編集_s-DSC02670

【祝日・記念日・年中行事】2月のチェコのイベント・マソプスト(カーニバル)【チェコ】

 

編集_s-DSC026702月の上旬になると、チェコではマソプスト(masopust)というお祭が開かれます。マソプストはチェコ語で「肉よ、さらば!」という意味の言葉です。日本語では謝肉祭、いわゆるカーニバルのことを指します。カーニバルというとリオのカーニバルのようなセクシーな衣装のパレードを想像しがちですが、チェコのカーニバルは趣が違います。

 

チェコのカーニバルはどんなお祭り?

イースター(キリストの復活祭)の四旬節(46日)前から、キリスト教では肉や卵を食べないある種の断食状態に入ります。暫くお肉が食べられなくなるその直前に、盛大に飲み食いをして騒ごうというのがマソプスト(カーニバル)なのです。
マソプストでは仮装した人たちが街を練り歩きます。仮装することで誰が誰か分からなくなり、いわゆる「無礼講」状態になるんですね。華やかな仮装は見ているだけでワクワクしてきます。

海外旅行 チェコ 海外旅行 チェコ

海外旅行 チェコ 海外旅行 チェコ

パレードには音楽がつきものです。列の中には民族衣装を身にまとった人たちが歌を歌ったり楽器を演奏したりしていました。とても賑やかです。

海外旅行 チェコ 海外旅行 チェコ 海外旅行 チェコ

特設ステージも設置されていて、衣装コンテストなどのイベントも開催されていました。
編集_butaiマソプストにちなんでミュージカルや音楽イベントも開催されており、寒くて暗い冬のイメージが吹き飛ぶくらいに陽気で明るい気分になれることでしょう。

 

非日常の世界・仮面舞踏会

夜には仮面舞踏会も開かれ、思い切り非日常の世界が楽しめます。まるでお伽話に出てくる貴族の気分が味わえるでしょう。
衣装はレンタルすることができます。一生の記憶に残る素晴らしい記念になることと思います。
詳しくはこちらのサイト(英語)をご参照ください。
http://www.wussin.cz/wussin/Crystal_Ball_en.html

 

ザビヤチカ(zabijačka)とその料理

ザビヤチカ(zabijačka)は豚の屠殺行事のことを指しています。本来は11月頃に肉の保存を目的として行われる行事なのですが、マソプストの時期にもザビヤチカを行うことがあります。プラハではマソプストの行事の一環としてザビヤチカが行われました。日本でいうところのマグロの解体ショーのような感じでしょうか。
また、マソプストのお祭りではザビヤチカで作ったハムやソーセージ(解体した豚を余すことなく使い切るので、内臓系の料理や血でできたソーセージなどもあります)といった肉料理の屋台が出ています。もちろんチェコビールも一緒に販売されています。ビールを片手に肉料理をつまみながらパレードを見物するのも一興です。
編集_s-DSC02011また、マソプストの時期にはカフェルーブルなどの有名レストラン等でマソプストの特別なコース料理を注文することもできます。ザビヤチカで作られた特製肉料理に舌鼓をうつのもいいですね。コース料理はお店にもよりますが600~1200CZK(約3000円~6000円)で予約できます。

 

ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されている仮装行列

先に紹介したマソプストはプラハで開催されたものですが、チェコでは他にも至るところでマソプストのお祭りが開かれています。
中でも、プラハから車で約2時間、ブルノからは車で1時間半の場所にあるフリネツコ地方(ハムリ(Hamry)・ストゥドニツェ(Studnice)・ヴォルトヴァー(Vortva )等)の村で行われているのはユネスコの世界無形文化遺産にも登録されている大変見事な仮装行列です。なんと200年前から変わらぬ形で保存され受け継がれてきた仮装行列なのです。
この仮装行列は、ただ街を練り歩くだけではなく、各家を訪問して回ります。行列がやってきた家は幸せと健康が一緒に訪れるといわれています。
この地方では、プラムの蒸留酒であるスリヴォヴッツというお酒を飲みながら肉料理を食べるのが正統派の楽しみ方なんだとか。
少し足を伸ばして伝統ある仮装行列を楽しんでみるのも面白そうですね。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る