プラハ城

プラハの絶景ポイント・プラハ城 -川辺から丘の上から- [チェコ/プラハ]

中世の街並が残ることで有名なチェコの首都・プラハ。世界遺産にもなっているその景色は世界遺産にも登録されています。

街のどこを見ても美しく、おとぎ話かファンタジー小説の世界にでも迷いこんでしまったかのような錯覚に陥ります。

その中でも、プラハ城は街のシンボルとも言える存在であり、世界最古・世界最大の城であるとギネスブックにも認定されています。

プラハに来たら絶対に撮影したいプラハ城。今回は誰でもプラハ城が素敵に撮影できる絶景ポイントを紹介します。

s-DSC01924_1

 

まずはカレル橋とともにプラハ城を撮影してみましょう。この写真はカレル橋の東岸にあるスメタナ・ミュージアム前のカフェから撮影しました。スメタナといえば交響詩「わが祖国」の2曲目「ヴルタヴァ(モルダウ)」が有名ですね。手前を流れているのがそのヴルタヴァ川です。

 

スメタナ・ミュージアム (Muzeum Bed?icha Smetany)

住所:Novotneho lavka 1 110 00 praha1

HP:www.nm.cz/english/

s-DSC01928_1

こちらの写真はカレル橋の中程から撮影したものです。1枚目の写真に写っていた橋ですね。カレル橋ではミュージシャンの演奏や大道芸が楽しめたり、似顔絵描きやお土産物を売る人たちがいたりと、とても賑やかです。ただし、人の多いところはスリに対する警戒が必要です。素敵な写真を撮るのに夢中になっている隙に…なんてことにならないように注意してくださいね。

 

橋を渡って少し歩くと、マロストランスケー・ナームニェスティー (Malostranske nam?sti)というトラムの駅がありますので、そこでトラムに乗ってウーイェスト(Ujezd)まで移動します。(12番、20番、22番のトラムが走っていますが、どの線に乗っても行けます。方向には気をつけてください)

 

トラムの駅を降り、道を挟んだ目の前の階段を登ると、ペトシーン公園があります。ここはペトシーンの丘と呼ばれる丘陵地帯が丸ごと公園になった場所です。時間と体力があればのんびり歩いて登っても気持ちがいいですが、丘の上まではケーブルカーも出ているので、そちらを利用しても良いでしょう。

ケーブルカーには停留所が3つあります。1つ目は公園入り口にあるウーイェスト(Ujezd)駅。2つ目はネボジーゼク(Nebozizek)駅です。この駅にはとても眺めのいいレストランがあります。その名もズバリ、「レストラン・ネボジーゼク」です。ケーブルカーの駅を降りてすぐの場所なので迷うこともありません。

 

レストラン・ネボジーゼク(Restaurant Nebozizek )

住所:Pet?inske sady 411/14, 118 00 Praha-Mala Strana

HP:http://www.nebozizek.cz/en/

そのレストランからの眺めがこちら。

s-DSC01930_1

別の日に撮影した夜景の写真もあります。

プラハ城

どちらも必見の美しさです。

さて、ケーブルカーの最後の駅ですが、頂上のペトシーン(Pet?in)駅となります。ネボジーゼク駅からは歩いてもさほど遠くない距離です。この駅の近くにエッフェル塔のような展望台があります。こちらは入場料が100CZKです。ここに登っても、もちろん絶景が楽しめるのですが、実はこの展望台の裏にプラハ城に続く小道がありまして、そこを道なりに進むと絶景ポイントがあるんですよ。

s-DSC01932_1

こちらがその絶景ポイントから撮影した写真です。広く視界が開けていて、私のイチオシのスポットです。オレンジ色の屋根が鮮やかですね。

写真には写っていませんが、手前は芝生の丘になっていて、ベンチも設置されています。ペットボトルの飲料でも持って行って、ゆっくり飲みながら休憩したい場所です。

 

今回はプラハ城をテーマにヴルタヴァ川側からとペとシーンの丘側から絶景ポイントをご紹介しました。ですが、プラハには他にも沢山の絶景ポイントが点在しています。是非一度お越しになってあなただけの景色を切り取ってみてください。1000年前から変わらぬ姿の中世の街並が皆さんをお待ちしています。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る