DH000079_1

海外を一人旅する日本人女性は [ フランス ]

 

海外一人旅の日本人女性 人生最大のモテ期?を経験しませんか?

CIMG6536_1芳醇な匂いに誘われて寄ってくるミツバチ。夏風に吹かれて、貴方の周りにはどんな男性が寄ってくるでしょうか?

海外を一人旅する日本人女性は、よくモテルと言う話を耳にすることがありませんか?

日本ではモテナイと思っている女性でも、確かに海外ではかなりの確立で異性から声が掛かるのは、22ヶ国以上を放浪してきた私自身の体験談から言える話。

とにかく2年間以上の放浪旅、声が掛からなかった日はないくらい。一日に何十人に声を掛けられたか。

特にスペイン、イタリア、フランスを旅行中は物凄い数の男性に声を掛けられました。

 

仕事中でもお構いなし 欧米人男性の口説き方

DH000199_1美術館に行けば、各部屋の入り口辺りに立っている係りの男性が、美術館内を私に付き添って案内してくれた後、電話番号を書いた紙を渡し、仕事が終わった後一緒にレストランに行かないかと誘ってくれたこともしばしば。

DH000079_1レストランに食事に行けば、頼んでもいない食前酒が出てきて係りの方に言うと、シェフからのプレゼントと言われ、頼んだ料理の上には大きなハ-トマ-クが描かれていたり。他のお客さんからのプレゼントで、一緒に食事を食べないかと誘われたり。サービス係の方が電話番号を書いたメモを渡して、夜飲みに行かないかと誘われたり。

滞在先のスタッフにも毎日のようにアプロ-チを受けました。とにかく何処に行っても、何をしていても端から声が掛かりました。ちなみに、妊娠時に25kgも太ってしまい、中々以前の体系に戻らないため、以前の面影はまったくないので今では誰からも声が掛かりません。

 

直帰女子スタイルを逸脱しませんか?

日本では今仕事が終わった後、何処にも寄らずに即家に帰る直帰女子が多いと聞きました。これでは出逢いがありませんよね。もちろんネットを通じて出逢いを求めることもできるでしょう。しかし、ネットでの出逢いには危険がつきもの。やはり、直接出逢う男性の中から自然に好感が持てる人と交際に発展するほうが成功率も増えるのではと思います。もちろん恋愛だけが人生の全てではありませんが、数多くの方と恋愛関係だけでなく直接会話を交わし、触れ合うことでより貴方の魅力が増すのではないでしょうか?

私の経験談からどんな女性が欧米人男性に好かれるか書かせていただきたいと思います。

 

お尻の大きな女性が好きなイギリス人男性とアフリカ人男性

もちろん人をスタイルや顔だけで判断するような男性は選ばないほうが懸命だと思います。しかし、自分は太っているとコンプレックスを感じている女性は、イギリスやアフリカを旅行しては如何でしょうか?

日本を発つ前に私の弟分、イギリス人と日本人のハ-フの男の子からイギリス人男性はお尻が大きい女性が好きだと聞いてはいました。各地で見かけるスリムで物凄いハンサムな男性の横に寄り添うのは、私の二倍、三倍はあるのではないかと思うほどふくよかな女性。そんなカップルと話すと大抵彼らはイギリス出身。女性は皆さん太っていることなんてまったく気にせず、皆愛されてる幸せからか常に笑顔で、とても幸せそうです。フランスにグル-プで旅行に来るイギリス人の中でも、男性5人にふくよかな女性が一人混じっていることも多く見かけます。そんな時、女性はとても豪快で明るく、昼間から男性顔負けにビ-ルを浴びるように飲んでいることもしばしば。グループの中のムードを盛り上げ、その中から意中の彼を選ぶのかもしれません。

アフリカ人男性もよくヒップが大きな女性が好きだと聞きます。彼らいわく、ヒップが大きな女性はたくさん子供が産めるからだとか。

 

大和撫子 ストレ-トで髪の長い日本人女性

もちろん男性の好みは千差万別。しかし、欧米人男性が日本人女性に描くイメ-ジは、欧米人女性と違いつつましく、おしとやかで男性に尽くすイメ-ジが多いようです。かと言って、おとなしく男性に尽くす女性がモテルとは限りませんが、大和なでしこのイメ-ジが未だに強い人も多いようです。特に経験上、イスラム圏の男性からはおとなしく男性に尽くす女性が好まれます。

 

自然体の女性 オス化した女性?

髪の色を染めていたり、濃すぎる化粧をしていたり、高級ブランド品の服などを身に着けている女性にはお金目当ての男性は寄ってくるでしょうが、真剣に交際に発展するように考えている男性からすると髪を染めず、自然体の女性のほうがモテル確立が高いです。

日本では化粧をせずにラフすぎる格好で外出する女性を「オス化した女性、女を捨てた女性」としてモテナイ類に分類されるかもしれませんが、逆に海外ではモテル場合が多いかも?

ちなみに私が住んでいるシャモニーはアウトドアスポーツ発祥の地ということもあり、スポーツ愛好家が住み着いています。だから学校のお迎えに行く際も、他のお母様方もスポーツウエアが主流。もちろん綺麗に身だしなみを整えている女性もいますが、殆どの方が即山に登れるような格好だったり、私同様ノーメイクの自然体の方が多いです。以前はスカートしかはかなかった私も、今では好きな時に即山に登れるスタイルになりました。この地では、スポーツマンは一緒にスポーツを満喫することができる女性を好む方が多いようです。

 

自分のスタイルを確立している女性

DH000038_1欧米人は赤ちゃんの時から、両親とは別の部屋で寝、自立を促します。そして、各自の個性を尊重します。小さな頃から自分の意見をはっきり言う子が大変多いです。100人いれば100人とも違って当たり前。とにかく個性を重んじる欧米人からすると、日本人はまるでロボットのように感じることが多いようです。日本人の感覚からすると、きつすぎるのではないかと思えるはっきりと自分の考えを言うことができる女性のほうがモテルようです。例えば、お洋服も流行ばかりを追うのではなく自分の好きなスタイルを貫き通す女性に魅力を感じる男性も多いようです。

周囲を気にするのではなく、自分の好きなように振舞うことでストレスも感じず、颯爽と風を切って堂々と歩いている女性に男性軍の目が向けられるのではないでしょうか?

もちろん何処の国の男性だからとかではなく、やはり男性の好みも人それぞれ。日本で自分はもてないと悲観し、「女性はこうあるべき」、「こんな女性がもてない」などとマニュアル本を読み漁って参考にしてもよいですが、それにより自分自身を無理して変えなくてもよいのではないでしょうか?

 

つくし過ぎない パートナーとは平等に分担

CIMG3296_1欧米人の男性軍は、女性に尽くすことを知っています。特にこちらでは女性軍は男女差別には特に厳しい目を持っています。それでいて、きつい仕事などは「これは女性の仕事ではない。」と女性を理由に断る人も大変多いです。日本と違い、こちらでは断然女性軍のほうが優位な気がします。女性に尽くすことに慣れている欧米人男性と付き合い、尽くしすぎると男性軍はどうも居心地が悪く感じるようです。適度に尽くして、適度に甘え、何でも分担してすることが相手と長続きするコツではないでしょうか?何でも先回りして考え、尽くしてしまうと相手は自分のお母さんと捕らえてしまうようです。そのため、自分は子供に見えてしまうようで、よく怒られました。

 

笑顔の素敵な女性

P1012536_1何処に行っても、笑顔は世界共通。やはり怒った顔よりも、常に笑顔でいる人の周りにはたくさんの人が寄ってきますよね。周囲ばかり気にせず、自分が好きなことを探求したり、自分が幸せに感じることを実行していれば自然に笑顔もほころびます。

P1012530_1日本社会では周囲ばかりを気にしすぎて本当の自分を表現できずに仮面をかぶっている方は、是非海外旅行に出掛けて本来の自分を貫いてみませんか?きっと素敵な出逢いが待っているかもしれません。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る