編集_00

【暮らし・住まい】この夏、ワルシャワのオススメはビスワ川周辺【ポーランド】

 

編集_00夏は海や山へ出かけるのが一般的ですが、ワルシャワは国土の中心よりやや東に位置していて、バルト海まで約350km、タトラ山脈があるチェコやスロバキア近くの山まで約450kmと、気軽には行けません。そこで筆者がオススメするのがワルシャワの中心を流れるビスワ川周辺です。今まで殆ど手付かずの自然が残る川岸でしたが、ここ数年で整備され、人々が集う場所に変化してきました。今までアクセスがいまいちで、旅行者にはあまり注目されませんでしたが、今年3月にメトロの第二ラインが開業し”Centrum Nauki Kopernik駅”は川の真横で、とても行きやすい場所になりました。そんなビスワ川周辺をワルシャワに旅行へ行かれる方にご紹介します。

 

編集_01コペルニクス科学センター(Centrum Nauki Kopernik)の庭園

2013年にオープンしたコペルニクス科学センターは当初入場するのに何時間も並ばなければなりませんでしたが、現在はインターネットでチケットを事前購入できるようになり、便利になりました。現在でも人気があり、週末にふらりと行って入ろうとしても、混んでいて入場制限していることがよくあります。興味のある方はチケットの事前購入をお勧めします。科学を体験しながら学べ、大人から子供まで楽しめる場所です。
編集_02残念ながらコペルニクス科学センターに入れなかった方や、あまり時間がない方にお勧めなのが、屋上庭園と周辺の散策です。科学センターを正面に見た場合の右側にスロープ状の上り口があり、そこを何度も折り返しながら上ると屋上庭園に到着します。
広々とした屋上からビスワ川を眺めたり、きれいに植えられた植物を眺めるのもいいでしょう。また科学センターの屋上らしく、チューブ状の筒で話すと、遠く離れた2箇所の人と会話ができる装置があり楽しめます。それから、屋上から下る途中には科学センターの中の様子が見れる場所があります。昔、日本で人気だった「電流イライラ棒」の様な装置があって、大人が真剣に遊んでいました。
編集_03コペルニクス科学センターの右側の庭には屋外で楽しめる装置がいくつかあります。パラボラアンテナ状の壁が2つ離れてある場所では、壁の1つに話しかけると、もう1つの壁で音が聞こえ会話が出来ます。また手を水で濡らして黒い石を擦ると音が出るものや、足で四角いボタンを踏むと音楽が楽しめるもの、パイプに向かって声を出すと、大きさや音質によってパイプが浮き上がる装置などです。建物の左側の庭には「顔出し看板」が数種類あって、観光地に行くとつい看板に顔をはめてしまう人にお勧めです。入場しなくても周辺だけで楽しめるのがいいですね。
編集_04Centrum Nauki Kopernik:http://www.kopernik.org.pl/

 

おススメはお洒落な「船上カフェ」

今まで夏の間だけ登場する船上レストランはありましたが、去年ぐらいからおしゃれな船上カフェが登場しました。今ポーランドでは竹の子のごとくカフェが登場していて、大変賑わっていますが、特に屋外に出された席でコーヒーを飲むのが人気です。少々寒くても外の空気と太陽を浴びれる席は、ブランケットをかけてでも座ろうとします。そんな流れで登場した船上カフェは屋根がなく、開放感あふれる場所です。今年はまだ始まったばかりなのでお客さんは少ないですが、去年は船上に収容できない程人が溢れ、川岸にもビール片手に会話を楽しむ若者が集まっていました。地元のお洒落な若者と一緒に船上カフェで楽しむのはいかがですか。
編集_05

 

新しい川べりの屋台村「フードトラック」

他のヨーロッパの都市では川岸にレストランやカフェなどの店舗があると思いますが、ワルシャワでは今まで川沿いに飲食店がありませんでした。現在川岸を公園にする工事が行われていますが、飲食店を建てる計画はありません。しかし近年は、夏場のみ川岸に仮設店舗が建てられるようになりました。この店舗は夏の2-3ヶ月だけの営業で、今年5月の時点で2-3箇所営業しています。そんな状況の中、今年初めてお目見えしたのは「フードドラック」です。これなら移動式なので簡単に店を開けます。メトロCentrum Nauki Kopernik駅から徒歩2分で、国立スタジアムの真向かいです。
編集_06巨大なスタジアムを眺めながら、ジャマイカ料理やハンバーガー、イタリア風サンドウィッチを食べることが出来ます。また、向こう岸に行きたくなったらフードトラックの横から出発する渡し舟(プロム)が無料で運行中です。2015年度は5月1日から9月6日まで運行しています。ワルシャワの流行に敏感な人たちは、天気が良いととにかく外で食事をします。レストランの食事も良いけれど、たまには屋外の屋台で食事をしてみることをおススメします。
編集_07

 

《参考》
ワルシャワ市交通局:http://ztm.waw.pl/?c=149&l=1

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る