TOP

3月のビックイベント・バレンシアの火祭り

 

TOP3月はバレンシアが1年でもっとも華やぐ季節。スペインでもっとも盛大なお祭りのひとつと言われる火祭りが開催されるのです。今年の火祭りは運悪く雨や風に見舞われてしまいましたが、私もたっぷり楽しみました。

 

火祭りの昔と今

火祭りの歴史は何百年も前に遡ります。カトリック教会では、3月19日を聖ヨセフ(スペイン語ではホセ。イエス・キリストの父)の日に定めています。聖ヨセフは昔から大工の守護神として崇められており、毎年聖ヨセフの日に大工達が焚火をたき、いらなくなった木片や木くずを燃やしたことがお祭りの起源なのだとか。そして18世紀の半ば頃には、既に今のように風刺的な意味合いを持つ人形を町のあちこちで燃やしていた、という文献が残っているそうです(今年もバレンシア市長やスペイン王室、スペインの政治家たちを風刺した人形をいくつも見かけました)。

現在では、バレンシア市及び隣接する4つの町に約380の火祭りチームが存在し、各チームが大人の部と子供の部でひとつずつファジャと呼ばれる可燃性のオブジェを作成。子供の部の小さなファジャは3月15日の朝8時、大人の部の大きなものは16日の朝8時までに完成させるというルールに則り、町角の各持ち場にお目見えします。大きいファジャだと高さが20mを超え、制作費も何千万円の単位になるというのに、最終日3月19日の夜には一斉に燃やしてしまうのです。

 

まばゆいイルミネーションにスペイン一豪華な民族衣装

スペイン語でラス・ファジャスと呼ばれるこのお祭りは、毎年2月の最終日曜日の夜にセラーノスの塔で開かれる大掛かりな開会式典で始まります。3月1日からは毎日午後2時に市役所広場で爆竹ショーが開かれ、ファジャが町角に立つ前にはルサファ地区のイルミネーションがスタート。クーバ通りとスエカ通りという隣接した2つの通りとその周辺は、まばゆい光の装飾で輝きます。火祭りの時期にバレンシアにお越しの際は、どうぞお見逃しなく。

ルサファ地区のイルミネーション

ルサファ地区のイルミネーション

17日と18日には、民族衣装をまとった火祭りチームのメンバーたちが、聖母広場につくられた巨大なデサンパラードスの聖母像に花を捧げるパレードがあります。バレンシアの民俗衣装はスペインで一番ゴージャスと言われており、絹のドレスに金糸や銀糸をほどこした衣装に高価なアクセサリーを揃えれば、最低3万ユーロは必要だとか。現在のレートだと、約400万円!もっとも不況が続く今は、そこまでお金をかける人はほとんどいないとは思いますが・・・。このパレードには、親に抱っこされた乳児やベビーカーに乗った赤ちゃんから、おじいさんおばあさんまでが参列。民族衣装を着た小さな女の子はまるでお人形のようで、見ていて飽きることがありません。捧げられた花は、木枠だけだった聖母像の首から下を埋め尽くしていき、最終日には花でできた聖母像も見ることができます。献花パレード、聖母像とも火祭りの必見です。

お祭りに華を添える豪華な民族衣装

お祭りに華を添える豪華な民族衣装

首から下を捧げられた花で覆われた聖母像(2014年)

首から下を捧げられた花で覆われた聖母像(2014年)

 

派手なフィナーレで灰と化すファジャ

今年の最終日は、お気に入りのひとつだったファジャを燃やすところを見に行ってきました。大人の部のファジャは、その年1位になったものと市役所広場のものを除き、午前0時に点火されます。爆竹を伝って轟音とともに引火し、同時にその場で打ち上げ花火が上がる派手なフィナーレです。大きなファジャは延焼を避けるために、消防車の放水の中で燃やされます。風が強かったので、火の粉や煙、放水のしぶきを浴びながらの見学となりました。

Photo12,13,14ほかにも15日の夜から毎晩花火大会があるほか、民族舞踊ショーや火のパレード、また闘牛の連続興行などなど、火祭り期間中は数々のイベントが目白押し。町には大道芸人や火祭りの風物詩である揚げ菓子の屋台が出て、民族衣装をまとった火祭りチームのメンバー達が楽隊を従え練り歩き、大人も子供も爆竹を鳴らして遊び、バレンシアの町はお祭り一色に染まります。

 

来年の旅行先にバレンシアの火祭りはいかがですか?

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る