写真1_logo

【海外生活アドバイス】海外であると便利なもの【フィンランド】

写真1_logo

長期生活での便利グッズとは

フィンランド オウル市に移住してきて、早いもので約5年となります。
留学生から社会人へと自分が置かれている状況は変わってきていますが、フィンランドで長期に渡って生活する中で、これがあると便利、これは日本で調達してきて良かったと思うものを、いくつか紹介していきたいと思います。
(主観的な部分もあるかと思いますが、ご了承ください。)

ちなみに、フィンランドの首都ヘルシンキには、日本食材や日本のグッズを専門に取り扱うショップがありますが、
フィンランドでは日本専門のショップはこの一店舗のみ。
そのため、フィンランドでは、まだまだ手に入り難い日本グッズが沢山あるのが現状です。

洗濯ネット

写真2_logo

フィンランドの洗濯機は日本と比べたら、洗濯機の洗い方はどちらかと言えばやんちゃな方。
日本の洗濯機は、優しく丁寧に洗ってくれているなぁ~と一時帰国の度に思います。
かと言って、フィンランドでは洗濯ネットは私はみかけたことがない。好きな衣類を長く着用するためにも、洗濯ネットはあると便利。
日本の100円均一で調達したものを使っています。

炊飯器(日本製、ヨーロッパ仕様)

写真3_logo

短期旅行程度なら、お米を食べなくとも過ごせる方も多いと思いますが、生活するとなると、お米が主食の日本人にはお米を欲しるようになります。
お鍋で炊くこともできますが、便利なタイマー機能や、失敗なく炊くには炊飯器があった方が断然便利。
特に、美味しいお米の炊き方を知っている、日本製の炊飯器がおすすめです。
日本の家電メーカーで、ヨーロッパ仕様(電圧やプラグの形状が日本とは異なる)に対応した炊飯器を販売しているところもあるので、
長期滞在される方は要チェックです。

菜箸

写真4_logo

箸自体もそれほど手に入りやすいものでもありませんが、菜箸は私自身は見かけたことがありません(日本グッズ専門店除く)。
自炊する人には菜箸はあったほうが良いでしょう。日本で調達されることを強くお勧めします。
菜箸は、現地に住む私の中国人や台湾人の友人たちからも買ってきてほしいと言われるグッズ。日本では当たり前のように使っているこの長いお箸、他国では人気グッズのようで、ギフトにすることもできるアイテムかも。

ラップホルダー(無印良品)

写真5_logo
フィンランドで売られているサランラップの切り口は、紙製やプラスチック製で耐久性がない上に切れ味がとても悪いです。
ラップの質自体もいまいちで、正直、かなりイライラします。
最初の頃は、日本から持ってきたサランラップの箱を使いまわしていましたが、
オウル在住の友人から無印良品のラップホルダーを紹介してもらい、
それ以降はこれを使っています。ラップを切る時の煩わしさが、かなり軽減されました。私の中では秀逸グッズの1つです!

日本製歯ブラシ

写真6_logo

フィンランドでも歯ブラシは売られていますが、ヘッド部分が大きい。
私はオウルに来てからずっと日本製の歯ブラシを使っています。
子供用を使う手段もあるかもしれませんが、日本のものは種類が豊富で、ヘッドが小ぶりなのがいいところ。かなりの数をストックしています。

マスク

写真7_logo

風邪予防、花粉対策、乾燥予防などで、日本人には馴染みの深いマスク。
ここ、フィンランドでは、風邪を引く人も多く、花粉症もあり、乾燥も日本よりも強かったりしますが、マスクを着用する習慣がありません。薬局でも余り見かけません。

マスクを頻繁に着用される方は、手作りする方法もありますが、いざというときのために日本で買っておいてもいいかもしれません。ただ、外でマスクをしているとかなり浮いた人になるので、その時は勇気を持って着用してくださいね。

ちなみに、花粉症の時期に一緒に日本へ出張したフィンランド人が、マスクしている日本人の余りの多さに、病人だらけの国に映ったようです。

穴じゃくし、茶こしなど穴の開いたキッチン用品

写真8_logo

自炊する人にはあった方が良い便利グッズだと思います。
ザルや振るいなどの穴が開いたキッチン用品は売られていますが、日本食に合わせて作られたキッチン用品ではないので、日本で売られているものが一番便利だなと感じています。

お茶パックや固めるテンプルなどの後片付けお助けグッズ

写真9_logo

これに代わって処理する方法はありますが、片づけを楽にしてくれるお茶パックはあると便利です。
また、フィンランドでは、深い油で揚げる料理が一般的には無いので、油の処理を楽にしてくれるこのグッズも、
揚げ物をした後にはあると便利なものです。こういう、後のことまで考えられているグッズは日本人ならではのグッズだと思います。
日本でこういうグッズを愛用されている方は、調達されたほうがよいのではと思うものです。

耳かき
写真10_logo

綿棒よりも耳かき派!という人は、日本のものが良いでしょう。
日本の耳かきは、こだわりもあり、質もよいし、何より使っていて気持ちがいいです。

やわらかティッシュ

写真11_logo

フィンランドのティッシュは分厚めで丈夫なのは良いところですが、花粉症など頻繁に鼻をかく時に適した柔らかさのものが無い。
ウルトラソフトと書いてあっても、日本のやわらかティッシュとは程遠い柔らかさ。
花粉症など、常に鼻をかまないとならないようなときは、あって良かったなぁと思うグッズです。

 

整理用ファイル(無印良品)

写真12_logo

フィンランドでもファイルなどの文房具類は売られていますが、日本よりも高く、なかなかこれといったものが見つかりません。
生活すると増えていく書類を整理するには、種類が豊富な無印良品の整理用ファイルが大活躍します。

出張、短期旅行用グッズ

フィンランドから出張や短期で旅行する際に持っていると良い便利グッズです。
特に、小分け容器ボトル、折り畳み洗濯物干しは重宝しています。

海外のホテルは備品が揃っていないことも多く、フィンランドはお手頃価格の小分け容器ボトルが手に入り難いので、私は無印で調達したものを使っています。写真13_logo

また、出張・旅行中に洗濯する場合に、100円均一などで売られている折り畳み物干しがあるととても便利。
海外の宿は、クローゼットから取り出せないタイプのハンガーもあるので、頻繁に使っているアイテムです。


写真14_logo

今回この記事を書いて思ったことは、日本は便利グッズで溢れている国であること。海外での生活は、日本と同じようにいかないことは重々分かってはいても、それでも海外に持って行きたい日本のアイテムがあります。

ここで紹介したアイテムは、主観的なところもあるかと思いますが、これからフィンランドで暮らす方にとって少しでも参考になればと思います。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る