f98728eb0f6e4b416d73d0955dda44f6

【暮らし・住まい】メキシコのお墓参りとお墓事情【メキシコ】

 

編集_メキシコのお墓参りトップ写真日本には一年に二回、秋と春にご先祖様のお墓参りをする習慣がありますが、私の住むメキシコではその習慣は 一年にたった一回だけになります。その日は、“ディア・デ・ロス・ムエルトス”(Dia de los Muertos)と呼ばれ、毎年10月31日、11月1日、そして2日の期間中にはお墓に行く他にも様々な行事が行われます。今回は、その期間中にお墓で行われる行事について、またあまり聞くことのないメキシコのお墓事情についてお話します。

 

地域によって祝い方は違います

ご先祖様が帰ってくると信じられている“ディア・デ・ロス・ムエルトス”は、実は植民地時代以前のアステカ王国の時代の習慣がもとになっています。その習慣が後にローマンカトリックの教えに影響され変化したのが、現在私達が見ることのできる“ディア・デ・ロス・ムエルトス”の様々な行事です。ですが、現在でもこの期間を植民地時代以前の様にお祝いする地域もあれば、村中の人がお墓に集まり一晩中寝ずにその日を祝う地域もあるので、祝い方は地域によって異なります。
編集_メキシコのおハカ参り 写真1

日本と同じでお墓をきれいに掃除して、お供えをします

11月1日に、人々はご先祖様のお墓へ行きます。なぜかというと、この日は子供の時に亡くなったご先祖様のお墓を洗って、きれいに掃除してからお墓の色を塗り直し、お供えをして彼らの魂を称える日だからです。お墓には家の中に飾られる祭壇と同じように、お花やキャンドル、この日に特別に食べられる甘いパン、また亡くなった家族の好きだった物もお供えします。
11月2日、この日は大人として亡くなったご先祖様のお墓を同じ様に洗ってきれいにし、色を塗ってからお供えをします。またこの日に供えられるお花は、美しいオレンジ色と黄色のメキシコのマリーゴールドです。マリーゴールドはメキシコでは日本の菊のように、お墓にお供えする代表的な花として知られています。
編集_メキシコのお墓参り 写真2

お墓ではピクニックをします

さて、11月2日には、実は人々はちょっとしたピクニックのような感覚でお墓に向かいます。この日はお墓に食べ物や飲み物を持って出かけ、ご先祖様を思い出し、楽しい時間を過ごして祝うというのが一番の目的になります。共同墓地の入り口には多くのベンダーが食べ物や飲み物を売りに来るし、マリアッチだって来て陽気な音楽で大いにその日を盛り上げます。

 

メキシコのお墓事情

日本では、亡くなったら先祖代々のお墓に入る、女性は結婚したら夫の家族のお墓に入るというのが一般的な考えだと思いますが、メキシコはどうなのでしょうか?私も気になって以前にメキシコの家族に聞いたことがあるのですが、答えは“一般的な決まりはない”ということでした。
編集_メキシコのお墓参り 写真3日本では火葬が一般的ですが、メキシコでは、土葬で行う人もいれば火葬で行う人もいるようです。そして、火葬の場合は遺灰を日本の様にお墓の中に入れるのではなく、お墓に付いている社に入れます。また、家族は同じお墓に皆一緒に入るという決まりはないらしく、一緒に入る場合もあるし、別々に入る場合もあるということでした。つまり“家族それぞれで異なる”ということです。また、日本のように新しいお墓を買わなければ!土地がない!などという心配もなく、こちらではお墓がなければ遺灰は家に置いておけばいいというのが一般的な考えのようです。
現代人は忙しく、お彼岸だからといって、毎回地元に帰れるわけではないと思います。実際に私もメキシコに移り住んでからは一度も日本に一時帰国しておらず、残念ながらご先祖様のお墓参りにも何年も行けないでいます。日々の生活に追われて、時間が慌しく過ぎる中でこのように年に一、二度、ご先祖様のことを思い出し、敬意をはかる習慣があるというのは、とてもいい事ですね。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る