DH000107_1

夏と言えばカイトサ-フィン[ヨーロッパ-フランス]

DH000110_1

今年の夏、ヨーロッパの海辺の町に旅行を考えている方もいるでしょう。日本と違いトップレスの女性も大変多いから、男性軍には嬉しい限りでしょう。

皆さんはマリンスポ-ツはお好きですか?元スポ-ツインストラクタ-でありながら、山育ちの私は正直マリンスポ-ツを知りません。ただどんな場所に行っても、大抵気があう方はスポ-ツインストラクタ-の職業につく方が大変多く、ブルターニュ地方のサンマロで出遭ったピエ-ルとも意気投合。彼は、日本のガイドブックには掲載されていないブルタ-ニュ半島の海岸線では上の真ん中へんにあるロスコフという港町から漁船と言ってもいいほどの小さな船で渡る、イル・ドゥ・バという大変小さな島でマリンスポ-ツインストラクタ-をしていました。

DH000023_1

ちなみに、サンマロの海岸線沿い、この豪華な建物の右側がタラソテラピ-センタ-でした。早速体験しようと思ったのですが、残念ながら満員で数ヶ月前に予約しないと無理とのこと。この施設にはフランス国内の芸能人など著名人もたくさん訪れるそうです。フランスでは、タラソテラピーは治療の一環としても使われるので医者の処方で約一ヶ月間ほど滞在している方も大変多いのが現状です。もちろん美容としても使用されることもありますが、場所によってはかなり前から予約が必要になります。南フランス、波が高くサ-ファ-に人気の観光地ビアリッツやサンマロは、お金持ちの著名人の観光客が多くタラソテラピ-センタ-はそんな彼女たちで賑わいます。

DH000163_1

タラソテラピーは海藻類を原料に使いますが、フランスの海岸に打ち上げられている海藻類。犬はそのにおいが大変お好みのようで、毎日友人の犬を連れて散歩中、海藻類を発見する度おしっこをしていました。その姿を見てから、海藻パックを受けるのをやめた私。しかし、フランスのエステシャンはきちんとした資格を持っている人でないと職業にはつけません。本物のプロによる施行を是非海辺の町に滞在された際には、試してみませんか?ただしエステシャンには男性が大変多いです。私はビアリッツと、ベル・イル、カルナック、ドイツのバ-デン・バ-デンでマッサージを体験しましたが、何と全て男性。もちろん知らない人の前で全て脱ぐには抵抗があり、水着でお願いしたところ「日本人女性は皆同じ反応をするんだよね。僕はプロだから、裸なんて見ようと思わないけれど。」と言われ、意を決して水着を脱ぎプロのマッサ-ジを受けました。しかし身体が硬直し、相手から何度も注意される羽目に。

DH000107_1

サンマロでは毎日ピエ-ルと話しに華が咲き、メイルアドレスや電話番号を交換。その後旅を続けていた私ですが、彼が頻繁に電話をくれました。海辺の町での生活を知らない私。興味本位で彼の住む小さな島の職場に少しの間居候させていただくことになりました。

DH000204_1

この写真の後ろにある小さな島が、イル・ドゥ・バ。基点となるロスコフには、イギリスからの大型客船も停泊し、タラソテラピーセンターもあります。

DH000273_1

 

ピエ-ルの住む島には、小さな商店が二軒のみ。ホテルも数軒のみで、数時間もあれば島を一周できてしまいます。彼は、コロニ-バカンスと呼ばれる泊りがけの臨海学校で働いていました。この島で子供たちにマリンスポ-ツを教え、更には島にはえている草花や昆虫などの生態などを教えています。元スポ-ツインストラクタ-ということで、彼の仕事のミーティングにも参加させられ、日本のスポ-ツクラブについての説明を求められました。こんな場所に来る日本人は私ぐらいだそうで、子供たちにも受けいれられ、一緒にプログラム参加も許されました。おかげで毎日子供たちに海辺でのフランス語単語を教えてもらうことができました。

 

DH000275_1

夕方は毎日、ピエールがカイトサ-フィンをする姿を眺めていました。このカイトサーフィンはフランスでも大人気のマリンスポ-ツ。海だけでなく、湖でもカイトサ-フィンを楽しむ人たちの姿を目撃することがあります。ミネラルウォ-タ-で有名なエヴィアン。エヴィアンの前にあるスイスとの国境を分けるレマン湖。エヴィアンや隣のトノ・レヴァンからはスイスのロ-ザンヌなどにも大型客船で国境越えをすることが可能です。このレマン湖でも、カイトサーフィンが大人気。風が強ければかなりスピ-ドも出て、コントロールするのも難しいようです。フランス中の海辺の町にはこのカイトサ-フィンを体験できる教室があるので、興味がある方は是非試してみてくださいね。

DH000276_1

そして海辺の町にはたくさん停泊しているクル-ザ-。個人所有の方が多く、皆さん暇があれば海に繰り出しています。

DH000104_1

中にはこんな古い船を所有する方も。ロワール地方に住む友人の家にお世話になった時、彼女が近所の古城に住む貴族の血を引く紳士を紹介してくれました。彼もこの写真よりも更に古く大きな船を所有しており、毎年その船で旅に出掛けるそうです。

DH000050_1

一方子供たちに大変人気なのが、こちらのアトラクション。大抵海水浴場の一画にはこのようなコ-ナ-が設けられており、子供たちのはしゃぐ声が響き渡ります。

CIMG4529_1

もちろん海だけでなく、私の住んでいるシャモニ-でも年に数回試すことが可能です。毎年夏に開かれるロッククライミングのヨ-ロッパ選手権、世界選手権会場であるモンブラン広場の一角にコ-ナ-が設けられ、無料で体験することができます。

CIMG4968_1

空中で一回転も可能なので、娘は何度も行列に並びなおしては体験させてもらっています。私も体験してみたいのですが、「ママがやったら重みで綱が切れちゃうでしょ。」という小悪魔娘の一言に、そんな場面を想像してしまい皆さんの笑いものにされたら嫌なのでいまだに体験することができません。

DH000112_1

他にはバナナボ-ドも大人気。3年前にニースの近く、サンラファエルに娘を泊りがけの臨海学校に2週間送り出したことがあります。ここでマリンスポーツを毎日体験した娘。もちろんバナナボ-ド、途中で海に転落するも一番楽しかったそうです。

皆さんも今年の夏、マリンスポーツをとことん満喫してくださいね。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る