DH000123_1

ヨーロッパ 短期バカンスを有効に周遊できる移動方法は?

DH000123_1

皆さんは、もう今年の旅行計画は立ててしまいましたか?旅は計画を立てる時点から、とってもわくわくして楽しいですよね。しかし、行きたい場所がたくさんありすぎてどれに決めようか迷う人も多いでしょう。行きたいところに全部行けるようにぎちぎちのスケジュ-ルを立てて、かえって疲れてしまう人も多いでしょう。そんな方に必見。ヨーロッパは22カ国以上放浪した経験があり、現在も暇ができれば娘を朝5時に叩き起こして放浪の旅に出ている私が、短いバカンスでも効率よく、そして便利で安上がりな移動方法を伝授しちゃいます。

 

前回、こちらではかなり多くの方が活用し、私たち親子も昨年11月に3回もこのサイトを使い安くあげた相乗りシステム。まだ読まれていない方は、是非この記事と併せて読んで比較してから検討してくださいね。

さて、今回ご紹介させて頂くのは、フランス国鉄が出したお得なIDBUS

P1010441_1

http://fr.idbus.com/frのサイトを確認しながら、是非記事を読んでくださいね。

ユーロラインのバスに比べると、まだまだ路線は少ないのですが、とっても驚愕のお値段。更にシ-トは飛行機のビジネスクラス並みのゆったりとしたシートを用い、WIFIも完備。深夜に出て、朝目的地に着く便も多く、これなら寝ている間に移動できるから、おきている間を有効活用することができますよね。しかも、ホテル代まで浮いてしまいます。

 

私が10年前に放浪していた時は、2度ユーロラインのバスの2週間パスを購入しました。最初の目的地だけを選ぶことができ、後は現地についてから空席がある便に乗れるという仕組み。元スポ-ツインストラクタ-の私は、男性顔負けの体力で2週間バスの中で夜を越すことに挑戦。大抵主要の鉄道駅には、5ユーロ程で使えるシャワ-があるので朝早く着くと、最大限熱湯にして疲れを取り、ユーロラインのオフィスが開くのを待ってその日の夜出る便を予約。それぞれの国で他の国の名前や地名の呼び名が変わってくるので、現地に着いたのはいいけど、オフィスの方に「ここは何処?」と聞いて驚かれたことも。ポーランドやチェコ、ハンガリー、デンマーク、オーストリア、イタリア、ドイツ、フランス、オランダ、スペインなど端から行きましたが、さすがに座って何日も寝るのは疲れますよね。しかも深夜2時や3時に国境を越えるから、検問所で起こされるので眠るのは不可能に近い?特にオランダ発他の国に行く便に乗車すると、麻薬探知犬が乗って長い間調べたり、スペイン発の便に乗るとアフリカからの密入国者を調べるのにかなりの時間が掛かったり。その日の便に空いている便を探すとオランダ行きが大変多く、1年間オランダ全域の主要美術館を網羅する美術館パスを買い、毎回下車地を変えてオランダ中の美術館をめぐりました。

今となっては良い想い出ですが、あの時シ-トがゆったりしてたおすことができたらどんなに、快適だったことでしょう。そんな問題を解決してくれるのが、このIDBUS。個室のベットで寝るような快適さまでは求められませんが、やはり座席がゆったりしてすわり心地も良いので、少ない日程で周遊したい方には最適。

格安航空で短時間で周遊するのもよいけど、実は郊外にある空港までの移動時間、チェックインの時間、現地についてからの空港から中心街への移動時間や交通費を考えると、意外と時間が倍以上掛かったり、交通費が高くついてしまったなんてことはありませんか?しかも、荷物が多い場合は要注意。重量オ-バ-で高い追加料金を取られる可能性も多々あります。少しでもチェックインに遅れると、乗せてもらえないなんてこともあるから早めに行くこと必須です。私はロンドンの空港に行く時に電車に投身自殺された方のために、ダイヤが乱れ30分遅刻で空港に到着。カウンターの前には、私同様遅れた方たちが殺到しましたが、出発前にも関わらず、受付カウンタ-に人はいませんでした。航空会社のオフィスを見つけ、最初は一人で交渉しましたがNOの一点張り。そこでカウンターに戻り、皆さんを引き連れ再度オフィスに交渉しに行きましたが、やはり答えはNO。新たな航空券を買いなおし、別の便に乗れと言うので、ユーロラインのバスを使いフランスに移動したこともあります。ヨーロッパは電車のダイヤが乱れることもあったり、ストで電車の便が減らされることも多いので、皆さんもせっかく飛行機で移動しようと思ったのに、私のように乗れないなんて事態に陥ることもあるかもしれません。そんなことを考えると、移動は鉄道の主要駅だから、中心街からの移動時間も楽なIDBUS。たとえ外国語への不安があっても、ガイドブックに地図や行き方が掲載されているから、迷子になる人も少ないでしょう。

 

それでは、実際の路線とバスの運賃をご紹介させて頂きます。季節によっても、予約日によっても、出発時間によっても値段に変動があります。深夜遅くに出発して朝現地に到着する便は、若干高くなっていますが、それでもかなりお得なお値段。あくまでも現在検索した結果をお伝えします。行かれる前にネット予約になりますので、是非ご自分でチェックしてみてくださいね。3月28日発の便をシュミレ-ションしてみました。

P1010442_1

1 パリ中心街発 ロンドン行き

21時発 5時05分着 片道 大人一人 49ユ-ロ

23時発 6時05分着 片道 大人一人 55ユーロ

この日の便で一番安く移動できる便は、パリ発13時30分で、ロンドン着21時35分。料金は、片道39ユ-ロ。これだけでも驚愕の安さで移動が可能なのはお分かりいただけると思いますが、もし出発日を1日前の3月27日にすると・・・・

21時発の便が、45ユーロになり、23時発の便が49ユ-ロ。更に、15時30分発23時35分着の便が何と衝撃の19ユ-ロ

2 パリ中心街発 ブリュッセル行き 深夜便もありますが、ベルギーは近いため所要時間3時間50分~5時間05分。そのため、昼間の便をご紹介させて頂きます。

6時30分発  11時35分着 19ユ-ロ

10時30分発 15時35分着 19ユ-ロ

これだけでも違う国に行くのに激安感があるのに、更に前日の3月27日にすると・・・・

18時30分発 23時35分着の便が何と9ユ-ロ。安すぎますよね。

3 パリ中心街発 ミラノ行き こちらは距離もあるため、所要時間は15時間15分

価格も納得できるお値段ではありますが、移動時間を考えると飛行機にしたほうが良いかもしれませんね。

 

23時15分発 14時30分着 55ユ-ロ

やはり前日の27日に出る便なら・・・・・

16時45分発 8時着の便が、これまた衝撃の29ユ-ロ

4 パリ発 アムステルダム行き 

  7時発     13時50分着 35ユ-ロ

23時発    5時45分着  55ユ-ロ

同日、逆にアムステルダム発パリ行きの便にすると・・・・

7時40分発  14時30分着の便が19ユ-ロ

まだまだ魅惑的な価格帯で、他の路線を出しています。例えば、食の都リヨンからバルセロナまでなら、リヨンを22時30分発 バルセロナに朝7時に着く便が、35ユーロ数ヶ月前にはこの路線が何と9ユ-ロだったこともあるんですよ。さすがに即売り切れで、また安売りされたら娘を連れて行ってこようと思います。

http://fr.idbus.com/ 是非鉄道パスや格安航空券を買う前に一度このサイトを開いて、貴方の行きたい場所へどちらがお得で、どちらが移動時間を短縮できるか比較してから移動方法を決定するにしましょう。浮いたお金で、ご自身に素敵なご褒美を買ってくださいね。

貴方の旅がより快適に、想い出深いものになりますように。

次回から、実際に旅行会社のツア-では見かけない私お勧めのヨ-ロッパ周遊のプランニングをご紹介させて頂きます。どうぞお楽しみに。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る