編集_image002_1

味覚の秋!ハワイのユニークな食べ物3選

 

編集_image002_1もうすぐ10月、日本は秋も本番ですね。日本と違ってハワイには四季がありませんが、グルメなものが揃うハワイでは、地元の人にとっては一年中「味覚の秋」!ハワイは、独自の文化が根付いているため、街を歩いているとユニークな食べ物をよく見かけます。そこで今回は、「味覚の秋」にちなんで、(ハワイの人にとっては)食欲がそそる日本にはない食べ物を紹介します。

 

1. サイミンバーガー

編集_image004_1みなさんは「サイミン」をご存知ですか?ハワイのローカルフードの1つで、あっさりとした塩ラーメンのようなもの。盛りつけもとってもシンプルで、ハワイでは「マクドナルド」でも売られているほど、「サイミン」はハワイの人に人気の食べ物です。そんな、人気の「サイミン」がバーガーになって新登場!その名も「サイミンバーガー」。写真の通り、パンの代わりにサイミンの麺が使われています!日本では一昔前に「お米バーガー」が流行りましたが、それと同じようなタイプのバーガーです。シンプルな味付けで、サイミンとパティ、そしてテリヤキソースの相性も抜群!

こちらの「サイミンバーガー」(別名:ラーメンバーガー)ですが、L&L Hawaiian BBQというプレートランチのお店で、ハワイやカリフォルニア州の店舗を中心に売られています(ただし、期間限定の可能性もあり)。サイミンとバーガーが1度に楽しめる「サイミンバーガー」。ハワイに来たら試してみる価値ありです!

 

2. ピーナッツバター&ミルクチョコレート餅

編集_image006_1日本文化の影響を受けているハワイでは、食べ物にも「チキンカツ」や「フリカケ」など、日本語がそのまま使われている物が多くあります。「モチ(餅)」もハワイでは定番のお菓子!しかし、日本と違うところは、写真の「ピーナッツバター&ミルクチョコレート餅」のように、日本ではなかなか見られない組み合わせがあるところ。特に、ピーナッツバター好きのアメリカ人が多いので、「ピーナッツバター+チョコレート+餅」のコンビネーションは、人気がでないわけがありません!日本人には馴染みのない組み合わせですが、餅の和のテイストと、中身の洋のテイストは、意外にもマッチします。

こちらの写真は、マウイ島(オアフ島から飛行機で40分ほどにあるハワイ諸島の1つ)にあるMaui Specialty Chocolateというお店のもの。マウイ島の玄関口「カフルイ」という町にあるお店で、地元の人からも人気のチョコレート専門店です。

Maui Specialty Chocolate
180 East Wakea Avenue, Suite E
Kahului, HI 96732
(808) 871-1222

 

3. ポップコーン+餅クランチ

編集_image008_1映画館でポップコーンを食べる・・・ここまでは日本でもよくある光景かと思いますが、上の写真で日本とどこかが違うのは、お気づきでしょうか?

 

左の方にある袋に入っているものの正体・・・

編集_image010_1実は、「餅クランチ=あられ」なんです!

ハワイでは、ポップコーンにバターと餅クランチを混ぜて食べるのが定番。スーパーマーケットでは、「餅クランチ」の他に「ふりかけ」も混ぜて「ハリケーン・ポップコーン」の名で知られています。先ほどと同様、こちらも和と洋のテイストのマッチ!やめられなくなる美味しさで、ハワイの人にはお決まりの食べ方です。

 

いかがでしたか?今回は、日本では見かけないハワイのユニークな食べ物を紹介しました。
多文化社会のハワイでは、食べ物も個性溢れるものばかり!日本ではあまり見かけない組み合わせが多いので、食欲をそそるかは分かりませんが(笑)、ハワイに来た際はローカルの味に挑戦してみるのも、面白いかもしれません。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る