IMG_1407

【海外生活アドバイス】海外に住んで思うあると便利なもの【中国】

 

IMG_1404みなさんも、海外旅行のときに少なからず感じられるのではないでしょうか。海外には、日本で当たり前のものがない。それはそうです。国も違えば、文化も違うし、習慣も違うわけですから。しかし、今はグローバルな社会です。需要があれば、供給しようとしてくれる人がいるのです。ここ中国・深センにも、日本人や日本のものに興味を持っている人たちがたくさんいます。ですから、欲しいものはたいてい手に入ります。お隣りの香港に行けば、品揃えもお値段も全然違います。そんな海外にしては便利なところに住んではいますが、日本に帰るとついつい買ってしまうものを紹介したいと思います。

 

<からだにとって欠かせないもの>

IMG_1407人間の体は、成人男性で60パーセント、成人女性ですと55パーセント、新生児だと80パーセントもが水分でできているとも言われます。そんなわたしたちにとってどんな水を飲むかはとても大切なことなのです。日本の水はたいてい軟水です。しかし、海外では衛生上の理由などから、ペットボトル入りのミネラルウォーターを飲まなければなりません。多くの日本人は、軟水を飲んでいる方は調子がいいはずです。軟水で育ったわけですから。 しかし、ミネラルウォーターにはミネラルがたくさん。それだけではありません。中国のミネラルウォーターの衛生基準は高くなく、かつ曖昧な部分もあると言われています。わたし個人の意見ですが、中国で手頃な値段のミネラルウォーターは少しにおいがします。わたしは飲めません。旅行時のように、一時的なものと思ってヨーロッパや日本のミネラルウォーターを、値段に関係なく飲めればいいのですが、毎日のことですから輸入品の水を飲み続けるのは経済的に大変です。そこで、できるだけキレイな、そしてミネラルを少なめにした水を飲むために役立つのが、浄水器です。わたしは浄水した水を沸かし、その後冷蔵庫に入れて飲んでいます。ちなみに、こちらで購入できるフィルターと日本で購入して来たフィルターとでは味が違う気がします。

IMG_1403深センは、中国でもかなり南の方に位置する都市です。夏が長く、かつ暑いです。こまめな水分補給が欠かせません。ですが手頃なペットボトルのミネラルウォーターを飲みたくありません。そんな時、水筒があれば問題解決です。家で浄水した水を水筒に入れて、持ち運ぶのです。

 

<雨対策>

IMG_1329南の方の特徴、それは雨季やスコールがあることです。深センも例外ではありません。そのため、雨具が重要です。もちろん中国でも入手可能ですが、品質は劣ります。その点、日本の傘は軽いし、壊れにくいし、値段もそこそこのものがあります。スコールがある地方ですから、1本折りたたみの傘があると便利です。女性や日焼けを気になさる人なら、日傘兼用のものも便利です。雨がやむと太陽が照りつけます。お気をつけください。また、雨の日に履ける靴も大切です。深センは、中国の大都市との一つとはいえ道路状況が日本と比べることができるレベルではありません。ちょっと強く雨が降ると、足首ぐらいまでの水が道路にあふれます。それぞれの好みだと思いますが、レインブーツを持ってくるのもいいでしょう。しかし、スコールの時期は、一日中雨が降っているわけではありませんから、それを考慮に入れた靴選びも大切です。雨の時だけサンダルを履けるように準備しておくのも一つの方法です。でも、ビーチサンダルのときは気をつけてください。水の中で見えなくなっている石やブロックに足をぶつけて怪我をする可能性もあります。怪我をした足で、水の中を歩き続けるのは衛生的に避けたいですね。また、現地で売っている安いサンダルにも気をつけましょう。滑ります。

IMG_1390もう一つ用意しておきたいのが、リュックです。大きなものも収納可能ですし、割と重さを感じません。両手が自由になるのもメリットです。雨の日、身動きがとりやすいのはとても便利です。

その他にも、小さいヘッドの歯ブラシが良かったり、必要な時に安心できる薬を服用したかったり、慣れ親しんだ味のポン酢が冷蔵庫に入っていないと落ち着かないなんて人は、日本で購入してくることをお勧めいたします。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る