物件の貼紙

オーストラリアの引越し事情

 

不動産屋

不動産屋

 

オーストラリアで賃貸物件を借りる時、日本の場合とは様々な違いがあります。賃貸物件を探すには、不動産屋に行ったり、新聞の不動産広告欄を見たり、インターネットで検索したりという方法がありますが、表記されている家賃の表示が、オーストラリアでは、基本的に週単位の金額になっています。また、入居時に、日本では敷金・礼金が必要ですが、オーストラリアでは、礼金のようなものはなく、ボンドと呼ばれる、敷金にあたる支払いが発生します。このボンドは、国の機関が管理しており、何も問題なければ、退去時に戻ってきますが、部屋の破損や、家賃の滞納があった場合、ここから差し引かれることになります。退去の時には、部屋をきれいに掃除をし、壊れているところがあれば修理して、入居したときと同じ状態にしておかなければなりません。不動産屋、またはオーナーのチェックで、不備があると判断された場合、やり直しを命じられることが、しばしばあります。それができないときに、ボンドが使われるのですが、最終的に、ボンドが全額返却されなかったという履歴が残ると、その後、別の物件を借りようとしたとき、それが人気物件であったりすると、競合に負けることがあるので、要注意です。カーペットの部屋がある場合は、カーペットクリーニングを業者に依頼して、その領収書を添付する必要があります。

物件の貼紙

物件の貼紙

希望の物件に、首尾よく入居できることになったら、鍵の引渡し日を決めて、引越しの手配をするのですが、入居の際には、様々な書類が渡されます。後でゆっくり目を通せばいいかと思いがちですが、すぐにでも、やらなければならないことがあります。コンディションレポートと言って、入居時の状態を書いておく書類です。受け取った時、すでに記入されているのですが、間違いがないか確認し、記入されていないことがあれば、追記しておかなければなりません。入居した時、どこか壊れているところなどがあれば記入して、必要ならば、修理の依頼をします。そうでなくても、入居時の状態を明記して、写真に収めておくとよいでしょう。そうしないと、後日、修理代を請求されるなどのトラブルになることがあります。また、コンディションレポートの提出期限は、鍵の引渡しから数日しかないので、何はさておき、部屋の状態をチェックするようにしましょう。これは、住み始めて何日も経ってしまうと、最初から壊れていたのか、そうでないのかの判断がつかなくなるためです。

賃貸物件

賃貸物件

賃貸物件には、Furnish(家具付き)と、Unfurnish(家具無し)があります。他にも、冷蔵庫・洗濯機などの、ホワイトグッズだけ付いているという物件や、一部の家具だけ付いている物件など、自分の条件に合わせて選ぶことができます。家具無しの場合でも、乾燥機と食器洗い機だけは付いている、というところが多いです。家具付きの物件の方が、家具無しよりも若干家賃が高いところが多いですが、家具付きの部屋を選べば、家具を一から揃える必要がなく便利です。都市部に行くほど、家具付き物件が多く、郊外には家具の無い部屋が多くなります。

販売物件

販売物件

自分で不動産契約をするのではなく、シェアハウスに入るという選択もあります。近頃は日本でも、シェアハウスが増えているようですが、オーストラリアでは、かなり昔から、シェアハウスが利用されてきました。成人したらすぐに家を出て、独立するのが当たり前、という習慣が影響しているようです。シェアハウスでも、ボンドの支払いが必要ですが、シェアの場合は、その部屋のオーナーとの個人契約なので、ボンドも家賃も、オーナーが独断で決めることができます。賃貸契約の場合、ボンドは国の機関に預けられてるのに対し、シェアハウスは、オーナー個人との契約なので、退去時にトラブルが発生することが多々あるようです。入居の際には、口約束ではなく、契約内容を書面にしておくことが大切です。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る