スペイン アーモンド画像

桜がないならアーモンドでお花見を[スペイン]

スペイン アーモンド画像 スペイン 桜 スペイン 桜 スペイン 桜 スペイン 桜 スペイン 桜

日本はそろそろ桜の季節ですね。スペインに暮らし始めて12年。この時期に里帰りをする機会がないために、もう12年も桜を見ていないことになります。日本に住んでいる頃は春になると当たり前のように目にしていた桜が、こんなにも恋しくなるとは・・・。

そんな私の心をなぐさめてくれるのが、アーモンドの花です。実はアーモンドは、桜と同じくバラ科サクラ属の植物。なので、見た目も桜によく似ているのです。ちなみにスペインは世界第2位のアーモンド産出国で、平均して年間75,000トンもの生産量を誇るとか。そういえば、トゥロンやマジパン、タルタ・デ・サンティアゴなどなど、スペインのお菓子にはアーモンドを使ったものが多々あります。油で炒めて塩を振ったアーモンドも、メジャーなビールのおつまみです。これ、お土産にオススメですよ。

スペインのアーモンドの産地は、バルセロナのあるカタルーニャ州、バレンシア州、バレアレス諸島、アンダルシア州と主に地中海岸。ここバレンシアでは、暖かい年だと1月の終わり頃から花が咲き始めます。私が住んでいる町のあたりでは、国道や高速道路の脇、山の斜面にポツポツ生えている程度ですが、それでも「春が来たんだな?」と心が躍ります。そう、アーモンドの花は春を告げる花なのです。バレンシア周辺には大きなアーモンド畑もあるので、花が真っ盛りの時期はさぞキレイなことでしょう。

首都のマドリーには日本人会が植樹したフアン・カルロス公園の桜のほかにもアーモンドの木が植えられた公園があるので、日本人の友人たちはこの時期にお弁当を持ってピクニックがてらにお花見に行くそうです。なんてうらやましい!! バレンシアでもできないものかと思い、我が家から比較的近い山でアーモンドを作っていると聞き、下見にいったことがありました。山間だったので“一面アーモンドの花!”というわけにはいかなかったものの、小さな畑も見つけることができました。桜のような色の花や濃い桃のようなピンクの花が咲き乱れる様子の美しいこと!! でも、やはり街道沿いや山の斜面、もしくは畑にしかないもので、木の下でお花見ができるような場所は見つかりませんでした。うーん、残念。ましてや街灯のない山の中なので、夜桜を楽しむなんて不可能です。だいたい車でしか行けない場所なのに、アルコールも飲めないし・・・。それでも、ドライブがてらのお花見はとても楽しかったです。

食事をしたレストランのおじさんに聞いたところ、その界隈はアーモンド栽培が盛んだったものの、最近はサクランボに変わったとのこと。「サクランボの花の時期にまたおいで」と言われたので、時期を聞いてまた訪ねてみました。日本では桜=ソメイヨシノのイメージがありますが、ソメイヨシノだけが桜ではありませんからね。おじさんの言う通りに3月末に再訪しましたが、その年はたまたま開花が遅く、それでも早咲きの白い桜の花を愛でて帰ってきました。

サクランボといえば、スペイン西部エストレマドゥーラ州の北部にはヘルテの谷という一大産地があります。ここには200万本以上の桜の木があり、3月後半の開花時期には谷が真っ白に染まるそう。写真で見たことがありますが、絶景!! ぜひ訪れてみたい土地のひとつです。日本語で、ヘルテとサクランボをキーワードに画像検索すると、写真を見ることができますよ。なお、ここのサクランボはピコタと呼ばれる種類で、5月から6月にかけて市場に出回ります。

ところで、バレンシアの公園にも桜を植樹するという噂が流れたことがありますが、大不況の影響かまだ実現されていません。いつかレジャーシートを広げて、お弁当を食べながらお花見ができたら最高なのですが・・・

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る