PhotoTOP_logo

【海外旅行情報】インターネットで鉄道チケットを買ってみよう【スペイン編】

PhotoTOP_logo
スペイン国内の移動に列車やバスを使う際、確実に乗るためにあらかじめチケットを
買っておきたいですよね(スペインの長距離列車は座席数しかチケットを販売しないので、
立ち乗りはありません)。現地にいるならば駅やバスターミナルで買うことができても、
日本やほかの場所にいたらそれは不可能。
今回はRENFE(日本でいうJR)の鉄道チケットをWEBサイトで買う方法をお教えします。

WEBだとお得な料金もあるスペイン国鉄RENFE

列車もバスもインターネットでチケットが買える便利な時代になりました。
その上、RENFEでは航空券のように座席数限定の安い席や期間限定の割引料金もあり、
窓口で買うよりお得です(窓口で買うと発券手数料もかかります)
でも、スペイン語がわからないので買うのを躊躇してしまう方は大勢いるかと思いますので、
今回の記事はそんな方へのご参考になれば幸いです。

RENFEの鉄道網はスペイン中を網羅しています。
スペイン版新幹線・高速鉄道AVEも徐々にあちこちへと延び、鉄道の旅も便利になってきました。
RENFEでは近郊線のローカル列車(cercanias)以外はネットで購入できます。

RENFEサイトからチケットを買ってみよう

さて、では早速買い方を見ていきましょう。
RENFEのサイトhttp://www.renfe.com/を開けると、このページのスペイン語版が出てきます。

Photo1_logo

赤丸で囲んだWelcomeの文字をクリックすると英語版に変わります。
11月14日にマドリー→コルドバ、翌15日にコルドバ→マドリーの往復チケットを
大人1人分買う設定になっているのをご確認ください。
MADRIDのあとにカッコ書きで(TODAS)とあるのはマドリー全駅の意味。
マドリーにはRENFEの駅が複数あるので特に指定はしない時に使います。
具体的にアトーチャ駅で探すなら、MADRID-PUERTA DE ATOCHAという選択肢を選びます。
高速鉄道AVEの駅がここです。人数の欄は、大人、子供(4歳から13歳未満)、乳幼児(4歳未満)。
ペット同伴や介助サービスはないものとして、購入(BUY)ボタンを押すとこんなページに
変わります(※スペイン語で表示された場合は、Welcomeをクリックしてみてください)。

Photo2_logo

機内食ならぬ車内食が出るAVEの一等車

まずは往路を選びましょう。ここで知っておきたい点がいくつかあります。
まずはClass(スペイン語だとClase)。Preferenteが一等車、
Turistaが普通車、Turista Plusはその間にあるプレミアムエコノミーのような車両です。
AVEの一等車では、時間に応じて機内食のような軽食が出ます。

Photo3_logo

次にFare(スペイン語ではTarifa)、料金ですが、いくつかの料金体系に分かれていて、
それぞれ条件が変わります。AVEと長距離列車(Larga Distancia)を例にとり、
高い順から説明しましょう。

◆Flexible
正規料金です。キャンセルの払い戻しに当たっては料金の5%の手数料がとられますが、
変更の際の手数料はかかりません。但し、新しい運賃の方が安い場合は、その差額の15%が
手数料になります。購入時に座席の指定ができます。列車に乗り遅れた場合は、
定刻から30分以内に発車駅で手続きをすれば、次の列車への振り替えが可能です
(運賃の差額を払うケースもあり)。駅にあるVIPラウンジの使用ができます。

料金種別によって払い戻しや変更などの条件が変わる

◆Ida y Vuelta
往復割引料金で、復路が往路と同一区間で往路の日付から1年以内である場合に、
往復それぞれ20%ずつの割引が適応されます。どちらか片方のみのキャンセルも可能で、
キャンセル時の払い戻しには40%が手数料として徴収されるものの、
両方同時に手続きすれば15%です。また往復ともに変更ができ、同じ区間で期限内であれば
手数料はかかりませんが、差額がある場合はその分を支払うことになります。
定刻から30分以内に発車駅で手続きをすれば、次の列車への振り替えが可能です
(運賃の差額を払うケースもあり)。

◆Promo+
正規料金から最大で65%引きになる料金です。その代わりに条件が厳しくなり、
キャンセルによる払い戻しには料金の30%、変更時には20%の手数料が課されます。
購入時に座席の指定が可能です。乗り遅れた場合は、定刻から30分以内に発車駅で手続きをすれば
次の列車への同クラス、もしくはそれ以下のクラスへの振り替えができますが、
実際に乗る運賃の20%の手数料が必要になります。

◆Promo
正規料金から最大70%引きになるもっともお得な料金ですが、
キャンセル時の払い戻しはなく、変更、および座席の指定もできません。

◆Mesa
テーブルを挟んで向き合った計4席をまとめた料金で、1~4人までで使用ができます。
正規料金から最大60%の割引になり、変更はできないものの、キャンセル時には
支払った料金の50%が払い戻されます。

列車の種別や料金によっては遅延で払い戻しがある

画面右側にある四角く囲まれた+のところをクリックすると、選んだ列車の情報が出てきます。

Photo4_logo

どんなクラスでどんな料金の席があるのか、また上記の条件のほか、遅延の際の払い戻し条件(※)や
列車番号、日付、所要時間、ルート、ノンストップか否かなどの情報も表示されていますね
(※ここではPromo料金を選んでおり、60分以上の遅延で50%、90分以上の遅延で100%の
料金を払い戻すと書かれています。遅延時の払い戻い料金は、列車の種別や料金によって変わります。
詳細はこちら:http://www.renfe.com/viajeros/info/IndemnizacionRetraso.html スペイン語のみ)

上記の条件を考慮の上、料金を決めたら、NEXTボタンをクリック。
復路を選ぶ画面に変わるので、同じ要領で料金を確認しNEXTをクリックすると次に進みます。
長い画面なので、ここでは2つに分けました。

Photo5_logoPhoto6_logo

支払いはクレジットカードかペイパルで

ここでは、まず右側に表示される列車の日時や料金が正しいか確認し、購入に必要なデータを入力。
Name(名)と1st Surname(姓)、メールアドレス、電話番号が必須です。
SPECIFIC SEATの欄では、左から座席の指定なし、指定あり、窓側、通路側のどれかを選びます。
指定がある場合は座席表から空いている席を選び、それ以外は自動的に割り当てられます(同行者がいる場合は隣か、隣が空いていない場合は近くになります)。
次に支払い方法の選択で、ここではクレジットカードで払う設定になっているため、
再度メールアドレスと電話番号の入力が必要です。1番下の利用規約に同意しますにチェックを入れ、
右下のPURCHASEボタンをクリックすると、購入画面に移ります。
(※子供料金は正規料金の40%引きで、この画面のPriceのところからNiñoと
記された料金を確認し、どちらがお得か比べてください)。

Photo7_logo

Eチケットをプリントして当日駅に持って行けばOK

上から順にカード番号、有効期限、そして3桁もしくは4桁のセキュリティコードを入力。
これで購入完了! チケットをすぐに印刷するか、PDFで保管してください。
入力したメールアドレスにもEチケットが届きます。
一番下のバーコードも必要なので、このままの形でお持ちください。

Photo8_logo

長々と説明をしてみましたが、お分かりいただけたでしょうか? RENFEをご利用の際は、
ネットでの購入も試みてくださいね。ただ、スペイン国外のクレジットカードは使えないものも
あるようなので、もし使えなかったら残念ですがスペインに来てから駅の窓口でお求めになるか、
割高ながら日本の旅行代理店にご依頼ください。

なお、ここに書いた情報は2016年11月7日現在のものであり、
それ以降にWEBサイトのデザインも変わる可能性があります。ご了承お願いします。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る