編集_Wedding1_1

[スペインの結婚式についての記事1]イマドキのスペイン結婚事情

編集_Wedding1_1

日曜日になると、あちこちからババンバンバンッ!!と爆竹音が聞こえる季節になりました。私が住む地方では、新婦が結婚式に向かうため家を出る時や挙式を終えて教会やお役所から出てくるときに、派手に爆竹を鳴らす習慣があるのです。先日子供を連れて地元のお城に行った時には、ちょうどお城で青空結婚式が執り行われていました。本格的な暑さが到来する前の5月や6月上旬は結婚式のシーズン。6月に式を挙げると幸せになるジューンブライド信仰はなく気候で選ぶようで、ほかには9月下旬から10月もシーズンです。

今回は最近のスペインの結婚事情についてお話ししたいと思います。

まず、スペインには宗教婚と民事婚、2つの婚姻方法があります。前者はカトリック教会による結婚です。日本では教会での結婚式が当たり前になりつつありますが、こちらでは教会での式は基本的に信者が挙げるもの。かたや、市役所や戸籍登録書、裁判所などで簡単に挙式をするのが民事婚で、バンケット会場等の指定の場所に式を執り行うお役人が出向いてくれることも。私とスペイン人の夫は民事婚で婚姻しましたが、驚いたことに、田舎町だからか日にちの指定ができませんでした。「10月? だったら、この日とこの日よ」と2日のうちのどちらかを選ばなければならず、都合がいい方が金曜日という平日だったため、式は金曜日に、披露宴は土曜日と2日続けてウェディングドレスを着ることになりました。まあ、試したかった髪型を両方結えたので、よかったのですが(^^)ちなみに民事婚ではドレスを着ない人も大勢います。私はベールなしでドレスの裾もひきずらない、ごくシンプルなものを着用しました。

Wedding7_1

日本と同じく、お金をかけて盛大に式や披露宴を開くカップルもあれば簡素に済ますカップルもあり、ピンキリです。スペイン一般的にそうなのかわかりませんが、私の住む地域では披露宴に300人、500人と招待する新郎新婦も少なくないそうで、初めて聞いた時は驚きました。だって、ただの一般人ですよ。日本と違い「お友達の〇さんを招待したい」と思ったら、〇さんのパートナー、子供がいれば子供まで、家族丸ごとお招きするので人数は膨らみますね。また、「お父さんの仕事先の△さん夫婦」、「お母さんのお友達夫婦」なんていう新郎新婦とは顔を合せたことがない人たちまで呼んでしまうのです。我が子の晴れ姿を見せたい親心でしょうか? 実際500人近くを招いたという元同僚に経済事情を尋ねたところ、日本ほどバンケット費用が掛からないのでお祝儀でまかなえてしまったそうです。

披露宴にはランチとディナーと2タイプがあります。日本のような乾杯の音頭やスピーチ、新郎新婦や家族によるお酌、司会進行もなく食事が続きますが、ケーキカットはこちらでも定番。食後はお決まりのダンスタイムに突入します。バンドやDJが登場し、新郎新婦がファーストダンスを披露した後に、老若男女みんなで踊り始めます。ディナーの披露宴だと、これが明け方まで続くのです。日付が変わった頃ならまだ小さな子供も混じっていることも。もちろん全員最後までつきあえるはずもなく、ダンスタイムが始まる頃から徐々に帰り始めます。私は数回しか結婚式に出席したことがありませんが、最後まで残ったことはありません(^^;)

参加者の服装は華やか! 普段着だと日本よりダサいと言われるスペイン人ですが、キメる時はキメます。男性はダークスーツ、女性も黒が多い日本とは大違い。ただ、ドレスコードの明記がないと、中には普段着じゃないの?という人も混じっていますが。

海外結婚式 スペイン 海外結婚式 スペイン 海外結婚式 スペイン 海外結婚式 スペイン

結婚式のお祝いは、プレゼントよりも現金が主流のようです。あらかじめ招待状に口座番号が記されていることも。当日大金を保管しておくのは物騒だし、振込は安全で合理的といえばそうですね。プレゼントの場合にはウェディング・リストという方法があり、これは新郎新婦が指定するお店で2人が選んだ商品のリストを見て、そこからプレゼントを贈るスタイル。これまた、いらないものをもらうことを考えると合理的です。

最後に、数字で結婚について見てみましょう。スペイン国立統計局の調べでは、2012年の初婚年齢は男性が33.8歳、女性が31.6歳。日本は30.8歳と29.2歳なので、スペインの方が晩婚ですね。ちなみに2012年には168,834組が結婚し(うち2.3%が同性婚。スペインでは2005年に同性婚が合法化)、110,764組が破局をむかえたそう。1981年に離婚法が成立するまで離婚が禁じられていた国だというのに、今ではヨーロッパでも有数の離婚大国で、結婚する4組の内の3組は別れると言われています。なお、出生率は日本より低く(2012年はスペイン1.32、日本は1.41)、少子化が進んでいます。家族親戚の人数が多く、絆が強いイメージのあるスペインですが、近い将来は変わりそうですね。

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る