bad47b85dcbf1181f64a2d46c9950701

【グルメ・ドリンク】食欲の秋、メキシコで秋に一番美味しい食材【メキシコ】

 

編集_食欲の秋 トップ写真日本の秋は美しいですね。涼しくなり始めて夏の終わりを感じて、なんだか秋になるといつも少し寂しい気持ちになっていたのも思い出します。さて、日本では“読書の秋”や“スポーツの秋”また“食欲の秋”とよく言いいますが、秋は色々な食べ物が美味しい時期です。日本ではマツタケやクリ、または秋刀魚などが旬の食べ物ですが、メキシコではまた違った食材が秋の味覚としてあがります。

 

かぼちゃ

メキシコの秋の味覚と言えば、一番はかぼちゃです。10月のハロウィン前になると小さいものから大きいものまで黄色いかぼちゃがどこの店にも並びます。かぼちゃはビタミンAが非常に豊富で、含まれているベータカロチンには免疫力を高くし、がん予防、冷え性、体力回復、風邪予防にも効果があります。メキシコでは、かぼちゃをクリームスープとしてよく食べる他、かぼちゃの花もスープにして食べたり、炒めてトルティーヤと一緒に食べたりします。また、黒砂糖と一緒に茹でて作られる伝統的な“かぼちゃキャンディー”も有名です。
編集_食欲の秋 写真1

さつま芋

さつま芋は日本でも秋に良く食べられる野菜ですが、メキシコでもさつま芋は秋が旬で1年で1番美味しい季節になります。さつま芋は知られている通り、食物繊維が豊富で便秘解消の効果があります。また多く含まれているビタミンBは代謝アップに効果的で、またビタミンCはなんとりんごの7倍も含まれています。更ににきびや口内炎の予防にも効果的で、含まれている成分のカリウムはストレス改善にも効果的だそうです。
編集_食欲の秋 写真2なんともいい事だらけのさつま芋ですが、メキシコでは、カモテ(Camote)と呼ばれ、日本と同じようによく“焼き芋”として食べられています。私の住む地域の焼き芋のおじさんは、平日は他の仕事をしているらしく週末の夕方にしかやって来ませんが、煙突の先には小さな笛をつけて、それが熱くなるたびにピー、ピーという音をだし、その音がカモテが来たことを知らせてくれます。こちらは焼き芋だけでなく、バナナを焼いたものも一緒に売っています。こちらでは、焼いたさつま芋とバナナはサワークリーム、またはコンデンスミルクをかけて食べます。どちらもちょっとしたデザートになってとても美味しいです。
編集_食欲の秋 写真3

ビーツ

ビーツは日本ではあまりなじみのない野菜のようですが、大きなスーパーなのでは輸入品として缶で売られていたりするのでしょうか。メキシコではよくサラダで食べられているのですが、この野菜は“かぶ”の一種で外側も中身も綺麗な赤紫をしていて、特に中は非常に綺麗な紫をだしている野菜です。茹でてから皮をむいて、こちらでは刻んで塩とレモンをかけて食べたり、刻んでからりんごと一緒にココナッツクリームと混ぜて食べたりしています。この野菜は“奇跡の野菜”と呼ばれていて、ビーツに入っている成分は血液の流れをよくし、また血管自体の筋肉をしなやかにする作用があります。また、含まれている赤い色素の成分である“ベタシアニン”には強い抗酸化力があり、これはがん予防に効果的だそうです。
編集_食欲の秋 写真4

 

メキシコで売られている梨は、通常黄緑色か、茶色の西洋梨です。スーパーによっては日本で売られている梨もアジア産の梨として売られていますが、西洋梨に比べ倍ほどの値段になります。さて、梨は80%が水分で、りんご酸、クエン酸を多く含み、疲労回復に効果のある果物だそうです。また、これは私も初めて聞いたのですが、慢性の咳や息切れ、気管支炎などの予防効果に非常にいいそうです。

私はビーチリゾートに住んでいることもあり、日本のように美しく変化する四季を感じることができないのが非常に残念なのですが、日本の皆さんは秋が旬の食材と一緒に季節の移り変わりを感じることができて、とても羨ましいです。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る