にしたかったことは何だったけ?」
というコトを真剣に考えた結果、一ヶ月「Tango を踊りにアルゼンチンに行く」という決心をしたのです。
元々ポルトガル語が専攻だったので、
ポルトガルかブラジルに仕事を探しに行くという選択肢もあったのですが、
「もし一ヶ月後に死ぬとしたら何がしたいかな?」
そう自分に問いかけた答えがこれだったのです。

その時もまだ、半年後ブエノスアイレスに移住しているなんて夢にも思っていませんでした。
ただ、大好きなTango を踊って本当に幸せな時間を過ごす中で、
北はイグアスの滝、南はペリトモレーノの氷河へと旅する中で、
「私は何をして生きていきたいのかな?」と問い続ける中で、
ある日Tango を踊っていた時に、あまりに“音楽”としてのTango の美しさに恋してしまい、
「半年後、ここにTango の歌を習いに帰ってくる!」と決めたのです。

 

当時、母は寝たきりだったのですが、

それまで散々私を海外に行かせてくれないという理由で大ゲンカしてきたのですが、
仕事の為でもなく、何の保証もなく「歌を学びにアルゼンチンに行こうと思う。」と日本人の常識からすると馬鹿げた話をした際、母は「人生は一度きりだから好きなことをしなさい。」と言ってくれました。

そして、出発の一か月前、全てを分かっているようにこの世を去りました。

 

一ヶ月分の滞在費だけを携えてやってきましたが、
それでもたくさんの友人や知人に助けてもらいながら、
なんとか綱渡りで今日(滞在9カ月目)を迎えています。

昨年の10月の日付だった帰国のチケットは
「もっともっとTango について学びたい。歌だけでなく、歴史や社会や人々や全てについて」
そう考えた時に、時間が足りなすぎると思って捨てました。
そして「帰りのチケットを買う余裕もないから、いつ帰れるか分からないけど、Tango があるから幸せよ。」
そう笑うと、アルゼンチン人は「いいね!君は完全にクレイジーだ!」と喜んでくれます。

05-kikkake_logo

 

「何とかなるし、何とかする」これが私がアルゼンチンで学んだことですが、
決して楽しいことばかりではないですし、
思えば泣き続けた日々でもあったなと思います。

街はヨーロッパの雰囲気を漂わせる建物がかわいそうなくらい、
落書きとゴミで溢れかえっています(地区で多少の差はありますが)し、夜になればゴキちゃんが通りを闊歩しています。
アルゼンチン人の思考回路は「本当に地球の反対側の人たちだ…」と思うしかないくらい理解できなかったりする時もあるのですが(特に恋愛観)、「理解しようと思うのが間違いだよ!僕等にも分からないよ!!」と笑われてしまいます。

 

photo by Mumu

photo by Mumu

 

イタリア、スペインの移民の子孫が多数派ですが、
ヨーロッパ中の国々、南米各国、アジア、と今日では世界中からの移民とその子孫で構成されているこの国。
同じアルゼンチン人の中でさえ文化風習も違えば思考も行動も違うのです。

その「違い」を受け入れて、どれだけ楽しんで心配せずに人生を送ることができるか。
そんなことを教えてくれるこの国での日々です。

 

「人生は一度きりだから、好きなことをしなさい。」

 

07-kikkake_logo

 

 

カバー写真:photo by Mumu

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る