編集_00

【イベント】3月はショパン生誕コンサート【ポーランド】

 

編集_00日本でも人気のショパンはポーランド出身のピアニスト兼音楽家ですが、ショパンの功績を称え、ワルシャワのオケンチェ地区にある空港はフレデリック・ショパン空港と名づけられています。ショパンが生まれたのは、正式には1810年3月1日ですが、実際の出生日は2月22日だと言われています。そのため、ショパンの生誕を記念したコンサートは、3月1日が最も多いですが、すでに2月22日から始まっています。今年は3月1日が日曜日と重なったので、各地のコンサートは大変賑わいました。ショパンのコンサートは大人だけではなく、子供も楽しめるように「子供のためのショパンコンサート」もあり、未来を見越したイベントに感心しています。元々ショパンが好きな方も、まだ興味がない方も、ポーランドへ来たら是非ショパンの音楽に触れていただけたらと思います。
編集_01農業中央図書館の無料コンサート

この図書館のショパン生誕フェスティバルコンサートは、2月から始まりましたが、やはり最も盛り上がるのが3月1日です。当日は4回ピアノコンサートが行われ、1回目は子供のためのショパンコンサートとなっています。毎回違うポーランド人ピアニストが演奏するので、好きな方は何回でも聴くことができます。このコンサートは全て無料です。観光地の中にあり、旅行客も行きやすい場所にあるのでお勧めです。

Centralna Biblioteka Rolnicza
ul. Krakowskie Przedmieście 66
http://chopin.smolna.org/
編集_02
ショパン博物館の子供用コンサート

ワルシャワの中心地にあるショパン博物館では3月1日にショパン生誕を記念して、子供用のコンサートが開催されました。無料ですが、予約が必要です。観光でこの博物館を訪れる方も多いのではないかと思いますが、博物館を訪れるにも、基本的に予約が必要で、もし予約が無い場合は入場できないこともあります。博物館の目の前の店にはショパン関連のお土産店があり、商品が充実しています。もし博物館に入らなくても店だけ入ることができます。
編集_03博物館の道路向かい側にあるアパートにはショパンの絵があります。あまり似ていませんが絵は大変凝っていて、まず体はフレデリックの文字から出来ています。顔と頭が分かれていますが、その分かれた部分がビスワ川を表し、顔の部分がワルシャワの西岸の地区(商業地区など)、頭の部分が東岸のプラガ地区などを表していて、全体がワルシャワの地図となっています。

Muzeum Fryderyka Chopina
Ul.Okolnik 1
http://chopin.museum/
編集_04

 

ショパンコンクール優勝者のコンサート

ショパン国際ピアノコンクールは古く、権威のあるコンクールとして有名ですが、開催は5年に1度だけです。今年はちょうど開催年に当たります。時期はショパンの命日である10月17日の前後3週間で行われ、国中が大いに盛り上がります。
1980年にショパン国際ピアノコンクールで優勝したダン・タイ・ソン(ベトナム出身)が3月1日のショパンの生誕に合わせて、ワルシャワフィルハーモニーのオーケストラと共にショパンコンサートを行いました。滅多に無い機会なのでチケットを入手するのが難しかったようです。通常ショパンコンクールの優勝者は有名になり、世界中をコンサートして周るので、ポーランド人優勝者でさえ、国内で聴くことは難しい状態です。ちなみにポーランド人優勝者はラファウ・ブレハッチで、2005年に優勝しています。

海外旅行 ポーランド 海外旅行 ポーランド

フィルハーモニーで行われたダン・タイ・ソンのコンサートは70から150ズロチ(約2,270円から4,900円)です。芸術的なものに関しては安く聴けるのがポーランドの魅力でもあります。
ショパンとは関係ありませんが、フィルハーモニーへ行ったとき、読売日本交響楽団の開催ポスターを見つけました。日の丸だったので思わず振り返ってしまいました。日本のオーケストラが遠くポーランドまでやってきます。どんな音楽を聞かせてくれるのか楽しみです。
編集_07Filharmonia Narodowa
Sala Koncertowa
ul.Sienkiewicza
http://filharmonia.pl/

 

ショパンサロンのコンサート

コンサートと聞くと、普通大きなホールで行われると思われがちですが、このショパンサロンのコンサートは小さな部屋で少人数のお客さんがいる中行われます。ピアノとの距離が近く、ピアニストの息遣いまでが聞こえる距離で迫力があります。また、小さい部屋なので暖かく、寒いのが苦手な方にお勧めです。場所は観光地の新世界通りから徒歩で5分ぐらいです。マンションの3階部分の部屋になります。
編集_08今回は3月のイベントということでお伝えしていますが、この場所は3月だけではなく、毎日午後7時半から行われる常設のサロンコンサートなので、これから旅行へ行かれる方にお勧めです。値段は50ズロチ(約1,620円)で、グラスワインとお菓子が付きます。コンサート後はピアニストや他のお客さんとも話せる機会があり、素敵な思い出となりそうです。

Salon Chopina
Ul. Smolna 14/6
https://www.facebook.com/chopinsalon
https://www.youtube.com/watch?v=HASOEg8GinE

散歩をしていたら偶然、フレデリック・ショパン通りを見つけました。ショパンに関係する場所は殆ど歩いて回れるので、調べて歩いてみると楽しいと思います。またショパンの曲をポーランドで聴いてみたい方は、3月がお勧めですが、他の月でも毎日行われるコンサートもあります。また5月半ばから9月までの毎週日曜日はワジェンキ公園で屋外コンサートが行われます。さらに今年は5年に1度のショパン国際ピアノコンクールが10月に行われることから、今年は1年中ショパンづくしです。ファンの方もそうでない方も是非ポーランドを旅してみてください。
編集_09

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る