ラグーン

初めてのオーストラリア旅行で悩むこと

 

ラグーン

ラグーン

オーストラリア英語=オージーイングリッシュは、訛りがキツイということを聞いたことがあるのではないでしょうか。私も、オーストラリアに来て間もない頃は、英語力も無い上に、日本で主流のアメリカ英語とブリティッシュ系のオーストラリア英語の違い、そして、最大の難関であるオージー訛りとで全く英語が理解できず、かなり悩みました。でも、オージーイングリッシュには、いくつかの法則があり、それさえ知っていれば大丈夫!とまでは言えませんが、分かっていれば、助けになると思うのでオージーイングリッシュの特徴をご紹介していきたいと思います。

フラッグ

フラッグ

オージー訛りの一番の特徴は、”A” の発音が「アイ」になっていることです。オーストラリア人=オージーが、”Hello” のように使う挨拶に、”Good day” という言葉があります。これが、オージーイングリッシュでは、”A” のところが「アイ」になるので「グッデイ」ではなく「グッダイ」となります。この ”Good day” の後に、親しみを込めて、”mate” と言うことがよくあるのですが、ここもまた、発音が ”A” のところを「アイ」にしてしまうので「メイト」ではなく「マイト」ということで、訛りの強いオージーに会ったときは「グダイマイッ!」という、初めて聞いたときは、少々不可解に思えるような挨拶をされるのです。

シティープレイス

シティープレイス

もうひとつのオージーイングリッシュの特徴は、単語が短縮された言葉が多いということです。例えば、オージーのソウルフードとも言える、老若男女みんなが大好きな「バーベキュー」は、”Barbie” (バービー)、朝ごはんの「ブレックファースト」は、”Brekkie” (ブレッキー)、蚊を英語で言うと「モスキート」ですが、オージーイングリッシュでは、”Mozzie” (写真:)、「クリスマス」を ”Chrissy” (クリシー)など、単語の最後の部分を、”~y” または” ~ie” に変えた言葉が数多くあります。このくらいだったら何とか想像がつきそうな感じもしますが、究極の短縮形といえば、”Ta” です。読み方は、見たままの「ター」なのですが、この言葉の意味は、”Tank you” なのです。赤ちゃん言葉のような感じがしますが、大人でも使うかなり一般的な言葉です。

エスプラネード

エスプラネード

この他にも、オージーイングリッシュは数え切れないほどありますが、元々はオーストラリアだけの方言だったのが、今では世界的に知られているという言葉もあります。例えば、サーフブランドとして知られている ”Billabong” は、オージーイングリッシュで「水溜り」という意味です。オーストラリアの先住民、アボリジニの言葉で ”Billa” は「小川」という意味、そして ”Bong” は「死」を意味します。「水の流れの滞ったところ」ということで「水溜り」なのです。また、シープスキンのブーツで有名な「アグブーツ」の ”UGG” は「醜い」という意味の ”Ugly” のオージーイングリッシュ ”Ugh” (アグ)から付けられた名前です。元々は保温機能を重視した実用的なブーツだったのが、今ではお洒落なファッションになっているのですね。

これ以外にも、数え上げたらきりがないので、全て覚えるというのは不可能に近いです。でも、基本的に、オージーは陽気でフレンドリーな気質ですし、オーストラリアは多民族国家なので、英語が第一言語ではない人が多く暮らしているため、完璧でない英語に対して、とても寛容です。分からない言葉があれば、率直に聞き返して覚える。そして、覚えたら積極的に使ってみるというのがオージーイングリッシュに慣れるための近道なのではないでしょうか。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る