ゴミのポイ捨てにも罰金が

【治安・マナー】知っておきたい!中国のマナー【中国】

PND_001_logo

日本人は、マナーや礼儀という面で、世界のお手本になれる習慣を持っています。

そういったわたしたちですから、中国を旅行する際にマナーや礼儀という観点で気をつけなければならないことが、たくさんあるというわけではありません。しかし、中国には中国のマナーや法律が存在します。
わたしたち日本人が、気をつけて尊重してあげなければならないマナーがあるのです。

 

レストランは禁煙

レストランは禁煙

レストランでのマナー

日本人が気をつけなければならないマナーの一つは、レストランでのマナーです。
食事の際に気を使わなければならないことが、たくさんあるということではありません。しかし、タバコを吸われる方は注意が必要でしょう。特に一昔前のどこでもタバコが吸えた中国をご存知の方は、注意が必要です。都市にもよりますが、条例などでレストラン内の喫煙を禁じているところが増えています。ですが、そんな条例が施行されているにもかかわらず、レストランで喫煙をしている人たちがいるのも事実です。だからと言って、わたしたちも同じように喫煙していいというわけではありません。

また、レストラン側も禁煙区域に指定されていることを知っていながら、灰皿を設置している場合があります。もし、どうしてもタバコを吸いたい人は、店員さんに確認された方がいいでしょう。タイミング悪く摘発されてしまい、罰金を払わなければならなくなるかもしれません。

 

ゴミのポイ捨てにも罰金が

ゴミのポイ捨てにも罰金が

ゴミのポイ捨て禁止

また、ゴミのポイ捨てにも気をつけましょう。日本人からすると、中国の路上はゴミだらけです。
一日何度も、清掃員の人たちがホウキで掃いて掃除をしてくれているのですが、掃除をしている後ろからゴミが捨てられています。そういった状況だから、わたしたちもゴミを路上に捨てていいということではありません。
都市部の路上には、各所にゴミ箱が設置されています。ご自分が出されたゴミはご自分でゴミ箱に捨てるようにしましょう。都市によりますが、ゴミのポイ捨てに関する条例が施行されているところもあります。
もし、ポイ捨てが見つかると、罰金を課される可能性もあります。小さなことだと思う人もいるかもしれませんが、旅行を楽しむために、こういった法律やマナーにも気をつけてください。

 

客を待つ個人タクシー

客を待つ個人タクシー

無許可営業が多い個人タクシー

旅行を楽しむために、どうしても必要なのが交通手段です。言葉があまり通じなかったり、よく分からない場所に行くとき、バスや地下鉄などはあまり便利ではないと感じることがあります。そういったときに、タクシーを使うことがあるでしょう。中国にも、個人で車やバイクを用いてタクシー業を営んでいる人たちがいます。空港や、国境、観光地には必ず個人のタクシーがいます。そういったタクシーの多くは、営業許可証を持っていません。つまり、彼らがわたしたちを乗せることは、法律違反です。時々、彼らが摘発されているところを見ることがあります。摘発する側は、相当手荒な仕方で彼らを扱います。運転手が摘発された際に、乗客も一緒に摘発されたという話を耳にしたことはありませんが、巻き込まれないに越したことはありません。摘発されないとはいえ、法律違反のお手伝いをしないようにするに越したことはありません。

 

清真”という表記と白い帽子の店員がイスラム系レストランの目印

清真”という表記と白い帽子の店員がイスラム系レストランの目印

宗教信条にも思いやりを

中国は大きく、多民族で構成されている国です。ですから、いろいろな考え方、さまざまな信仰を持っている人たちがいます。いろいろなところに、イスラム教を信じる人たちが営むレストランもあります。
彼らのレストランでは、イスラム教の信条を尊重する必要があります。そういったレストランは、タバコだけでなくお酒もダメです。ビールは、注文しても出てきません。だからと言って、持ち込むことがないように気をつけましょう。ちなみに、彼らにとって豚肉は食べてはいけないものです。ですから、豚肉も持ち込まないように気をつけましょう。

日本人には、分からない、知らないマナーも幾つかあります。少し思いに留めておくと、楽しい旅行を楽しむことができるでしょう。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る