ミュシャの切手

お土産にもなる!チェコの可愛い切手たち

お土産にもなる!チェコの可愛い切手たち

海外でみとれるほどかわいいものというと、雑貨や民芸品を思い浮かべるかと思いますが、切手もなかなか注目度の高いアイテムです。切手は小さな美術館などとも言われているくらい、芸術性の高いものが多いのです。中でも旧共産圏の国々の切手は特に可愛らしく、切手を蒐集している人たちからも人気があります。チェコの切手も例に漏れず大変可愛らしいです。小さな写真立てに入れて飾っても可愛いですし、絵葉書に気に入った切手を貼ってご友人や家族に送っても喜ばれることでしょう。今回は、チェコの切手について紹介したいと思います。

言わずもがなですが、切手は郵便局で購入できます。特に、中央郵便局は立地もよく、記念切手等の専用窓口もありとても便利です。中央郵便局を入って右手側に記念切手専用窓口があります。係の人はチェコ語しか話せないかもしれませんが、欲しい切手を指さしで購入することが可能です。

中央郵便局は内装も大変美しいので必見です。ただし、内部は撮影禁止ですのでご注意ください。

中央郵便局の記念切手売り場はいつも多くの人が並んでいます。後ろの人が気になってゆっくり選べないかも、と心配な方には、とっておきの穴場がありますのでご安心ください。

ヴルタヴァ川の近くにある郵政博物館では、ミュージアムショップで切手を買うことができます。入館料は50CZK(250円)ですが、大漁のFDC(ファーストデイカバー)と呼ばれる切手・専用封筒・記念スタンプの展示や昔の制服・切手を印刷する道具などを見ることができます。博物館の場所は少し入り組んだ場所にあるので、しっかり地図を確認してから行ってみてください。博物館自体は小さいですが、じっくり見て回ると2時間くらいはあっという間に経ってしまうでしょう。私もこちらで何点か切手を購入しました。

DSC00812_1

観光客に一番人気の切手は、なんといってもアルフォンス・ミュシャのイラストが描かれたのものでしょう。繊細な絵柄で見ているだけでうっとりしてしまいます。昔はミュシャがデザインした切手も発行されていました。ミュシャがチェコという国のためにほとんど無償で描いてくれたものだとか。

他にもペンギンの切手やイースターの記念切手、双頭の鷲の描かれたものなど思わず目移りしてしまうような切手がいくつもありました。

この他にも、チェコの国民的アニメ・クルテクのデザインのものや、ビールと肉料理といったいかにもチェコらしいものも。

ミュシャの切手 ミュシャの切手 ミュシャの切手 チェコの切手 チェコの切手 チェコの切手

ちなみに、切手にはAまたはZという文字が書かれています。これは、Aが国内向け、Eがヨーロッパ向け、Zがヨーロッパ以外の海外向けの切手であることを示しています。チェコは物価の上昇が激しく、毎年切手の値段が変わっています。そのため、値段を書いてしまうと次の年には使えなくなってしまうので、記号で表すようにしているのだそうです。

切手は薄くて軽いので、日本へ持って帰るのも簡単です。素敵な切手をチェコの思い出として購入してみてはいかがでしょうか。

中央郵便局

住所:Jindrisska 909/14, 110 00 Praha 1

アクセス:地下鉄A線・B線ムステーク(M?stku )駅から徒歩10分

営業時間:年中無休・深夜2:00~深夜0:00まで営業(0:00~2:00は閉まっています)

※記念切手専用窓口は9:00~12:00、13:00~16:00まで営業

郵政博物館

HPhttp://www.postovnimuzeum.cz/en/default.htm (英語)

住所:Nove mlyny 2 110 00 Prague 1

アクセス:トラム(5番・8番・24番・26番・52番・55番・58番)・ドロウハートジーダ(Dlouha t?ida)駅から徒歩2分

入館料:大人 50CZK(250円) 子供・シニア10CZK(50円) 6歳以下無料

開館時間:火曜日~日曜日 9:00~12:00 13:00~17:00 (※11:30または16:30までに入館してください)

ミュージアムショップは水曜日~日曜日のみです。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る