山に来て雨が・・・そんな日の過ごし方 シャモニ-編

山に来て雨が・・・そんな日の過ごし方 シャモニ-編[フランスーリヨン]

せっかく高いお金を掛けてきたのに、不運にも天候に恵まれなかった方も中にはいるでしょう。そんな時、あらかじめ周囲の美術館などの位置を調べておけば、即気持ちを切り替えて美術館めぐりやショッピングに変更することもできますよね。

ただ、雨ではなく雲の場合はちょっと待ってください。一面に覆われた雲の上は意外に晴れていることもあるんですよ。

CIMG6094_1

だから、そんな時にロ-プウェイに乗り山頂に上れば、一面に広がる雲海を見下ろすこともできるし、もちろんアルプスの雄大な景色を堪能することも可能です。だから、観光案内所やロ-プウェイ管理会社に山の上の天気がどうなっているかまずは確認してみましょう。

ヨーロッパの多くの国は、日曜日にお店の営業が禁止されているところが殆ど。パリなどの大都市でも、一部のお店しか開いていませんよね。しかし、スキ-場など夏と冬の期間営業しかできないような地域では日曜日であってもお店が開いています。ショッピング派の貴方は、気持ちを切り替えてショッピングに精を出すもよし。またショッピングに興味がないという方は、美術館めぐりに切り替えてもよし。更には、タラソテラピーやハイドロテラピ-などのマッサ-ジに切り替えてもよし。はたまた、室内クライミングジムで汗を流してもよし。夏場の午後営業しているスケ-ト場でひんやりしてもよし。シャモニ-はイタリアやスイスの国境にも近いから、すぐ行動を起こせば日帰りで国をまたぐ事も可能になります。ホテルの部屋にこもっていないで、せっかくお金を掛けてきたのだから何か行動を起こしましょう。

ということで、連載でシャモニ-の雨の日の過ごし方をお伝えしていきたいと思います。

今回は、芸術鑑賞から。

P1010304_1

手軽に無料で鑑賞できる場所と言ったら、シャモニー中心街の駅から3つ目の駅、ユースホテルのあるレ・ぺラン。駅を降りたら橋を渡り、そのまま坂を上っていきます。シャモニー市内から来る場合、ホテル宿泊者に配られるゲストカ-ドで無料でバスも電車も乗り放題。ユースホテルの看板を目指します。シャモニー市内からは、2番のグラシエ・ボッソン行きのバス、もしくは3番のオ-ベルジュ・ドゥ・ジュネス(フランス語でユ-スホステルの意味)に乗車し、ぺランエコール(小学校)で下車。車道の右側を通り、坂を上っていくとユースホステルの看板があります。右折すると、小さなトンネルがあります。このトンネル内に描かれた絵が芸術的な不気味さをかもし出しています。天井までびっしり描かれた不思議な世界。

 

私はこの絵が大好きで、何度でも観に行ってしまいます。是非、滞在中皆さんもこのトンネル内の世界観を味わってくださいね。落書きを通り越して、何か物凄い芸術性を感じませんか?

そして、シャモニーから近い場所で無料で芸術鑑賞ができる場所と言ったら、ジュネ-ブ側からシャモニ-にアクセスする場合にモンブランエキスプレスの基点となる駅、サンジャルヴェ・レヴァン・ル・ホアイエ。駅を出たら、真っ直ぐに伸びる坂を上っていきます。左右に伸びる道に突き当たったら、左側の坂道を車道右側を通り登っていくと、右側にタラソテラピ-センタ-の入り口があります。センターの手前に無料で利用できる大きな公園があり、公園内の大きな木に印刷された芸術作品が飾られ、風になびいています。

 

太陽の光次第で色が変化するので、森林浴も含めてとても心が癒される場所です。本場のマッサ-ジを体験してもよし、無料で芸術鑑賞してもよし。公園内にはテニスコ-トや日本でも数が増えてきたアドヴェンチャ-パ-クまで備わっているので、家族連れにはお勧めのスポット。

更に、この場所で蚤の市が開かれる時は必見。コレクター物の掘り出し物も、かなり出てくることがあるんですよ。

この近くにあるとっても美味しいパン屋さんで、程よい甘さの絶品のケ-キを味わえるお店も今度ご紹介させていただきますね。

次回はシャモニ-から少し離れた美術館巡り、思い切ってスイスまで遠征してみましょう。男性には嬉しいクラシックカ-の充実したコレクションを誇る博物館や、子供には嬉しい無料で見れる大規模な博物館などご紹介させていただきますので、どうぞお楽しみに。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る