Bulk Bill

オーストラリアの医療事情

 

ケアンズホスピタル

ケアンズホスピタル

日本で病院に行くときは、症状に合わせて、内科や耳鼻科など、専門科を受診すると思います。でも、オーストラリアでは、眼科と歯科以外は、どんな症状であれ、まずは、GPと呼ばれる、ジェネラル・プラクティショナーで受診します。ここは、いわゆる一般開業医のようなところですが、どんな症状でも診てくれます。その後、ドクターの診断により、必要に応じて紹介状を書いてくれるので、患者はそれを持って、専門医や公立病院に行く、という流れになります。

最初は面倒だと思っていたシステムですが、掛かりつけのGPがあれば、過去の通院記録を全て把握しているわけだし、自己判断で見当違いの専門科を受診してしまうということもないので、今では、案外よいシステムなのではないかと思っています。

Emergency

Emergency

緊急の場合は例外で、公立病院の緊急外来に直接行くこともできます。しかし、夜中に緊急外来に行くと、生命に関わるほどの緊急性がない限りは、順番待ちとなり、しかも、なぜか常にかなり混みあっているため、何時間も待たされるという話をよく聞きます。多少余裕があるようならば、24時間やっているメディカルセンターに行くか、夜中でも往診してくれるダイアル・ドクターなどを呼ぶというのも選択肢になるかと思います。

日本と違うなと思ったのが、日本の救急車は、消防署に待機しているのに対して、オーストラリアの救急車は、常に病院に駐車してあるということ。消防署には、消防車しかいません。

ケアンズの公立病院、ケアンズホスピタルは、南国らしい公園と海に面した見晴らしのよい場所に建っています。道を挟んだ向かい側が、広い芝生の広場になっているのですが、ここが、救急ヘリコプターの発着場所になっています。

緊急ヘリポート

緊急ヘリポート

オーストラリアの医療費に関しては、日本の国民健康保険と同じような、メディケアというものがあります。GPによって、メディケアに直接医療費を請求し、患者は支払いが発生しないBulk Billというシステムを採用しているところと、一旦患者がGPに医療費を全額支払い、後でメディケアに保険負担分を請求するシステムの2通りがあります。メディケアには、オーストラリアの市民権、または永住権保持者のみ加入することができます。

Bulk Bill

Bulk Bill

また、メディケアではカバーされない、自己負担になる医療費の補填のために、民間医療保険に入る人も少なくありません。オーストラリアでは、歯科治療がメディケアの範囲外になるので、民間の保険に加入していないと、簡単な治療でも、かなりの高額になってしまいます。そのため、日本に帰った際は、必ず歯医者に行くという在豪日本人は多いようです。民間医療保険に入れば、歯科治療費が全額カバーされるわけではありませんが、保険のタイプによっては、歯の検診が無料で含まれていたりするので、定期的に検診を受けることで、虫歯になるのを防いだり、早期に発見でき、結果、医療費の負担を減らすことができるのです。また、カイロプラクティックや針治療、眼鏡・コンタクトレンズの購入、私立病院への入院なども、メディケアではカバーされません。

メディカルセンター

メディカルセンター

最近では、日本も院外処方が採用されていると聞きますが、オーストラリアでは、以前から、診察と薬の処方は別々に行われています。複数のGPが集まったメディカルセンターの隣には、だいたい薬局があり、そこへ医師の処方箋を持って行って、薬を処方してもらいます。その際に、同じような薬だけれど、安価なものにしたいかどうか、ということを聞かれることがあります。もちろん、それは本人次第なので、どちらを選んでもよいのです。薬に限らず、診察の時にも、本人の意思を確認されることがしばしばあり、少し戸惑います。オーストラリアの何事も自己責任、というお国柄故なのでしょうか。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る