海外旅行 フィンランド クレイジーセール

毎回行列ができるフィンランドの「Hullut Paivat:クレイジーセール」

Stockmann(ストックマン)のクレイジーセール

フィンランドでいつ見ても行列ができているお店はあるだろうか、と考えてみました。首都ヘルシンキではそれなりにあるのかもしれませんが、私が住むオウルは行列社会ではないので、そのようなお店はなかなか思いつかない。ですが、そんな行列社会の無いオウルでも、そしてフィンランド全体でも毎回行列ができる“時期”があります。

それはStockmann(ストックマン)というフィンランドの百貨店が開催している、Hullut Paivat=クレイジーな日々、いわゆる「クレイジーセール」と呼ばれるものです。

ご参考までに、ストックマンは2014年6月時点で、全国7店舗あります(ヘルシンキ、エスポー、タンペレ、トゥルク、オウルなど)。

ストックマン:

https://stockmann.com/fi/CustomerService/Tavaratalot-StockmannInBrief

 

セールは春と夏の年2

クレイジーセールは4月初旬の春と10月初旬の秋と年2回開催されます。期間は水曜~日曜までの5日間で、どの日付で行われるかは直前まで分かりません。

一度店員さんに「いつやるの?」と聞いたら、「教えられない決まりになってるの。」と言われたことがあるのですが、4月もしくは10月の一日から十日のどこかの週末で開催されることが多く、そろそろセールだろうなという時には、お目当てのものに目を付けたり、買い物を控えるようにしています。

クレイジーセールのFacebookサイト(フィンランド語)。セールが始まるときだけ、更新されるサイトです。始まりを知るきっかけや、セール品情報を得るのに役立ちます。

https://www.facebook.com/hullutpaivatgalnadagar

 

店内が黄色一色!

海外旅行 フィンランド クレイジーセール

海外旅行 フィンランド クレイジーセール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレイジーセールは店内が黄色に包まれます。

セールが始まるのが水曜なので、その週の月曜辺りから準備が始まります。フィンランドの面白いところが、営業時間中に準備が始まるので準備期間中になると、店内には黄色の布がかぶせられ、ほとんど買い物ができない状態になるのです。

そのため、準備期間中に行くことはおすすめできません。また、クレイジーセール自体は「こんなに住民がいたの?」と思うくらい、店内は人・人・人で賑わいますが、旅行者でもセール価格で買い物をすることができますし、雰囲気を見るのも楽しいので、足を運んでみる価値が十分あるセールです。

 

どんなものがセール品になるの?

写真3_1

 

セール品情報は、上述したストックマンのサイトやFacebookサイトで得られる、オンラインカタログでもチェックできますが、店内に置かれている冊子を見るのが一番のお勧めです。フィンランド語のカタログを見るのも楽しいですし、折り目やマークをつけたりと、買い物心をくすぐられます。旅の記念にもなるかもしれませんね。

写真の冊子は、2010年秋のクレイジーセールのもので、KE-SU 6.-10.10.2010が、期間2010年10月6日(水)~10日(日)を表します。クレイジーセール中は、開店時間も変わるので注意が必要です。

話がずれますが、フィンランドでは曜日の頭文字だけでも覚えておくと、旅の買い物計画にかなり役立ちますよ。フィンランドは、週末は平日よりも営業時間が短くなり、日曜は閉店の店が多いのが一般的です。祝日に至ってはストックマンも含め、ほとんどのお店が休みとなります。

Ma:月曜、Ti:火曜、Ke:水曜、To:木曜、Pe:金曜、La:土曜、Su:日曜

Suljettu:閉店

写真4_1

写真5_1

 

 

 

 

 

基本的に衣料品、食品、住宅製品、台所用品、電化製品などなど全ての製品群で、セールがあります。曜日限定で安く買えるものと、セール期間ずっと安く買えるものとがあります。ボートとか車などの大型製品のセールがあることも!?

ストックマンにはフィンランドを代表するIittala、アラビア、ムーミン、マリメッコ、Pentikなどの製品も置かれており、それらの一部もセール品となり、アウトレット価格よりも安くなるものがほとんどです。

 

航空券までセール!

写真6_1

 

 

地元民一番のお目当てが航空券!フィンランド航空のチケットがセール対象になるのです。対象路線は各セールによって多少変わりますが、特に人気のある路線が発売される日には、多くの人が開店前から行列を作って店先に並んでいます。

開店前からの行列という意味で、フィンランドで唯一見る行列の光景かもしれません。

航空券の場合は、販売開始曜日を示していて、その日からセール終了まではセール価格で買うことができます。自宅からオンラインでは買えず、ストックマンでしか買えないチケットです。

毎年10月のセールでは日本行きのチケットも販売されることが多く、2010年ではヘルシンキ-日本(成田、関西、名古屋)の往復が669ユーロ。確か、最近のセールでは名古屋行きが599ユーロだったような、とにかく安いのです。

路線によっては、クリスマス・年末年始など一部の期間はセール対象外ですが、対象期間が非常に長く、10月のセールだと、10月から向こう6ヶ月先位までの期間内で指定することができ、旅行期間も期間内であれば自由に選べます。

フィンランド出発が起点なので、地元民の目玉商品となっている訳なのです。

私はこのところ、クレイジーセールでヨーロッパ行きのチケットを買って、旅行を楽しむのが定着しつつあるところで、4月のセールは購入までに2~3時間位並びました。

写真7_1

 

ストックマンの年間売上の80%が、クレイジーセールによる収入とも言われていて、この期間のストックマンはかなり活気があります。街中、クレイジーセールカラーの黄色の買い物袋を持ち歩いた人で溢れます。

旅行者の皆さんには、航空券は対象外かもしれませんが、クレイジーセールは、お目当ての製品が安く手に入れられる機会の1つ。そして、写真のようなクレイジーセールキャラクターにデコーレーションされたケーキ達もいて、店内を見て回るだけでも楽しいですよ。フィンランドの風物詩となりつつある、クレイジーセール。是非、チェックしてみてくださいね!

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る