コアラ_ウェディング

【海外の結婚式】オーストラリアの結婚式事情

オーストラリアの結婚式ってどんな感じ?ご祝儀や引き出物は?

コアラ_ウェディング

オーストラリアはとにかく広く、州によって法律や文化も異なりますが、
イギリス式の文化をアレンジした雰囲気は大都市に共通しています。

今回は、そんなオーストラリアの南に位置する、ヨーロッパ色を色濃く残すビクトリア州の結婚式事情をご紹介します。

 

オーストラリアの結婚式はカップルによって様々

結婚に至るまでの準備期間は最低1か月必要

結婚2_DVD_logo

オーストラリアではさまざま国籍の人が暮らしているので、
必要な書類や準備しなければいけないものは、人によって変わってきますし、
日本人とオーストラリア人の結婚の場合は、
まず日本の形式で籍を入れるのか、オーストラリアの形式で籍を入れるのかを選ぶところから始まります。

今回は、オーストラリアの形式で籍を入れる場合のスタンダードな準備についてご紹介しましょう。

1.結婚の意思が決まったら、Marriage Celebrantを手配

Marriage Celebrantとは、結婚執行者のことです。

オーストラリアでは牧師さん、神父さん、または結婚執行者(以下、マリッジ セレブラント)の
立ち合いがないと正式に結婚することができませんので、この手配はとても大切です。

挙式の1か月前までにマリッジ セレブラントとの面談をし、
結婚の意思を確認して、Notice of Intended Marriageという「結婚を希望します」という書類を提出します。
この際には結婚生活に関する冊子やDVDなどの資料を配布されます。

マリッジ セレブラントは、電話帳で探したり、知り合いの紹介で見つける人が多いようです。
シドニーなどには日本人のマリッジ セレブラントさんもいらっしゃるようですが、
ビクトリア州で日本語を話せるマリッジ セレブラントさんを見つけるのは難しいようです

2. 結婚式の様式を決める

オーストラリアでは、教会での結婚式、登記所での結婚式、人前での結婚式の3つの方法があります。

・教会での結婚式(Church Wedding)

こちらはその名の通り、教会で牧師さんや神父さん立ち合いによって行う結婚式で、
メルボルンの大きな教会を貸し切って行うカップルや地元の教会で行うカップルなど様々です。
信徒でなければいけない場合や誰でも利用できる場合など教会によって様々なので、
好きな教会を見つけたら、教会に問い合わせて日程や予算などを話し合います。

・登記所での結婚式(Registry Wedding)

日本のように婚姻届けを提出すれば受理されるわけではないので、
結婚式を簡単に済ませたいカップルも、結婚登記所に出向いて登録式を行う必要があります。
希望すれば、友達や家族に立ち会ってもらうことも可能なので、
国際結婚の場合、この方式でオーストラリアにて結婚したのちに、日本で披露宴を行うカップルも多いようです。

・人前での結婚式(Civil Wedding)

この方式は、場所や時間などを問わない自由なもので、
マリッジ セレブラントが立ち会えば、いつでもどこでも結婚式を行えます。

海沿いの公園やビーチで行うカップルもいれば、
自宅で行うカップル、レストランで行うカップル、小さな島で行うカップルなど、本当に様々です。

 

結婚式当日はどんな感じ?

オーストラリアの結婚式(人前式)

さて、招待客の手配や会場準備、お料理の手配などを済ませたら、結婚式の当日です。

今回はお友達などを招待して行う人前での結婚式(Civil Wedding)の様子をご紹介しましょう。

まずは、結婚登録の儀式からスタートします。
マリッジ セレブラントがあいさつし、結婚する2人が結婚の誓いを宣言します。
この言葉は2人で事前に選ぶことができるので、なかには「できるだけ家事を手伝うことを誓います」など
ユーモアを交えた誓いを行うカップルもいます。

そして、結婚証明書にサインをします。この際、結婚するカップルと見届け人2人のサインが必要なので、
両親やお友達にお願いしておきます。
この書類を、マリッジ セレブラントが役所に登録し、晴れて正式に結婚が認められます。

ここまでの儀式が終わったら、あとはパーティーです。
多くのパーティーではミュージシャンを頼んだり、ケータリングを用意したりして、みんなでわいわい楽しみます。
スピーチなどはない場合が多いですが、友達がダンスを披露したり、歌を歌ったりと、宴が繰り広げられます。

招待されたらご祝儀は包むの?

結婚4_ギフト_logo

基本的にオーストラリアでは、プレゼントとカードを持参する人が多く現金でのご祝儀はありません。
キッチン用具やフォトフレームなどを贈る場合が多く、その際にはレシートを一緒に包みます

こうすることで、もらった人は、お店に行って自分の好きなものと交換することができるので、無駄になってしまうことがありません。
また、引き出物もない場合が多く、みんなでパーティーを楽しんで解散というシンプルなものとなっています。

個性いろいろ!自分に合った結婚式

日本でもガーデンウェディングやレストランウェディングなどさまざまな形式が注目されていますが、
それでもいろいろと決まりが多くて、準備が大変な結婚式です。

オーストラリアでは、結婚するカップルが好きなように決めるのが一般的なので、予算も規模も本当に様々です。
ルールにとらわれない、思い出に残る結婚式をしたい人は、
オーストラリアでの結婚式を考えてみるのもいいかもしれませんね!

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る