編集_image002_1

フィンランドの紅葉シーズン

 

編集_image002_1

 

フィンランド語で紅葉は「Ruska(ルスカ)」

ここフィンランドにも日本と同じように紅葉シーズンがあり、フィンランド語には紅葉を意味する「Ruska(ルスカ)」という言葉が存在します。
紅葉と言っても、フィンランドでは紅く色づく葉よりも、黄色やオレンジに色づく葉が多いのが特徴。そして、この国は北に位置しているので、紅葉シーズンは日本よりも早く、9月上中旬頃から始まり、10月末頃には葉が落ちてしまいます。その年の気候や地域にもよりますが、9月中下旬から10月初旬の間の2週間位がRuskaの見頃で、その短さが日本の桜に似たものを感じることがあります。また、秋は小雨が多い時期ですが、空が晴れ渡ると木々の葉や空の色などのコントラストが本当に美しく、色彩美に心を奪われてしまいます。

 

夏から秋へ(緑から黄色への移り変わり)

夏も終わりになると、気温が少しずつ下がり生き生きとした緑色の葉達が、黄色へと変化していきます。フィンランドに生息する木の多くは白樺や赤松。ナナカマドの木も割と多く見られます。白樺やナナカマドの葉は色を変え始め、赤松はその葉の色は変えず、そしてナナカマドの赤色の実がだんだんと赤味を帯びてくる。黄、緑、赤、に空の青が加わって、街全体が秋色に染まっていきます。

 

 

初秋の9月頃は足元を見ると、きのこ達も地面からひょっこり顔を出しています。どれが食べられて、どれが毒性なのかはさっぱり分かりませんが、きのこの種類がとにかく多い。皆さん、ご存知ですか?フィンランドでは、日本と同じ遺伝子を持った松茸も採れます。でも、詳しい方がいない時は、フィンランドできのこを見かけても、決して触らないでくださいね。
ですが、この頃は上を見上げるのも楽しいですが、下を見てみるのも楽しい時期だったりします。

 

秋の深まり(黄色から黄金色へ)

 

9月中下旬にもなってくると、秋はぐっと深まり葉の色がより一層濃い黄色やオレンジ色へと変化し、晴れると日の光が当たり、葉全体が黄金色に輝いているように見えます。また、空も澄み渡ってくるので、空気も凛としたものとなり、Ruskaの最高の瞬間(時)を迎えます。

 

紅葉スポット

 

日本では紅葉スポットとして、山やお寺さんや大きな公園などに行くことが多いですが、フィンランドは自然との距離がとても近い国。
私の住むオウルは、特別な場所に行かなくとも、家の近所の至るところが紅葉スポットで、首都ヘルシンキでも、身近なところで紅葉を楽しむことができます。
また、フィンランドは自転車・歩行者道がきれいに整備されている街が多いので、そういった道を歩いたり、サイクリングするだけでも十分に紅葉を堪能でき、心地よい雰囲気に包まれます。
オウルの自転車・歩行者用道路は、全長約600kmにも及び、フィンランド一長いと言われています。私はこの道を使って、自転車通勤しているので、季節の移り変わりを五感で感じ、自然の厳しさと共に自然を楽しんでいます。
Ruskaの時期にフィンランドに来たら、自分の思うままに道を歩いて、探索してみることをお薦めします。

 

そして冬へ(黄金色から茶色の絨毯へ)

Ruskaの見頃が終わると落葉が始まります。気温もぐっと下がり、木々に残っている葉よりも、地面に落ちている葉のほうが多くなっていることに気づきます。
葉が落ち始めたら早く、「あれっ、昨日はもっと葉があったよね。」と思う位に見る見る間に木から葉が無くなり、葉の絨毯がどんどん広がっていき、Ruskaも終わりを告げます。
編集_image038_1編集_image040_1Ruskaが終わるころにはフィンランドは冬の始まり。霜がおりる日もあったり、日照時間日に日に短くなり、空は更に澄み渡り、空気は一気に冷たさを増すと同時にものすごくピュアになっていきます。
街の色は、冬になると静寂が増し、どこか寂しげでモノトーンのような世界。それだけに、本格的な冬が到来する前にあるRuskaの鮮やかな色彩は、より一層きれいに映るのかもしれません。

清々しい季節の夏や、オーロラの可能性が高くなる冬にフィンランドに旅行に来られる方が多いですが、Ruskaにフィンランドに来るのも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。
Ruskaの美しさも一見の価値がありますよ。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る