Photo3_logo

【海外のイベント】芸術作品が5日間で灰になるバレンシアの火祭り

PhotoTOP_logo

セビージャの春祭りとパンプローナの牛追いに並んでスペインの三大祭りに数えられる

バレンシアの火祭りが、
今年も2月最後の日曜日に開始式典で幕を開けました!!

 

爆竹ショーで盛り上がるお祭りの序盤

火祭りには毎年日本からも取材陣がやって来るので、
皆さんの中にもテレビで見た方がいらっしゃるかと思います。

町中にファジャと呼ばれる可燃性の大きなオブジェが立ち、
最終日に一気に火をつけて焼いてしまうお祭りです。

お祭りが始まったと書きましたが、今はまだ序盤。
クライマックスの19日の夜まで徐々に盛り上がっていくのです。
開始式典は毎年2月の最終日曜日に開催されますが、お祭り期間は3月1日から19日までの19日間。

まずは、3月1日から連日午後2時に市役所広場でマスクレタと呼ばれる爆竹ショーが開かれます。
爆竹ショー? 何が面白いの? そう思いますよね。
私もそう思っていた1人ですが、今では期間中に何度か聞きに行きます。
広場周辺は人でいっぱいになり、5分強鳴り続ける轟音をひたすら聞くだけなのですが、
耳だけではなく体で感じる轟音がクセになるようです。
数年前、当時のフアン・カルロス国王もこのマスクレタを聞きにいらしたのですよ。

 

お祭りの由来は、なんとキリストのお父さん

今年は11日からルサファ地区のイルミネーションと
20日までの10日間にわたる闘牛の連続興行が始まります。

クーバ通りとスエカ通りに神戸のルミナリエのような光の空間が現れ、
これは一見の価値があり! 火祭りの必見スポットです。

また、若手の見習い闘牛士から名を馳せる闘牛士たちまでがバレンシアにやってきます。
クライマックスの19日には、地元バレンシア出身の一流闘牛士エンリケ・ポンセが登場します。

 

ところで、なぜ3月19日にファジャを燃やすか。
実は、この日はカトリック教会ではキリストの父親である聖ヨセフ(スペイン語でサン・ホセ)の日と定められているのです。大工だったヨセフは、昔から大工達の守護聖人として崇められています。その昔、聖ヨセフの日に大工達がいらない木片や木くずを燃やしてこの日を祝ったことが起源なのだとか。

 

町のあちこちに立つ可燃性のオブジェ“ファジャ”。その数700数十!

バレンシアには、これまたファジャと呼ばれる火祭りグループが400近くあります。
このグループが大人の部、子供の部でそれぞれ可燃性のオブジェを作り、
自分たちの持ち場に飾るので、お祭り本番になると大小800近いオブジェが町に立つことになります。
なお、実際にオブジェを作るのは、火祭りアーティストと呼ばれるバレンシアならではの職人たち。
このオブジェ“ファジャ”は立派な芸術作品です。

ちなみに大きなものの制作費はン千万円にも及びます。

 

細部をひとつひとつ見ると、歴史上の人物や政治家等の有名人もいて面白い

さて、お祭り本番は15日から。
というのも、子供の部のファジャはこの日の朝8時まで、大人の部は夜の12時までに完成した状態で設置するという決まりがあるのです。
学校もこの日からお休みになり、いたるところから爆竹音が聞こえ、バレンシアの町は火祭り一色に染まります。火祭り期間は子供だけではなく、大人までが道端で爆竹遊びをするのでご注意くださいね。
いい年をしてなんで爆竹を投げて楽しいんだろう・・・と思いますが、バレンシアっ子のDNAなのだそうです。

 

爆音と炎、煙に包まれるクライマックス

お祭り本番の5日間は各種プログラムも目白押し。
地下鉄アラメダ駅付近では、毎夜花火大会が繰り広げられ、
17日と18日には美しい民族衣装をまとった火祭りグループの老若男女が聖母広場に設置されたバレンシアの守護聖母デサンパラードスに花を捧げに行く献花パレードがあります。
これも火祭りの必見イベントのひとつ。バレンシアの民族衣装は、
スペイン一の豪華さを誇るのですよ。もちろんお値段もスペイン一です。

Photo6_logo

クライマックスの19日の夜は、まず10時に子供の部の小さいファジャから点火スタート。
そして、12時になると、大人の部の大きなファジャに火がつきます。

爆竹を使って点火し、また点火時にはその場で打ち上げ花火まであがるので、
町のあちこちから爆音が。
まさにクライマックスの瞬間です。

大きなものは安全上あまり近くには寄れませんが、中規模以下のものだとすぐ近くで見ることができ炎の熱さを感じることができます。
但し、風向きによっては煙に注意が必要です。
何百ものファジャが一斉に燃やされるので、空は煙り、灰が降り、町は異様な雰囲気に包まれます。

 

Photo7_logo

延焼を防ぐため消防車が来て放水する中燃えていく

最後に夜中の1時に市役所広場の大きなファジャが燃やされて火祭りは終了します。
一度これを見に行ったことがありますが、朝の山手線並みの混雑でスリも多く(友人が被害に遭いました)、
あまりオススメしません。
見に行く方はくれぐれもご注意くださいね。
それでは、楽しい火祭りを!!

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る