ミラノニューイヤー

【祝日・記念日・年中行事】ニューイヤーについて【イタリア】

海外旅行 イタリア  海外旅行 イタリア  海外旅行 イタリア  海外旅行 イタリア  海外旅行 イタリア 

新年おめでとうございます。

大晦日から年明けにかけて、どのように過ごされましたか?

イタリアでの伝統的な年越しの過ごし方は、大晦日は家やレストランでチェノーネをし、街の広場でのカウントダウンで盛り上がり、翌1月1日はお昼近くまで朝寝坊することでしょうか。

「チェノーネ(cenone)」とは、イタリア語で「夕食」を意味する「cena」がより盛大になったもの、つまり大晩餐のことで、主に大晦日の大晩餐を表す時に使われます。

レストランでは完全予約制でチェノーネのコースメニューを用意し、午後9時頃から前菜3品、プリモ2品、セコンド2品に付け合わせ野菜、ドルチェ2品と、深夜にかけてすごい量のお料理を食べます。もちろん、食事とともにワインも提供されます。

食後のコーヒーを飲み終わった頃に真夜中を迎え、スプマンテで「ブオン?アンノ?ヌオーヴォ(buon anno nuovo、新年おめでとう)!」と、カウントダウンの乾杯をします。

これはレストランでのチェノーネですが、各家庭でも同じようなメニュー構成です。

いずれにしても、クリスマス同様、家族や親しい人が集まって、時間をかけて一緒に食事をすることを重視する、食の国の風習です。

イタリアの食文化であるこのチェノーネですが、クリスマス一週間後の再度の大晩餐とあってか食事の量を控える人が多く、レストランでもプリモ1品、セコンド1品、ドルチェ1品とコンパクト化が進んでいるようです。さらに昨今の景気の悪さのために、チェノーネそのものを割愛する傾向もあります。

家で家族とともに軽い食事でチェノーネをして、カウントダウンは友達と街で、と両方楽しむ強者もいますが、旧年を締めくくり新しい年を祝うチェノーネの習慣は、ぜひ継続していってもらいたいものです。

伝統的なチェノーネを準備するレストランの中でも、人気の店では、メニューも決まっていない11月にすでに予約が満席となっているところもあります。ほとんどのお客様は旅行者、という店も多いようですが、年末にイタリア旅行をすることがあれば、大晦日限定のチェノーネを目的の一つにしても面白いかもしれませんね。

フィレンツェでのカウントダウン、その瞬間を待つ間、街の大きな広場ではジャズ、クラシック、ゴスペル、人気歌手のコンサートなど、ライブ演奏があちこちで行われていました。そのためもあってか、昨年の大晦日から元旦にかけてのフィレンツェ中心街の人出は15万人と言われています。

午後10時すぎには、街は人でいっぱいです。チェノーネは省略しても、街の広場でのカウントダウンは大晦日のイベントとして欠かさない人は多いようです。家族やカップルで、若い人たちは友人グループで楽しそうに街中を散策したり、コンサートが始まるのをお喋りしながら待ちます。

昨年の大晦日コンサートの目玉は、フィレンツェ中央駅前で行われた、マックス?ペッツァリ(Max Pezzali)というイタリアの人気シンガーソングライターのコンサートです。全面車両通行止めにした駅前の広い敷地いっぱいにファンが溢れていました。午後9時半から始まったコンサートですが、午後7時には場所取りの人々ですでに身動きのできないほどの人気で、カウントダウンの瞬間にはフィレンツェ市長もノリノリでステージに上がり、スプマンテの栓を抜きました。

毎年恒例のクラシックコンサートは、市庁舎のあるシニョーリア広場で行われ、ウクライナの交響楽団の演奏で、オッフェンバックの「天国と地獄」で幕を開けました。

深夜0時にそれぞれの広場で「アウグーリ(Auguri、おめでとう)!」の声が上がり、市内の広場という広場で打ち上げ花火が上がりました。

街に繰り出した人々は、花火の余韻に浸りながら午前2時、3時頃まで街を散歩したりバールでコーヒーを飲んで話し込んだりと、思い思いに過ごします。そして明け方近くにベッドに潜り込み、お昼ごろまで朝寝をします。一夜明けたら、昨夜の喧噪が嘘のように、しーんと静まり返った街に戻ります。

日本とは趣もコンセプトも違うイタリアのお正月。日本のように三ヶ日もないため、厳粛な気分になることもなく、少しハメを外した大晦日と寝不足の1月1日、というところでしょうか。食べて飲んで喋って、楽しく賑やかに新年を迎えるイタリア、陽気なお国柄がよく現れていますね。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る