卒業旅行フィンランド_2_logo

【イチオシ海外旅行】学生生活最後の思い出作りに、フィンランドのコテージ滞在とオーロラ探索はいかが?

卒業旅行フィンランド_1_logo

フィンランドは日本から一番近いヨーロッパ

日本ではもうすぐ卒業の季節ですね。
卒業前に、一緒に時間を過ごしてきた仲間たちと、卒業旅行へ行く人も多いかと思います。
卒業旅行に、日本から一番近いヨーロッパである、フィンランドに来てみてはどうでしょうか?

フィンランドは遠いと思っている方も多くいらっしゃると思いますが、
実はとっても近いのです。

日本から首都ヘルシンキまでは、飛行機で約10時間。
そして現在ヘルシンキまでの直行便は、
成田(2便/日、毎日)、中部セントレア(1便/日、毎日)、関西(1便/日、毎日)、福岡(3便/週)と4か所もあるのです!

卒業旅行シーズンとなる2月、3月は、フィンランドは冬の世界であり、
この時期は天候が安定してくるので、オーロラを見られる確率も高い時期と言われています。

ただ、3月下旬ともなると、日がかなり長くなるので、
空が明るくなって見られる確率も低くなってきます。
だからこそ、卒業旅行は、まさにオーロラ探索するのにバッチリのシーズンだと言えるでしょう。

そして、コテージ滞在ができるのもフィンランド旅行の特徴。
皆で一つ屋根の下で過ごせるコテージ滞在も組み合わせたら、最高の思い出作りができるのではないでしょうか。

 

フィンランド北部ラップランドへ!

オーロラは、主に“北”フィンランドで見ることができます。

自然が生み出すものなので、発生日/時間には強弱があり、
また北極点から発生しているので、北に行けば行くほど、オーロラが見られる強さや機会も増します。
それ以上に、雲のない空が何よりも必須条件ではありますが。

私が住むオウルはフィンランドの真ん中辺りで、北部フィンランドの入口に当たる都市でオーロラも見える街ですが、
卒業旅行する街として、北部フィンランド・ラップランド地方でも北の方にあり、
旅行者でも行きやすいサーリセルカ(Saariselkä)という街を紹介したいと思います。

ここは、観光で訪れる人も多く、スキー場、コテージ、スーパー、土産物店など様々な施設が揃っています。
私も留学時代は、留学仲間と一緒に冬にこの地を何度か訪れました。

サーリセルカまでは、ヘルシンキ空港からイヴァロ(Ivalo)空港までの直行便、
ロバニエミ(Rovaniemi)から長距離バスで行くことができます。

イヴァロ空港:https://www.finavia.fi/en/ivalo/

Matkahuolto(長距離バス):https://www.matkahuolto.fi/en/

 

コテージを予約してみよう!

コテージと言っても、ログハウスのような丸太小屋、木造住宅など様々です。
大きさも様々で、人数に合わせて一棟借りるといいでしょう。

価格は、コテージ一棟分なので、最大人数で泊まれると一番お得です。
設備に関しても、ベッドがいくつあるのか、トイレの数、皿洗い機の有無、インターネット有無、など様々。
このように多種多様なので、価格帯も様々です。
条件に合うコテージを選ぶのもまた楽しいものです。

 

特に、コテージ滞在が初めての方に参考情報です。

○車が無い場合には、できるだけ中心部に近いところを選ぶ(買い物に行きやすい)。

○タオルやシーツなどのリネン類はレンタルの所が多いので、宿泊料金に含まれているか要チェック。
含まれていない場合には、旅行者はレンタルをお勧めします。

○Final Cleaning(チェックアウト後の清掃)が、宿泊料金に含まれているかどうか要チェック。
含まれていなければ、お願いした方がいいでしょう。

○鍵の受け取り、返却方法をチェック。

○ゴミの捨て方をチェック。

 

【コテージレンタルサイト(フィンランド全体)】

1.Nettimökki(ネッティモッキ):http://www.nettimokki.com/en

※LocationにSaariselkäを入力(Saariと入れれば候補リストに現れてきます)

2.Finland Cottage Rental(フィンランドコテージレンタル):

https://www.finlandcottagerentals.com/index.php

※Region:Lapland、Location:Saariselkäを選択。

【サーリセルカ公式観光サイト】

宿泊ページ:http://www.inarisaariselka.fi/en/accommodation/

 

コテージでの過ごし方

コテージだとホテルのように清掃も入ってこないですし、
家に居るような雰囲気を味わえます。

皆と朝まで話したり、ビデオを見たり、一人物思いにふけったり、
読書をしたり、等々色んな過ごし方がありますが、
皆で一緒にご飯を作って食べることが、一つの楽しみでもあります。

サーリセルカの中心部にはスーパーがあるので、食材や飲み物を買うことができます。
せっかくなので、フィンランド名物を色々と試してみてはどうでしょうか。

サーモンをオーブンで焼いたり、Makkara(マッカラ)と呼ばれる大きなソーセージを
オーブンじゃなくて暖炉で焼いたり、
それをフィンランドマスタードとRieska(リエスカ)と呼ばれるピタパンで食べてみたり。

皆で同じ屋根の下で共に生活をする。
ホテル宿泊とは違う、共同生活気分を旅行で味わえますよ!

そして冬ならではのお楽しみは、コテージについているフィンランドサウナに入って、
外でクールダウン!

体からものすっごい湯気が出てきます。
フカフカ雪へのダイビングに、氷のキャンドルスタンドを作るのも冬の楽しみです。

 

オーロラ探索へ

サーリセルカにはオーロラ探索に連れて行ってくれるツアーもあります。
上記写真は実際にサーリセルカで見たもの。

ツアー当日は雪で見られませんでしたが、
ガイドのお姉さんに歩いて行けるお勧めスポットを聞いて、
その翌日に色んな条件が見事に重なって見たものです。

この日は、天気も良く、見られる確率も高い日で、
また20時頃という体に優しい時間に現れたこともあり、
約1時間オーロラショーを堪能することができました。

尚、ツアーに参加する場合は、防寒具を貸してくれますが、
プライベートで探索する場合には、どんどん体が冷えてくるので、
寒さ対策はバッチリとしていってくださいね。

また、オーロラは最後には「運」が必要なので、長時間外に出続けるなど、決して無理はしないことが大切です。

それ以外にも、犬ゾリ体験ができるツアーやスノーモービルツアーや、
いろんな冬のアクティビティを提供している施設がサーリセルカには多くあります。

また、スキー場にはソリ滑りの場所もあり、
ここはソリも含めてタダで利用できます。自力で坂を上っていく大変さはありますが、
この雪坂の勾配と長さで滑るソリはスリル満点で楽しい、の一言。

それ以外にもまだまだ見どころ、遊びどころ等はありますが、
サーリセルカの公式観光サイトにてご確認ください。

http://www.inarisaariselka.fi/en/

 

 

コテージ滞在の良さは、仲間達とより濃密な時間を過ごせるところ。
そこにオーロラが見られたら、100%以上の思い出になると思います!

卒業旅行は、是非フィンランド北部へ来てみてくださいね!

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る