圧縮_DSC00206_1

フランス人の暑い夏の美味しいしのぎ方

 

 

女性に嬉しい食前酒

女性に嬉しい食前酒

仕事帰りの居酒屋での一杯。猛暑には、ぎんぎんに冷えた生ビールで対処する方も多いでしょう。ヨーロッパ各地でビールは大人気。ベルギー産やドイツ産のビールは、日本でもファンが多いようです。ベルギーやドイツだけでなく、フランス各地で地元特産のビールが販売されています。しかし、中にはビールは嫌いで酎ハイなどの甘系のアルコールが好きな方もおられるでしょう。

 

女性に嬉しい甘系食前酒

甘系アルコールがお好きな方にお勧めなのが、ノルマンディー特選、林檎の発酵酒シードル。ブルターニュ特産のガレットと組み合わせて飲まれる食前酒です。

夏に最適 白ワインの数々

夏に最適 白ワインの数々

最近では、桃やグレープフルーツなどを使った甘系食前酒の種類が増えました。値段も3ユーロ前後と大変手頃なので、食前酒としても人気を博しています。

夏に大人気のロゼワイン

夏に大人気のロゼワイン

 

フランスと言えばやはり「ワイン」

日本でフランス産ワインを買おうと思ったら1本1,500円くらいしてしまいますが、本場フランスでなら500円も出せば買えてしまうものがたくさんあります。夏場の暑い時は、ぎんぎんに冷やした白ワインやロゼワインが大人気。甘系の白ワインならドイツ地方に近い、アルザス地方の白ワインが飲みやすいでしょう。ロワール古城めぐりをする方は、是非ロワール地方の白ワインも試してください。

圧縮_DSC00486_1ロゼワインが一番好きな私からのお勧めは、上の写真左端のCABERNET D’ANJOU。女性にも飲みやすい品種の葡萄を使っています。左から2本目のシードルと木苺の発酵酒もおすすめ。とても上品で甘さ加減も抜群。3ユーロ以下で買えてしまうので、我が家の夏の常備品のひとつです。そして、優雅な気分を味わいたかったらシャンパン。せっかくフランスに旅行に来たなら、いつもとは違う産地のワインを味わってみませんか?4ユーロほどで買えるお手頃ワインで写真右端の?MINERVOISもおすすめです。

 

ぎんぎんに冷えた生ビール

もちろん夏の暑い夜はイギリス系のパブも多いので、生ビールで涼を取る方も大変多いです。

圧縮_DSC01392_1

 

夏の楽しみバーべキュー

シャモニー界隈の夏と言えば断然多いのがバーベキューパーティー。無料で使えるものが各所に置いてあり、友人同士でワインや食べ物を持ち寄ってパーティーを開く人たちも大変多く、一番のお勧めの場所が、1番のプラリオン行きのバスに乗車。終点プラリオンで下車したら、ロープウェイとは道をはさみ建物の裏側にある湖を目指します。

圧縮_DSC00294_1湖をとり囲むようにして、幾つか無料で使えるバーべキュー器具があります。ここから見る大絶景を堪能しながら、夏のバカンス気分を更に盛り上げませんか?と言っても、この場所から鉄道駅まではかなり距離があります。バスの時間は19時を過ぎると、深夜便しかなくなってしまうので事前にバスの時刻をチェックしておきましょう。

圧縮_DSC00342_1エギュイユ・ディ・ミディと並び大人気のメール・ドゥ・グラス。その発着駅の後方、線路を渡り墓場を過ぎて数分歩くとカフーマーケットがあります。そこで子牛や鶏肉、牛肉や豚肉の薄切り肉を売っています。シャモニー中心街のSUPER Uでも薄切り用に頼んで切ってもらうことも可能ですが、言葉に自信がない方はカフーマーケットに行くことをお勧めします。ちなみに日本と違い脂身を嫌う欧米人。豚肉も牛肉も霜降り肉にはお目にかかれません。

 

果物でビタミン補給

夏場、大人気のフルーツと言ったらパイナップル。カジノさんでは、食べやすいように切られたパイナップルが1箱2ユーロで手に入ることができます。パイナップルは食べやすい一口サイズに切られた冷凍物もあります。私は1日8時間ハイキングをする際に、冷凍のパイナップルを一袋購入します。そして道中熱いところの患部に当てて、涼を取ったり歩きながら食べています。

圧縮_DSC00247_1そのほかメロンは1ユーロ以下で手に入ることも。スイカも4ユーロ以下で手に入るので、経済的に食費を抑えたい方は持ち帰りのピザに、スーパーで果物を買い足してもよいかもしれません。

 

日本でも大人気 種類豊富なトマトを食べ比べて見ましょう

日本でも数年前から大人気のトマト。血液をさらさらにする効果も高いので夏にトマトをたくさん食べる人も多いでしょう。ヨーロッパ各地のスーパーやマルシェなどで、色とりどりの様々な形をしたトマトの種類の豊富さに驚いた方もいるかもしれません。ヨーロッパの人は、各トマトの味の違いを利用して様々な料理に使い分けています。

 

疲れた胃に優しいポルトガル料理「ケンジャスープ」

暑いからといってがんがんに冷房を効かせたり、アイスなどを食べ過ぎて胃を壊してしまう方も多いでしょう。そこでお勧めするのが、ポルトガルの定番料理であるケンジャスープ。ポルトガル人家庭で週に1回は食卓にあがるであろう栄養満点、経済的、しかも料理もとっても簡単で美味しく、良いこと尽くめの日本人の口にも大変合う料理です。

圧縮_DSC01217_1以前、住んでいた都市で家族ぐるみでお付き合いしていた大親友のポルトガル一家では、毎日互いに作ったものを持ち寄って一緒に食事を楽しんでいました。日本ではあまりポルトガル料理と言われてもピンと来ない人が多いと思いますが、フランス料理やイタリア料理よりも日本人の口にはあうものが多いように感じます。

友人が教わった料理で、今では我が家の定番料理ともなったケンジャスープは、どんな料理下手な人であっても、塩加減さえ間違えなければ好きな彼の心をわしづかみにできるかも?

圧縮_DSC01077_1材料は、鴨肉もしくは鶏肉に玉葱一個。あら塩に小さな粒のパスタもしくはお米。まずは、お肉と玉葱を丸ごと一個水を入れた鍋に入れ、適度のあら塩を入れてゆでます。お肉にしっかりと火が通ったら、一旦取り出し食べやすいようにほぐして鍋に戻します。そこにパスタもしくはお米を入れて更にゆでるだけ。私は塩バターを少しアレンジして加えるのが好きです。コクが強いほうが好きなら鴨肉を選択し、あっさり系なら鶏肉を選択します。我が家では具合が悪かったり、胃が疲れた時にも大活躍。市販の薬よりよく効きます。

 

綺麗なフランス人を見習いましょう「水の力」

私達の生命に欠かせない水。ヨーロッパでは様々な産地のミネラルウォーターが手に入ります。中には温泉水に近いマグネシウム入りのものもあり、美容思考の高い女性たちには大人気です。ワインよりも高いものもあるので、街中にある湧き水をくみに行く女性も大変多いです。彼女たちは毎日とにかく多くの水を飲みます。そんな彼女たちのスタイルは抜群。美味しい水で夏を乗り切り、水着になっても恥ずかしくないスタイルを維持するようにしませんか?

圧縮_DSC00625_1

 

健康志向が高い人の食事代わり「スムージー」

健康志向が高い人が飲むスムージー。日本でも大人気ですよね。特にヨガなどをする人には食事代わりにもなるようです。心も身体も内側からリフレッシュ!デトックスして綺麗になりませんか?

圧縮_DSC00239_1子供たちに大人気のカラフルなグラニタ。カキ氷とジュースの中間といった感じです。

そして、夏を乗り切るための手っ取り早い接種法?各種サプリメントも充実しています。栄養価の高いハチミツ系サプリメントやカテキン効果の高い緑茶系サプリメント、ビタミンCが豊富なサプリメントなど薬局だけでなくスーパーでも気軽に手に入れることができます。

圧縮_DSC00065_1

 

番外編

夏はサンダルを履く機会も多いですよね。そんな時に気になるのが足元のケア商品。各薬局では足の症状にあわせてケアできるクリームなどが並んでいます。

DSC01402_1足元をケアしたら、注目度大のサンダルで暑さをしのぎましょう。

圧縮_DSC02359_1最後に私の夏だけでなく年中の必需品?と言ったら、やはりジェラード。シャモニー中心街の郵便局の近くでひときわ長蛇の列が出来ているパン屋さんのジェラードは本場イタリアにも負けない味。特におすすめが、メロンシャーベットにブラッドオレンジのシャーベット。クリーム系では、定番チョコレートに、塩生キャラメルやモンブラン。モンブラントンネルを越えたクールマイヨールの中心街の入り口にあるアイス専門店も絶品ですが、甲乙つけがたいほど美味しいです。

圧縮_DSC00206_1美味しいものをたくさん食べて身体の内側から熱さを退治しましょう。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る