DH000037_1

フランス エイプリルフ-ル

4月1日は、エイプリルフ-ル。さて、皆さんはどんな嘘をつき、どんな嘘に驚かされたでしょうか?

このエイプリルフ-ルの起源、いつ何処で始まったかは不明ですが、そのうちの有力説のひとつはフランス。

DH000037_1
昔、ヨーロッパでは3月25日を新年として、4月1日まで春の祭りを開催していました。1564年にフランスのシャルル9世が、1月1日にを新年とすることに決定。しかし、この決定に反発した人たちが、4月1日を嘘の新年として、盛大に祝ったそうです。
シャルル9世がこの騒ぎに憤慨して、この日を祝った人たちを逮捕して端から処刑してしまったそうです。この事件に大変ショックを受けた人たちが、フランス王への抗議として、その後もこの事件を忘れないように4月1日を嘘の新年として祝うようになったことが、エイプリ-ルフ-ルディーの始まりではないかと言われています。

フランス語でエイプリルフ-ルは、「poisson d’Avril(ポワソン ダブリル)]

と呼ばれます。ポワソンは魚、ダブリル(ここで発音は濁りますが、本来4月はアブリル)は4月の意味を指します。

子供たちは4月1日魚の絵を描き、相手に気づかれない様にそっと背中にその絵を張ります。張られた子は、みんなの笑いものにされるそうで、4月1日娘は一日中、張られないように背中に手を回してガ-ドしながら授業を受けていたとか・・・。他の子を笑いものにするのはいけないことだけど、この日は皆が同じ立場。

もちろん校長先生だって嘘をつきます。トイレに、使用禁止と書いて張ってあったので、皆信じてしまいトイレ難民になった子が多かったとか・・・。おもらしした子がいないと良いのですが。ちょっと校長先生も、大人気ないような気がするのは私だけ・・・?

私は、4月1日に他の町に取材に出掛けました。今まで日本のガイドブックには紹介されていない小さくて素敵な町を皆さんに紹介したいと思い出掛け、そこでとても素敵なセレクトショップを発見。早速取材を申し込んだら、定員さんが店長さんに電話してくれました。

P1011698_1

しかし、「何そんな嘘ついているの?」とまったく信じなかった店長。他の定員に変わってもまだ信じず、店に来るとのこと。即駆けつけた店長に事情を直に話しても、「日本からわざわざ嘘をつきにきたの?」と中々信じてはくれませんでした。

P1011693_1

この街に一角獣が住んでいるので、店長さんも疑いの目を持ったのかもしれません・・・。

それでは、なぜ「4月の魚」なんて不思議な言い回しになったのでしょうか?
上で述べた有力説が本当なら、魚は関係ないと思うのですが・・・。

この4月の魚が指しているのは、サバのことだそうです。あまり利口でないサバは、4月になると簡単に釣れることができるからだそうです。またサバにはひもなどの俗語もあります。どちらにしてもあまり良い意味ではありませんが、フランス人の比喩的表現はかなり想像の域を超えるものが多いです。

例えば、二日酔い。フランス語の比喩的表現では、かなり汚くて申し訳ないのですが、直訳すると「頭がお尻の中にある」と言われます。それを聞いたときに、「できるものならやって見せて。」と即答した私。フランスに住み始めて5年になりますが、どうもフランス人思考を一生涯掛かっても理解できるのでしょうか・・・?

4月1日、テレビなどでも嘘の報道が流されることもあります。誰にでも嘘だと分かるものや、本当だと信じてしまう人もいるから大変。

真実は時に残酷な時もあります。人を悲しませないための嘘など時として必要になる時もあるかもしれませんが、やはり嘘をつかなくてもよい生活を送りたいですよね。
エイプリルフ-ル、きっと1年に1日だけ嘘をついてよい日は、逆に嘘をつかないような人生を送りなさいと示唆しているのではないでしょうか?

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る