編集_トップ写真

【海外生活アドバイス】海外に住んで思う、あると便利なもの【メキシコ】

 

編集_トップ写真私のメキシコ生活も今年で7年目に入りました。以前は英国に4年間滞在していたこともあり、海外生活も随分長くなりました。最初は戸惑いの多い海外生活も時間と共にそれなりに現地の習慣に慣れてきて、少しずつ心地よくなってくるものです。最近は多少のことは仕方ないかと多くのことに目をつむるようになってきましたが、それでもこちらに移住してすぐの頃は日本にしかない便利な物が恋しくて仕方ありませんでした。では、私が思う海外生活で必需品となる日本の便利な物をいくつか書いて見ます。

 

キッチンの必需品

キッチンで何かと必要になるのがサランラップですが、ここメキシコには日本のような良いサランラップがほとんど売っていません。日本のサランラップは後で押さえてきれいに切れるタイプのものがほとんどですが、こちらで売られているのは日本で20年前くらいに売られていた切るとすぐにくっついてしまうタイプのものばかりです。サランラップは何かと使う機会が多いので、すぐにくっついてしまうこちらのサランラップにいつもイライラしてしまう為、これは日本の家族に荷物を送ってもらう時、必ず一緒に送ってもらうアイテムの1つです。

メキシコで売られている質の悪いサランラップ

メキシコで売られている質の悪いサランラップ


熱が出たらやはりこれ!

私が日本の家族に送ってもらうもう1つのアイテムが、風邪を引いて熱が出た時に非常に便利な冷却シートです。これはメキシコだけではなく、おそらく他の国にも売っていないだろう日本の便利グッツです。熱が出た時にこちらではどうするかと言うと、濡れタオルを使用したり、氷を袋にいれて使用したりします。これらは寝返りを打つとすぐに落ちてしまうのであまり便利ではありません。海外に長期滞在予定の方で、特にお子さんをお持ちの方は必ず役に立ちますので是非持って行ってほしいと思います。

風邪薬は沢山扱っているのだが。。

風邪薬は沢山扱っているのだが。。

 

日本人ならやはり恋しくなるもの

私は基本的にそこまで日本食にこだわってはいません。海外生活の中で、長い間日本食を食べない時期もありました。そんな私でもやはり時々無性に食べたくなるのがさっぱりした日本食です。英国、ロンドンに滞在していた時は市内に日本食品店がいくつもあり、日本の食材はほとんど手に入っていましたのでさほど困りませんでした。ですが私の現在住む町は小さく、日本の調味料が手に入るお店は市内に1つしかありません。しかも売っているのは醤油、味噌、だしの素、みりん、豆腐などだけです。しかも日本の値段と比べると2倍、または3倍高くなります。

日本食を売っている店“DAC”

日本食を売っている店“DAC”

また、日本食にはお米は欠かせませんが海外へ移住するとお米を炊くのも一苦労になります。私は炊飯器は持っていますがアメリカ製のもので、また日本米を使っているわけでもないので、炊き上がりは全然お米がふっくらせず、底がこげてしまいます。結局お米を炊く時は鍋を使って炊いているのですが、お米にこだわっている方は日本のお米、日本製の炊飯器がきっと恋しくなるのではないでしょうか。

 

海外にはない非常に便利なもの

欧米には決してなく非常に便利なものが、洗濯グッツです。日本では当たり前のようにある物干し竿ですが、海外には無く、通常洗濯物を外に干すときはロープを使用して洗濯物を干します。ロープはすぐにたるんでしまうし、ハンガーを使用する時はロープの中に通さなければならないし、なかなか不便です。また日本には洗濯ばさみが沢山ついたものや、ハンガーが沢山ついているシャツを干せる便利な物干しグッツがありますが、海外には全くありません。

ロープを使って洗濯物を干す

ロープを使って洗濯物を干す

 

やはり日本人の1つ1つの事に関してこだわりを持ち、追求する精神はすごいと思います。質の良く便利な日本製品はどの国に行っても人気です。海外で生活してみると日本の便利さや日本の習慣などを改めて実感することができます。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る