シティープレイス

オーストラリアの交通機関

 

シティープレイス

シティープレイス

 

海外に行って、現地の交通機関を利用する時に、日本とは違うルールに戸惑うことがあるかと思います。ここケアンズで、車以外の主な交通手段といえば、バスかタクシーになります。オーストラリアで、これらの乗り物を利用する時の、日本との違い、気をつけるべきことなどを、ご案内します。

 

バスに乗る

ケアンズの市内は、とても小さいので、どこへ行くにも、歩いて事足りてしまいます。でも、徒歩でシティーを制覇してしまったら、バスを利用して、ノーザンビーチや、ちょっと遠くのショッピングセンターなどへ、足を伸ばしてみるといいと思います。ケアンズの路線バス、SUN BUS(サンバス)は、水色の車体が目印です。

バスインフォメーション

バスインフォメーション

オーストラリアでバスに乗るときの、最初の注意点は、乗りたいバスが来たら、手を上げること。そのままバス停の前に立っているだけでは、素通りされてしまいます。ドライバーに分かるように、止まって下さいと意思表示をしなくてはなりません。料金は先払いです。ドライバーに、行き先とチケットの種類を伝えると、料金を言ってくれるので、その場で支払います。チケットの種類は、片道だけの「シングル」、区間内であれば1日中乗り降り自由の「デイリー」、1週間使える「ウィークリー」があります。大きなお金だと、お釣りがない場合があるので、小銭を用意するようにしましょう。そして、降りるときが少し難関なのですが、車内アナウンスがありません。降りるタイミングが分からない場合は、ドライバーに行き先を告げた時に、到着したら教えてくれるようにお願いしておくと、ぶっきらぼうな運転手さんでも、案外ちゃんと知らせてくれます。行き先を決めたら、インターネットなどで、予め時刻表をチェックしておくとよいでしょう。週末を挟む場合は、平日より運行しているバスの本数が少ないので、注意が必要です。また、時間になってもバスが来ないとか、ちょっと早いのに行ってしまったということが、しばしばあるので、バスを利用するときは、時間に余裕を見て、計画を立てるようにしましょう。その代わりと言ってはなんですが、バス停でなくても、手を上げたら止まってくれることもあります。良くも悪くも、南国の大らかさを感じるケアンズです。

<サンバスのウェブサイト> http://www.sunbus.com.au/sit_cairns.htm

 

タクシー乗り場

タクシー乗り場

タクシーに乗る

オーストラリアでタクシーに乗るときは、基本的にタクシー乗り場から乗ります。乗り場がなければ、電話で呼びますが、数ドルの配車料金が加算されます。人数や、荷物が多い場合は、ワゴンタクシーを指定できるので便利です。ドアの開閉は手動なので、自分で空けて乗りますが、ちょっと驚きなことに、一人でタクシーに乗るとき、助手席に座る人が多いのです。そして、ドライバーと世間話をしながら、目的地まで向います。もちろん、後部座席に座ってもOKです。荷物の積み下ろしは、ドライバーが手伝ってくれますが、チップの必要は特にありません。料金の支払いは、現金でカードでも大丈夫。領収書が必要な場合は、その旨伝えれば発行してくれます。料金体系もしっかりしていて、ぼったくられるようなこともないので、タクシーは安全な交通手段と言えます。初乗りの料金は、$2.90で、1kmごとに$2.26が加算されます。ただし、夜7時以降の夜間や、土日祭日には、初乗り料金が高く設定されます。もうひとつ、タクシーに乗るときに注意することは、必ずシートベルトを締めること。後部座席でも同様です。ちなみに、オーストラリアのタクシーはトヨタのプリウスやカムリなどのハイブリッド車が主流になっています。タクシーをハイブリッド車に変えてから、ガソリン代が、今までの半分になったとのこと。日本の技術が、オーストラリアでも活躍しているのは、嬉しいことですね。

<ケアンズタクシーのウェブサイト> http://www.cairnstaxis.com.au/

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る