編集_写真1

【イベント】ルツェルンの春の訪れは音楽とともに【スイス】

 

編集_写真1スイスでは、イースターが終わると、各街のコンサートシーズンがやってきます。ルツェルン周辺の各街には、それぞれに地元の人が参加するブラスバンドがあり、この春のコンサートに向けて団員たちは練習をしています。観光でスイスを訪れると、なかなか現地の人と関わる機会はありませんが、ホテルの近くで行われる春のコンサートを訪れると、地域の文化や習慣を垣間見ることができますよ。今回は、そんなスイスの季節の行事・イベントである地域コンサートの楽しみ方をご紹介します。

 

スイスの人は地域のつながりを大切にする
老若男女で楽しむコンサート
編集_写真24月の中旬から終わりごろにかけて、各街のブラスバンドのコンサートが開かれるため、街の集会場の掲示板や地元のレストランなどに、チラシやポスターが置かれるようになります。観光でスイスを訪れる場合は、なかなか見つけずらいかもしれませんが、そういう場合はホテルの人に聞けば、地元のイベント情報を教えてくれるはずです。
スイスのコンサートは、通常夜の20時から始まり、10時ごろまで続くのが一般的です。少しフォーマルな服装に着替えて、地元のブラスバンドの演奏を聞きに行ってみてはいかがですか?

 

くじ引き大会もコンサートの楽しみ
編集_写真3コンサートは、通常1部と2部に分かれています。1部終了後にはワインを飲んだり、軽食を食べて過ごすのが一般的です。街のホールには、キッチンがついているところが多く、しっかりした食事をいただくことができるコンサートも多くなっています。
そして、休憩時間にチョコレートの入った籠を持った人たちがやってきます。番号が書いてあるこのチョコレートは、クジになっていて、コンサートの最後に抽選会が行われるので、いくつか購入してみましょう。抽選に外れてもスイスのチョコレートを食べることができるので、はずれなしといった感じですね。景品は、コンサートのスポンサー企業から出されるもので、地元のチーズセットやハムセット、スーパーの商品券、花束など、その地域の特産品が当たる場合が多いようです。コンサートの最後に番号が読み上げられるので、聞き逃さないように注意しましょう。ドイツ語が分からない場合は、周りの人に聞けば、みんなで助けてくれるはずです。

 

素人ブラスバンドでも演奏は本格的!
編集_写真4地域の素人ブラスバンドですが、演奏はかなり本格的です。ルツェルンは、ワーグナーやラフマリノフも住んでいた街で、毎年ルツェルン音楽祭が年に3回も行われる音楽の都です。地元のブラスバンドでも、小学校中学年から大人になってもずっと演奏を続けている人が多く、そのレベルは侮ることができません。一般的に、地域のブラスバンドは週に1度練習を行っていて、子どもからお年寄りまでたくさんの人が参加しています。
大人たちは練習の後に、地元のパブで飲み会というのが恒例になっていて、地域のコミュニティーとして大切なものとなっています。主に、クリスマスコンサートと春のコンサートのために練習している彼らですが、地域のイベントや地域の高齢者の誕生日での演奏、また、教会の行事などの際にも演奏しています。普段はいろいろな仕事を持つ人々が集まって、一体となって奏でる音楽はとても温かい音色といえます。

 

春の夜の爽やかなひと時を音楽とともに過ごす
編集_写真5スイスでは、3月の下旬から夏時間が始まります。それまでは、18時ごろに日没を迎えていた地域も、夏時間の訪れで、日没が20時以降になり、活動時間が長くなります。寒い冬の間は家の中で過ごすことが多い人々も、春の訪れとともに外に出て活発に活動するようになるのです。そんなスイスの春の訪れを伝える地域のブラスバンドコンサートを訪れたら、地域のつながりを大切にして、みんなで季節を楽しむスイスの人たちの姿が見えてくるはずです。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る