海外旅行 スイス フランス

公現祭にはガレットを -スイス、フランスでDreikonigstagに食べるケーキ-

1月6日のキリスト教のお祭り公現祭。一般的にドイツ語ではDreikonigstag, と呼ばれています。これは、この祝日がイエスの誕生に東方から来訪した三博士にちなんでつけられています。フランス語ではEpiphanieまたは Theophanieと呼ばれています。

この日はスイスではDreikonigskuchen(三王のケーキ)という名のパン、フランスではGalette des Rois(王のガレット)というパイを食べます。中にはフェ-ブFeve(豆)と呼ばれる小さなフィギュアが入っていて、このフェーブに当たった人はパンを買ったときについてくる紙製の金の王冠をかぶり、その日1日は王様になります。

海外旅行 スイス フランス

Dreikonigskuchenはほのかに甘い花形のミルクパンで、中にはレーズンやアーモンドパウダーが入っています。最近ではほとんどの人がパン屋やスーパーのパン売り場で購入しており、自分で焼く人はほとんどいません。中に入っているフェーブはスイス全域同じで、白いプラスチック製の小さな王様です。(下記写真の左下)

海外旅行 スイス フランス

スイスのパンと異なり、フランスで食べられるGalette des Roisは完全なるスウィ-ツです。基本的なものには、パイ生地の中にカスタードのアーモンドクリームがはさまれています。バリエーションとして、りんごやアプリコット入りのものもあり、人気が高いです。中に入っているフェーブは、各店で異なり、ほとんどが陶器で出来ています。一店舗につき4-5種類のバリエーションがあるので、フェーブ欲しさについついガレットを購入してしまいます。スイスの味気ないフェーブと比べて、バリエーションがあってとてもかわいいんですよ。パン屋によっては、その年に使っているフェーブのセットを売っているところもあり、コレクションとして集める人も。また、Galette des Roisは作り方も簡単なので、フランス家庭ではこの時期のおやつとして焼かれます。

フランスの幼稚園で、1月6日にガレットを食べるのは必ず行われるイベントの一つで、フェーブに当たった子供は王様(女の子なら王妃様)になり王妃様(王様)を選びます。そして、一日冠をかぶって過ごすそうです。我が家の子供達は強運の持ち主なのか、全員幼稚園でフェーブに当たり持ち帰ってきました。

この習慣、ライン河向こうのドイツではまったく行われていません。同じキリスト教でも、国によってまったく違うんですね。クリスマスが終わると、ブッシュドノエルがあった場所にガレットが山積みされます。今年もフェーブ目当てにたくさん買うことになるでしょう。

海外旅行 スイス フランス

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る