PhotoTOP_logo

【海外生活アドバイス】願えば叶う? 6年がかりで実現したスペイン就職【スペイン】

PhotoTOP_logo

私は2002年の春に、新しくできた日系企業の現地採用スタッフとしてスペインにやってきました。

いつかスペインで働きたい。

そう思ってからちょうど6年経っていました。
たまに「どうしたらスペインで働けますか?」と聞かれることがありますが、難しい質問です。
今回は私のケースをお話しします。

 

あっという間にスペインの虜に・・・

20代のアメリカ遊学時に仲良くなった中南米の友人達の影響で、アフター5にスペイン語を習っていました。
関心は中南米に向いていたものの、ある時雑誌FIGAROのアンダルシア特集を目にして初めてスペインを意識。

その後、転職にあたってもう少し英語力をつけようとイギリスに行くことにしました。
初めてのヨーロッパ。だったらFIGAROで見たアンダルシアに行ってみよう。
そう思いついて、イギリスに行く直前の2か月を休暇半分でセビージャとマラガの語学学校に通うことに決めました。

セビージャに着いた日はセマナサンタ(聖週間)の初日で、最後の週には春祭り。
どちらも世界中から観光客が来る規模のイベントです。
セビージャがもっとも華やぐ季節。

あっという間にスペイン熱に侵され、いつの間にか「絶対にここで暮らす。ここで働く」と心に決めていました。

華やかできらびやかな春祭りにもすっかり魅了され

華やかできらびやかな春祭りにもすっかり魅了され

 

「悪いことは言わない。日本に帰りなさい」

そうなったらもう英語なんてどうでもよくなり(苦笑)。
申し込んでいたのでイギリスには渡りましたが、心はスペインに奪われたまま。
日本に帰国したら数か月派遣で働き、またセビージャへと飛びました。

とりあえずスペインにいれば道が開けるような気がして、友人宅に居候し、
学校に行くわけでもなくダラダラ過ごす日々。
今思えば、恥ずかしいほど無知で無計画した。

ふとしたことでマドリーにある日系旅行会社の社長に知り合い、ある時相談に行きました。

すると、

「キミみたいな子にスペイン政府が労働許可なんてくれるわけはないだろう。
スペイン語力を証明できる学歴も資格もない。スペイン語を使った職歴もない。
キミみたいな子は大勢見ている。悪いことは言わない。日本に帰った方がいい」と。

ショックでした。
それまで会った在住日本人はみんな「何とかなるよ」と言ってくれたのに・・・。
でも、正しい意見です。

そう言われて目が覚め、日本に帰り出直すことに決めました。

 

迷うならとりあえずやってみよう

とりあえず短期の派遣で働いていたところ、JAPAN TIMESでスペイン語を使う仕事の求人を見つけました。
それもよく知っているスペインの服飾ブランドを輸入販売する会社です。
ビジネススペイン語とは無縁だったのであまり自信はなかったものの、運よく採用されました。
あの時は本当に嬉しかった!

最初は苦労が多くつらかったものの、徐々に慣れてきて2年が過ぎた頃、
某大学のスペイン語学科の3年次に編入できるかもしれないことを知り、
マドリーの社長に言われた学歴のことを思い出しました。

卒業には少なくても2年はかかる。
迷いました。
でも、ここでやらなかったら後悔するかもしれない。
だったら実際にやって、それで後悔した方がいい。

上司のはからいでバイトとして仕事の一部を続けながら、毎日びっしり授業を受ける生活が始まりました。
自分でどうしてもやりたいと思った勉強の楽しいこと。
充実した毎日でした。
あの2年間は私の宝物です。

私が重度のスペイン熱に感染したセビージャの町

私が重度のスペイン熱に感染したセビージャの町

 

NYのテロが私の人生に影響するとは・・・

4年生になり、あのマドリーの社長から「リスボン支店を立ち上げるので働かないか」とお誘いを受けました。
私の努力を認めてくれたことは嬉しいものの、迷いました。
私の目的地はスペイン。ポルトガルではない。

でも、スペインはすぐ隣で、本社はスペイン。
ここでも結局“迷ったら進んでみる”ことに。

夏休みに条件面の話し合いをしにマドリーに行き、リスボンにも足を運び、卒業後即入社することが決まりました。
そしてリスボンの町を知るために1人で滞在していた時に、ニューヨークのテロが発生。
その後の旅行業界の低迷により、リスボン支店立ち上げは延期となり、私の内定も消えてしまったのです。

まさか私の人生までテロによって変わるとは、夢にも思いませんでした。落ち込みました。

 

諦めたら終わり。願い続けること

でも、神は私を見放さなかった(笑)。
その2か月後に、友人経由でバレンシアに進出する日系企業で現地採用扱いの求人があることを知りました。
英語とスペイン語を使った秘書業務。
まさにスペインから帰ってきて以来こなしていた仕事です。
早速応募し、「ぜひ面接してください!」と飛行機で本社がある地方都市まで飛び、
見事スペイン行きの切符を手にしたのです。

マドリーの社長に指摘されたスペイン語の学歴と職歴。
この2つが揃った時点でスペイン就職が決まるだなんて!
これは単なる偶然なのでしょうか?

卒業後に本社で研修を受け、4月末には東京からバレンシアに引っ越してきました。
そこからもまあ、紆余曲折ありましたが、今に至るわけです。

スペイン就職が決まった先は東海岸のバレンシア

スペイン就職が決まった先は東海岸のバレンシア

今は特に失業率が高くスペイン人ですら職がないので、日本人がスペインで就職するのは非常に困難です。
でも、可能性ゼロではありません。
どうしてもスペインで働きたい方には、諦めずに願い続けることをオススメします。
私も大好きなアンダルシアに住む夢は諦めていません(^_-)-☆

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る