サンダルイメージ

日本では常識なのに、イタリア人はビックリ!これってマナー違反?![イタリア]

慌ただしいツアー観光では、歴史スポットや大都市を巡ることで精一杯。なかなか気付かず通り過ぎるのみなのですがイタリアって実は火山国。ローマやトスカーナ、そして北イタリアにも数多くの“温泉”があるのです。今年第二弾が上映された日本映画で、古代ローマの公衆浴場については既に多くの方がご存知かと思われますが、イタリアの天然温泉なんて聞いただけでもう興味津々…機会があったら絶対行ってみたい!でも行く前にはぜひ持ち物チェックを。手ぬぐい一つで気軽に出かけられる日本の温泉や公衆浴場とは、やっぱり感覚が違うのです。

温泉はプール感覚。そしてイタリア人が怖がる“きのこ”とは?


イタリアの温泉(テルメ)には日本と同じ様に、療養のために長期滞在する湯治客や、優雅に寛ぎ日頃の疲れを癒す事が目的の観光客が年間を通じてやってきます。それだけに高級リゾートの風格を備えたホテルが“湯船”というよりは“プール”と言った方が正しい施設を提供している様な所が多く見られます。プールですので、水着なしで温泉地に行くのはまずNG。プライベートな浴室を提供している温泉等もありますので、水着無しでもいける場合もあるそうですが水着着用が基本と心得て出かけましょう。
そして、入浴料にバスロープ、タオル、スリッパ(サンダル)の提供もしくは貸出しなどが含まれている所もありますが、そうでない場合もあります。水着に加え、タオル、サンダル、本格的なプールであればスイムキャップなども持参するべき。温泉地に出かける前にはぜひ、ホームページなどで入場条件をチェックする事をお勧め致します。

ところで、イタリア人が日本で純和風の旅館に宿泊する際、かなりな確率で戸惑うものがあります。…それは“ビニール製のスリッパ”です。あのスリッパを素足で履いている人を見たりするともう恐ろしくてゾゾッとするそう。何がそんなに怖いのか?と聞いてみるとそれは“フンギ(Fungi:きのこ)”が移ったらどうするのか…と。感の良い方はもうピンと来たかもしれませんがこの“きのこ”とは、水虫の事。イタリア人(に限った話ではないかもしれませんが)は足の衛生状態に非常に敏感なのです。それだけにプールサイドでもギリギリまで素足にならない人が結構いますし、プールに行く時は絶対サンダルを持って行くものだと思っている人が大半。市営プールなどでも水着、スイムキャップ、サンダルの3つは必ず着用の事と書かれている様子。日本人にとって、少なくとも私が日本で行った室内プールでは、サンダルを持って行かなくても入れてもらえなかったという経験はありませんし、日本の温泉に行った時も浴場の入り口でスリッパ、もしくは靴を抜いて素足で脱衣所に入った事を記憶しています。しかし、イタリアではなるべく人前で“裸足”は避けた方が無難かもしれません。そしてプール風の温泉に行く時には、忘れたってたいした事無いと思いがちな“サンダル”を、お忘れなき様!

海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア 海外旅行 イタリア

ちなみに一つ例を挙げてみましょう。北イタリア、ミラノから車でひたすら走って4時間程(鉄道とバスでも行く事ができます)の街、ボルミオ(Bormio)は歴史ある温泉地。避暑地として、またウィンタースポーツのメッカとしてとても有名な街です。街には旅人の喉を潤す湧き水の水飲み場が点在し、山歩きの途中でふと手を浸したせせらぎの水がほんわりと暖かかったりもするので、自然の中で寛ぎながら本当に元気を取り戻せる様な気分にしてくれる素敵な所です。
さて、ボルミオには一世紀に作られたローマ風呂や、洞窟でのサウナや露天風呂など雰囲気たっぷりなバーニ・ベッキ(Bagni Vecchi)、あらゆるタイプの温泉やサウナ、打たせ湯などが広い庭や半地下のトンネル状通路のユニークな施設で楽しめるバーニ・ヌォービ(Bagni Nuovi)という、高級リゾートホテルに宿泊しながら入浴できる2つの総合温泉施設に加え、ボルミオ・テルメ(Bormio Terme)という家族で日帰り等、ちょっと気軽に温泉、プール、サウナやエステ等を楽しめる施設があります。肝心の持ち物をみてみますと、ヴァーニ・ヴェッキとヴァーニ・ヌォービの入浴料にはバスロープとタオル、スリッパが込みと書いてあります。ただ一つ、“水着だけは必ず持って来て下さい。”と、ここだけが太字で書かれています。と言う事はやっぱり水着を忘れて来るお客さんがいるって言う事?!ボルミオ・テルメは温水プールの方では水着とスイムキャップ着用が義務、バスロープとタオルの“貸出し”が有料であります。サンダルについては書いていないけれど持って行った方が無難。売店がある様なので、何か忘れても購入できそうですよ。

参考サイト:
Bagni di Bormio Spa Resort(Bagni VecchiとBagni Nuovi) http://www.bagnidibormio.it
Bormio Terme http://www.bormioterme.it/

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る