フィレンツェのイベント

【イベント】秋から冬にかけてのイベント情報【イタリア】

海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア

12月に入り、フィレンツェも急にクリスマスの気配を身近に感じるようになりました。

フィレンツェの冬の風物詩として真っ先に挙げられるのは、サンタ?クローチェ教会広場で毎年行われる「メルカート?ナタリツィオ?ディ?ハイデルベルク(Mercato natalizio di Heidelberg)」という、ドイツのクリスマスマーケットです。ドイツ南部のハイデルベルクという街の人々が、クリスマス前の約一ヶ月間、期間限定の市場をフィレンツェで開催します。

ドイツや北ヨーロッパの伝統的なクリスマスオーナメントや、職人が作った木彫りの置き物や手作りのファブリック、雪深い地域で作られた防寒対策の上着や靴下、帽子といった服飾品など、クリスマスやこれから寒くなる時期に向けた品々が、クリスマスのイルミネーションで飾られた山小屋風の小さな露店に並びます。村ごと引越してきたかのようなこのような移動マーケットは、イタリアでは最近よく目にするようになりました。どことなくノスタルジックな素朴なテイストで、華やかに飾り立てるイタリアのラテン的な趣味とはやはり少し違った趣です。

たくさんの店が所狭しと並ぶ中で、みんなが楽しみにしているのは食べ物の露店です。

数種類のスパイスが使われたスペキューラスというクリスマスのビスケットや大きなピースに分けられたシュトゥルーデルにジンジャーブレッド、子供の顔よりも大きなプレッツェルやスパイス入りのホットワイン(vin brule)など、普段フィレンツェでなかなか味わうことのできないお菓子やお料理の露店には、食いしん坊なイタリア人の長い列ができます。

その中でも特に人気があるのはブラートヴルスト、つまりホットドッグの露店で、土曜や日曜のお昼時には長ーい行列ができています。巨大なフライパンの上で焼かれるソーセージがジュージューと油を弾く音を聞きながら、みんな順番が来るのを辛抱強く待ち続けます。ソーセージは仔牛、豚肉、牛肉の3種類から選べ、さらに好みでマスタードやケチャップをかけてもらうことができます。寒い中待った甲斐あって、本場のドイツビールを片手に、焼き立ての大きなフランクフルトとザワークラウト入りのホットドッグをみんなニコニコしながら頬張っています。これを毎年楽しみにしているフィレンツェ市民はたくさんいることでしょう。

そして、その隣に並ぶ子豚の丸焼きの露店もお勧めです。子豚の丸焼きを薄くスライスしてパンに挟んだだけのシンプルなサンドイッチですが、「ホットワインと一緒に食べるんだよ」と子豚を切り分けながら、ドイツ語アクセントの英語でおじさんが教えてくれます。アドバイスに従ってホットワインと一緒に食べると、豚の素朴な味にピリッと口の中に残るスパイスの風味が混ざってより食欲を誘う上、体の中から暖まるのを感じます。イタリアでも子豚のサンドイッチは見かけますが、ホットワインと一緒に食べるというのは新しい発見でした。寒い地方ならではの工夫なのですね。

このマーケットが行われているサンタ?クローチェ教会といえば、フィレンツェの観光名所の一つとして有名ですが、来年からは場所を移して開催されることが決定しました。ファンの多いイベントですから2014年からも継続して行われることにはなっていますが、長年続いたサンタ?クローチェ教会広場での最後のクリスマスマーケットとなります。

今年は11月26日から12月23日まで、毎日午前10時から午後8時までオープンしています。この時期にフィレンツェを訪れることがあれば、定番の美術館?教会めぐりやショッピングだけでなく、このクリスマスマーケットにも足を向けてみてはいかがでしょうか?地元のイタリア人に混じって、散歩気分で気軽に立ち寄ってみて下さい。街の中心にも近いため、ブラブラと歩いているうちにあっと言う間に着いてしまいますよ。カップルでもお一人でも、もちろん家族連れでも、いつもとは少し違った、この時期ならではの旅の思い出を作ることができることでしょう。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る