海外旅行 イタリア

ところで海外の結婚式って?イタリアのカップルは結構現実的。[イタリア-ミラノ]

海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア

ジミ婚がかなり世間に浸透して来たというものの、やっぱり憧れる海外ウェディング!ヨーロッパでのウェディング人気も未だ健在で、イタリアの歴史溢れる街並や教会での挙式を夢見て日本から来伊されるカップルもいると聞きます。ではそのイタリアのカップルはどんな結婚式をするのでしょうか?

スタンダードな教会式に対し、増える市役所での式。
カトリックの国なので、結婚式はやっぱり教会!と思ってしまいますが、お互いの宗教が異なったり、教会をそれ程意識していないカップルも多い昨今、教会式を選ばない、あえて好まない場合もかなり多くなっています。プロポーズについてもイタリア人なら、もうものすっごい熱烈なメッセージで…と想像を膨らませてしまいますが(もちろんそういう方も…)、同棲してから、もしくは家族同士の付き合いになってから長い時間を置いて結婚するカップルが増え、「子供ができた」「そろそろ子供が欲しい」「経済的に安定してきた」「彼の転勤をきっかけに…」など、人生においてそれが必要な局面を迎えた結果、結婚と言う決断に至るという、ものすごく現実的なカップルが多くなった様に思えます。「な?んだ」と拍子抜けしてしまった方のために、ちょっと現実的になっちゃったイタリアとはいえ、日々の愛情表現や相手の誕生日、結婚記念日や各種記念日を何年経ってもしっかり覚えて相手にプレゼントを贈ったり、きちんとお祝いする人が日本よりもダントツに多い事を一言付け加えさせて頂きます。

さて、そんなカップルが選ぶ一番シンプルなウェディングが“市役所”での民事婚。結婚式を教会で挙げないと決めたとしても、正式に結婚をするためには役所での手続きは避けて通れませんし、イタリアでは“式”を挙げなければ結婚したことにはならないので一カ所で全てが済むならそれが一番。まず結婚を当人同士が決め、書類にサインしただけでは正式な結婚には至りません。結婚の公示と言って、8日間市役所のホームページにある オンライン掲示板(Albo Pretorio)に結婚を希望するカップルの名前等の情報が掲載され、その時点で第三者が異議を唱えれば成立しない事だってあり得ます。(以前は市役所前の掲示板に公示がされましたが、最近変わった様です。掲示期間も短くなりました。)この期間+待機4日をクリアしたらやっと結婚式の日程を決めるために必要な書類を手にする事ができます。ちなみにこの書類の有効期限は180日です。ミラノの場合、式場は市役所の目の前にあり、ミラノ大聖堂に向かって右側に位置するPalazzo Realeとなり、所定の日時内であればミラノ市民は無料で式を挙げる事ができます。それ以外の希望時間や曜日でも、市民の場合は96ユーロと格安!他にもミラノの中心部から若干はなれた所に数会場、式を挙げられる場所があるそうで、どれも結婚式に相応しい立派なホールを有する建造物です。(※2014年5月時点の情報)

この市役所での式の場合は、契約書類の締結式といった色が強いので、時間も短くウィディングドレスを着る必要もありません。ですので、それぞれその後の結婚披露パーティーや新婚旅行、又は新生活に力と予算を注ぐ事ができる訳です。

6月はジューンブライド。春はやっぱり結婚シーズン!
6月はローマ神話の女神、愛と結婚、そして出産の守護神であるユノ(※)の月です。この月に結婚する花嫁は、ユノの加護を受けて幸せになると言われており、6月のカップルは海に山にと沢山旅に出る幸運に恵まれるという迷信もあります。そして何より暑すぎず寒すぎず快適な気候ですし、小学校等子供達もこの月はほとんどもう夏休みに入ります。そんなちょっと早めのバカンス気分が漂う6月は、やっぱり結婚にピッタリのシーズン。6月にイタリアに来られる方は、週末に教会の前を選んで通ってみてはいかがでしょう?幸せなカップルに出会う確率がとっても高いので、観光ついでに幸せのお裾分けをもらえちゃいそうですね。

※ユノ、ジュノー(Juno)は、イタリアではジュノーネ(Giunone)と呼ばれています。6月はジューニョ(Giugno)と言い、この月の名は女神ジュノーネから来ているとの事。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る