暑さをしのぐ トップ写真_logo

夏バテを避けるためにメキシコ、ユカタン半島の人たちがしている工夫

暑さをしのぐ トップ写真_logo

日本の夏は短いものの、湿気のある暑さなのでとても暑く感じますね。
特に東京の夏はビルからくるエアコンの熱い風とアスファルトの熱で、昼間外を歩くと、まるでオーブンを開けた時の空気を浴びているかのような感覚になる時もあるかと思います。
そんな厳しい夏では誰もが夏バテになってしまうのは当然かもしれません。

さて、著者の住む場所はメキシコのカンクン近くカリブ海のとても美しい場所ですが、この地方は1年のほとんどが日本の夏のような状態です。
でも驚くことにエアコンを持たない家庭も多くあるんです。
経済的にエアコンを買う余裕がない家庭もありますが、エアコンよりも扇風機の自然の風が好きという理由でエアコンを使わない人もいます。
では、彼らはどのようにしてより涼しく過ごす工夫をしているのでしょうか?

暑さをしのぐ 写真1_logo

■扇風機、シーリングファン

エアコンを持たない家庭はもちろんのこと、エアコンを持つ家庭も扇風機と兼用して使うお家がほとんどです。
またほとんどの家には天井にシーリングファンがついているので、エアコンがなくてもシーリングファンと扇風機を使えばそれだけで十分風が通るので窓を全開にして風通しをよくすることで涼しく過ごすという人も結構いるんです。
またエアコンのないお家では扇風機を1部屋に2つまたは3つ使って同じように風通しを良くして、暑さをしのぐ家庭もあります。

■ハンモック

ハンモックは日本でも最近人気が出てきているのでしょうか?
実はハンモックの発祥の地はメキシコなんです。
約1000年ほど前にマヤ人が作り出したものと言われていますが、現在でもこの地方では、昔のマヤ人のようにハンモックで寝る人がます。
もちろん昔からの習慣で彼らは今でもハンモックを使っているというのもありますが、ハンモックで寝るととても涼しく寝られるのも大きな理由の1つなんです。

暑さをしのぐ 写真2_logo
背中が接する部分がベットのように背中全面ではないので、背中にも空気が通るからです。
この地方の多くの家にはすでに壁にハンモックをかけられる大きなフックが備えつけてあります。
それほど、多くの人がハンモックを使用しているんですね。

■涼しくなる夕方からは外で過ごす

さて、以前にもお話ししましたがこちらの人々が日差しの強い日中には外出することを避けます。
用事のある時はなるべく早い時間か、夕方まで待ってから。
このようになるべく暑さを避けるのも夏バテや熱射病を防ぐためにまずできることです。
夕方の涼しい時間になってからは、その涼しさを利用して外でずっと過ごす人も少なくありません。
エアコンのない家庭や、扇風機派の家庭では、部屋の気温よりも外の気温が低くなったらお家の庭に椅子を出して外でのんびりと過ごします。
また、外で夕食を食べる家庭もあります。
気になるのは夕方の6時から8時頃に一番多く現れる蚊です。
それさえ気にならなければ外で夜にご飯を食べるのも涼しいし、なんだかキャンプみたいで楽しそうですね。

暑さをしのぐ 写真3_logo

■ココナッツの水

夏の暑さには水分補給がとても大事。
こちらの人々がよく飲んでいるのが、お水以外にココナッツのお水、イオン水、そしてフルーツのお水です。
またアグア・デ・ハマイカといる「ハイビスカスティー」もよく飲まれています。
実はハイビスカスティーはメキシコだけでなく南米やタイ、アフリカなど他の多くの国でも飲まれているんです。
ハイビスカスに含まれているクエン酸は疲労回復に効果があるので、世界の暑い国々で飲まれている理由がわかります。
ティーといっても冷たくして飲むので、フルーティーでかなりリフレッシュできるからおススメです。

こちらでは乾燥のハイビスカスから作りますが、日本でもハイビスカスティーがパックで売っているはず。
もし見つけたら是非濃いめに出してお砂糖を入れて、冷やしてから飲んでみてください。
夏の疲れやだるさがとれますよ!

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る