イタリア イベント サローネ

ナヴィリオ運河に近い人気地区、トルトーナのフォーリサローネ[イタリア]

今ひとつはっきりしないお天気の4月8日、ミラノサローネ国際家具見本市(Milano Salone)とフォーリサローネがはじまりました。曇空でちょっと蒸し暑い中、街を歩けばノースリーブとサンダルの人とロングコートを羽織った人が入り交じり、また人とすれ違えばイタリア語と英語、その他の言語での会話が耳に入ったりして“何だかいつものミラノと違うぞ”っと実感してしまいます。前回フォーリサローネの事を少し紹介しましたが、今回は観光で回っても楽しいナヴィリオ運河に程近いトルトーナ、サヴォーナ地区のフォーリサローネを紹介します。

トルトーナ・アラウンド・デザイン。ここだけで158ものイベント!

 

今回158ものイベントが開催されるトルトーナ、サヴォーナ地区。今年からこの地区のフォーリサローネは新たに“トルトーナ・アラウンド・デザイン”としてぎゅっとまとめられ、ホームページも登場し充実度も注目度も共にUP。個性的な店やレストランなどが集まり普段でも若者が集うちょっと雰囲気のあるスポットなだけに、毎年どこよりも遊び心を感じる展示、挑戦的な展示が集まります。展示目当ての人は必死に会場から会場へと渡り歩くのですが、夕方はそうでない人も特設のバーや屋台、レストランやバールのハッピーアワーに集まり本当に賑やか!とにかくサローネ期間中は一日中、朝から晩まで人が絶えません。

ポルタジェノヴァ駅(Porta Genova)から人の流れに従い、国鉄駅横の歩道橋を渡ると橋の至る所に展示のポスターや案内の矢印が。期待でグングン上がるテンション、逸る気持ちを押さえつつ、歩道橋の階段を下りきればそこはもうお目当てのトルトーナ通りです。


フォーリサローネのメインスポンサーであるASUS(エイスース)も“OUR TOUCH OF LIFE”というタイトルでこの地区に出展。巨大な渦巻きのような円の前に立つと、それが色を変えながらゆったりと動き変化して行くインタラクティブアートが会場に設置され、パソコン、携帯と人の関係を体感できる様な空間作りに感心させられます。隣には“PEUGEOT DESIGN LAB”が。プジョーというとフランスの歴史ある車メーカーですが、ここでは予想していなかった展示、プジョーデザイナーの力量を見せつけられ、一度入ると相当な時間を費やされてしまいます。メインはプジョーの新しいスーパーカーと同じ名を持つsofa ONYXというカーボンとボルヴィックの溶岩を使ったソファー。素材そのものの存在感を見せながらも家具として機能するデザイン、家具と言うよりも彫刻作品と言える作品。そしてPleyelは優美ながらも現代的なメリハリのあるフォルムが印象的なグランドピアノ。会場では間近でプロのピアニストによる演奏も聞く事ができました。

ダウンジャケットで日本でも知られているTATRASの展示もトルトーナ通りと繋がるブガッティ通りのショールームで見られ、ジャケットではなく衣料を展示するためのショーケースとしてのFlycaseやベッドカバーやソファーを展示。東洋アンティークの価値を落とさず更にデザイン性を高め、世界に一つしかない美しい家具を造り出すZael、旧大麦コーヒー工場をクリエイティブスペースとして再利用したSpazio setmani内のステラ・マッカートニーで開催された“INTO THE FOREST”では、竹林の中を通って会場へ辿り着くという趣向で若い9人のデザイナー作品を正に発見しに行く気分に。また、東京デザイナーズウィークのイベント“TOKYO IMAGINE”や、車の内装デザインで培われたデザイン力と素材を活かし、独特な住空間を提案するトヨタ紡織の出展など、メイド・イン・ジャパンでありながらサローネに来なければ見られない展示イベントも注目を集めていました。

 

今回筆者は半日駆け足でトルトーナのみを回りましたが、とても全て網羅する事はできません。ここに紹介した展示も本当に微々たるサローネの一部。できればトルトーナにもう一日、そして他の地区(歴史的な建物を会場に使用した展示などいつも興味をそそられるブレラ地区や、サローネの特別展が毎回集結するトリエンナーレ・デザインミュージアム、2010年からはじまり特に若いデザイナーの出展が印象深いヴェントゥーラ・ランブラーテ等々)の展示にも足を運びたい所。しかし観光を兼ねてサローネ期間中にミラノを訪れたなら、どうか疲れ過ぎない様に!サローネの雰囲気を楽しんだら夕日に染まるナヴィリオ運河を見ながらちょっと一息。運河沿いの名店で夕食前のひととき“アペリティーボ”をぜひ楽しんでくださいね。
2015年のミラノ国際家具見本市とフォーリサローネは4月14日?19日の開催予定。その後、5月1日からはいよいよミラノEXPOが開幕!来年のミラノの春は息つく暇もなく過ぎて行きそうです。

Tortona Around Design(TAD)
http://www.tortonaroundesign.com/
https://www.facebook.com/tortonaroundesign

cosmit Salone del Mobile.Milano
http://www.cosmit.it/

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る