DSC02352_1

海外旅行の持ち物

あると便利な海外旅行の持ち物5選

ヨーロッパに住むようになって7年ほどになりますが、その間に色んな国を旅行しました。これまでに17カ国を訪れています。今回は、旅行の際に「これを持って行くと便利だな」と感じたものをご紹介したいと思います。

DSC02354_1

1 ビーチサンダル
日本のホテルと違い、スリッパが設置されていない場合が多いので、ビーチサンダルを持って行くと役に立ちます。こちらの宿泊客は土足のまま室内を歩きまわることも多く、カーペットがざらついていることもあるので、素足では歩きたくないところ。かといって、いつまでも靴をはいているのもなんだか窮屈です。
なぜスリッパではなくビーチサンダルをおすすめするかというと、特にシャワーのあとに大活躍するからです。湿った素足で履くならやはりビーチサンダルのほうが良いですよね。また、ホテルの近くのスーパーなどにもそのままふらりと立ち寄ることができるのも利点です。
サンダルは100円ショップなどで買ってきて、帰路には捨てていくと荷物も減って楽です。

DSC02355_1

2 エコバッグ
ヨーロッパではスーパーで買い物をしてもビニール袋がもらえることはあまりありません。買うこともできますが、脆い袋にお金を出すのも少し勿体無いですね。
そこで、エコバッグを一つ持って行くとスマートに買い物ができます。
旅先で少し荷物が増えた時にも役に立ちますし、ちょっとだけその辺を散策するときにも使えます。
海外のスーパーやショップでオリジナルのエコバッグを記念として買いたいと言う場合は、わざわざ日本から持っていく必要はありませんね。私もコペンハーゲンに行った時にイヤマちゃんのバッグが欲しくて買ってしまいました。以降、ずっと愛用しています。

DSC02356_1

3 プラスチックのカトラリーセット
子供のお弁当用の箸・フォーク・スプーンのセットがあると、お惣菜屋お菓子を買ってホテルで食べる時に重宝します。フォークやスプーンなら、スーパーで使い捨てのものが売られていますが、20本ほど入っていて使いきれません。お箸は売っていない事が多いです。
こちらも100円ショップのもので十分かと思います。

DSC02353_1
4 栓抜き
栓抜きくらい、どこのホテルにもあるだろうと思っていたのですが、意外と無いところも多く、あっても貸してくれないという場合も。
現地調達でもいいかと思ったのですが、思いの外高かったり、おみやげ品として変な装飾がしてあったりで手が出ず、その時持っていたキーホルダーと階段の段差を利用してテコの原理で無理やり開けました。(瓶が割れて半分ほど無駄にしてしまいましたが。)
それ以来、栓抜きを1本持っていくようにしています。ただし、手荷物では危険物として扱われてしまうので、必ず預け荷物に入れています。

DSC02352_1

5 サランラップ
意外かもしれませんが、サランラップはあると便利です。食べ残してしまったパンやお菓子を包んでおいたり、紙を包んで簡易のお皿にしたり、汚したくないお土産物を包んだりと使い道がたくさんあります。
海外にもラップはありますが、日本のものほど質はよくありません。切れなかったりくっつかなかったり破れやすかったりするものがほとんどです。
小さいサイズのラップで十分なので、ちょっと入れておくと良いかもしれません。

 

特に、長期滞在の予定の方や、留学や海外赴任の方は日本からたくさんラップを持ってきておいたほうがいいと思います。私も、一時帰国の際には毎回ラップを買ってきます。
この他にも、長期間海外に滞在する予定の方は、耳かき(海外ではみかけません)や爪切り、女性の場合は生理用品(海外にもありますが日本製のものと比べると質が段違いです)などももってくると良いかと思います。

できるだけ低予算で、いろんな場所を巡るスタイルの旅行を良くしているので、同じように旅をされたい方には参考になるかと思います。もちろん現地購入でも済むのですが、せっかくの限られた旅行の時間がお店での探しもので潰れてしまうのは勿体無いです。備えあれば憂いなし。でも、持ち物は最低限で。みなさんの旅が楽しい物になるように祈っています。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る