ラスティーズマーケット

夏をしのぐフルーツあれこれ [オーストラリア]

 

パイナップル

パイナップル

南半球のオーストラリアは、季節が日本とは逆なので今は冬です。といっても、ここケアンズは、亜熱帯なので朝晩は少し冷えますが、10℃以下になることはめったになく、日中は30℃前後、そして、この時期は雨が少ない乾季にあたるので、とても過ごしやすい良い季節なのです。

そんな南国ケアンズでは、一年中、トロピカルフルーツが楽しめます。

ケアンズで旬のフルーツを食べたかったら、ラスティーズマーケットに行くのが一番です。季節の新鮮なフルーツを安く手に入れることができますよ。

ラスティーズマーケット

ラスティーズマーケット

 

ラスティーズマーケットってどんなところ?

1975年に、わずか6軒のお店から始まったラスティーズマーケットですが、今では180軒以上が軒を連ねる、産地直送の野菜や果物がメインの巨大マーケットです。

ケアンズ市内の中心部「グラフトンストリート」と「シェリダンストリート」の間にあり、アクセスも便利なので、地元の人達にだけでなく、観光地としても人気です。

山積みのフルーツの上には、テイスティングのお皿が置いてあるので、味見をして気に入ったフルーツを買うことができます。

また、野菜やフルーツだけでなく、洋服やアクセサリー、チョコレート、コーヒー、石鹸などのお店もあるので、お土産にぴったりなものを見つけることもできます。

フードコートにある小さなステージでは、毎週ミュージシャンが生演奏しているので、音楽を聴きながらランチをしたり、美味しいコーヒーを飲むのもよし。

歩きつかれた時は、マッサージ店もあり。と、かなり楽しめるマーケットなのです。

パン屋さんのストール

パン屋さんのストール

マーケットには、様々な珍しいトロピカルフルーツが売っているので、是非トライしてみてください。

置いてあるフルーツは、季節によって変わりますが、今の時期、目にすることができるフルーツをいくつかご紹介します。

 

カスタードアップル

カスタードアップル

・ カスタードアップル

外見は緑色でゴツゴツとしていますが、切ってみると中身は真っ白。味はとろけるような甘さのフルーツです。

皮が少しだけ黒っぽくなっているものを指で押してみて、柔らかかったら食べ頃です。

硬い場合は、常温で2~3日置くとやわらかくなります。早く熟させたい場合は、バナナと一緒に紙袋に入れておくと早く柔らかくなります。

食べる時は、シンプルにそのまま味わうのが一番です。半分に切って、大きな黒い種は取り出し、白い部分をすくって食べます。

 

ブラックサポテ

ブラックサポテ

・ ブラックサポテ

チョコレートプディングフルーツと呼ばれる、とても甘い果物ですが、低カロリーで高ビタミンと栄養価がとても優秀です。

そのままでも、ヨーグルトや牛乳に混ぜても、甘くて美味しく食べられます。

緑色の時に収穫するので、茶色くなるまで、3~6日ほど置いておきます。

これも手で押してみて、柔らかくなったら食べ頃です。

 

スターフルーツ

スターフルーツ

・ スターフルーツ

断面が星の形をしていることから、この名前がついたスターフルーツ。

ジューシーで、サクサクとして、ほのかな酸味があります。

緑や黄色のものは、渋みを感じるので、熟してオレンジ色になったものが美味しくいただけます。

基本的に皮ごと全部食べられます。

 

ロンガン

ロンガン

・ ロンガン/ランブータン

ライチとよく似た味のロンガンですが、実が小さいせいか、ライチよりも甘みが強いです。

茶色い皮を剥くと、白いプルプルの果実が出てきます。

同じような味のフルーツで、ランブータンもマーケットで見かけることがあります。

こちらは、サイズ的にライチよりも大きく、赤くてとトゲトゲした皮が特徴です。

 

 

・ フルーツの買い方

カットされていないほとんどのフルーツは、1kgあたりの値段で表示されています。

自分でフルーツを選んでビニール袋に入れ、お店の人に渡すと重さを測って料金を言ってくれます。

バナナ1本、リンゴ1個だけでも大丈夫。欲しい分だけ買うことができます。

マンゴー、パイナップル、パパイヤ、パッションフルーツなど、甘くてジューシーなトロピカルフルーツを是非味わってみてださい。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る