編集_写真1

【海外旅行アドバイス】ハイキングも温泉も!スイスの魅力を一日で楽しもう!【スイス】

 

編集_写真1スイスといえば、やっぱり山ですよね? でも、本格的なハイキングはなかなか大変です。普段山歩きになれていない人は、急にハイキングをすると体に負担も大きくなってしまいます。そこで、初心者でも気軽に楽しめるルツェルン、リギ山の1日ハイキングコースをご紹介します。時間や体調に合わせて選ぶことができるので、負担になることなく、スイスの自然を満喫することができますよ。

 

リギ山の楽しみ方は無限大
まずはケーブルカーとBBQランチ
編集_写真2リギ山には、登山鉄道、ケーブルカー、そして、ハイキングで登頂する方法があります。多くの観光客の方が、ルツェルンから遊覧船でヴィッツナウまで行き、そこから登山鉄道で頂上を目指すコースを楽しまれますが、時間に余裕がある場合は、少しリギ山をハイキングしてみるのがおすすめです。
編集_写真3例えば、Küssnacht am Rigiという麓の街まで電車で行って、そこからケーブルカーでSeebodenalpまで登り、そこから2時間ほど歩いて頂上を目指してみてはいかがでしょうか? Seebodenalpはリギ山の1000m付近にあり、車でも登ることができます。カフェやバーベキューエリアもあるので、Küssnacht am Rigiにあるスーパーでは湖で獲れた鮎やスイスのソーセージを購入できるので、バーベキューランチを楽しむのもいいでしょう。薪は用意されているので、必要なものは紙皿やフォーク、ライター、そして食材のみです。食べ終わった後に、ごみ箱に捨てれば、ここからのハイキングの負担にもならずに済みますね。薪で火を起こす際に新聞紙があると便利なので、ホテルで古新聞をもらっておくと便利です。

ケーブルカーのウェブサイト
http://www.seebodenalp.ch/

 

午後はゆっくりハイキング

海外旅行 スイス 海外旅行 スイス

バーベキューを堪能したら、いよいよハイキングです。Seebodenalpからリギ山の頂上、Rigi Kulmまで約2時間半の道のりです。なだらかな道のりなので、ゆったりスイスの植物や動物たちを眺めながら歩くことができます。迷う心配はほとんどありませんが、不安な場合は、黄色い標識に従って歩くようにすれば大丈夫です。分かれ道などには、木や柱に黄色いしるしがついているので、その方向に進みましょう。

 

頂上から少し足を延ばして温泉へ
編集_写真6Rigi Kulmにはホテルがあり、レストランで休憩をすることもできますが、頂上を楽しんだら、30分ほど下ったところにあるRigi Kaltbadには、温泉があります。スイスの温泉は、温めの温度になっていて、温水プールのように水着を着て楽しみます。しかし、露店風呂やミストバスもあり、旅とハイキングの疲れを癒してくれるはずです。タオルなどは有料で借りることができるので、水着と簡単な着替えだけ持参すればいいので、ハイキングの邪魔にもならずに済みますね。
ちなみに、スイスのサウナは水着着用不可となっている場合が多く、サウナエリアでは水着を脱いで裸にならなければいけないので、注意が必要です。こちらの施設では、サウナは男女混浴となっているので、抵抗がある人はサウナエリアを利用しないようにしましょう。ミストバスは水着着用OKなので、安心して利用することができます。

温泉施設「AQUA-SPA-RESORTS Mineralbad & Spa Rigi-Kaltbad」
http://www.mineralbad-rigikaltbad.ch/index.asp

 

1日のんびりリギ山を堪能しよう
編集_写真7温泉でゆっくり癒されたとは、Rigi Kaltbadから登山鉄道でヴィッツナウまで下り、遊覧船でルツェルンに帰れば、リギ山1日ハイキングコースはおしまいです。このコースなら、鉄道、ケーブルカー、バーベキュー、ハイキング、温泉、登山鉄道、遊覧船を1日で無理なく楽しむことができます。スイスの大自然に触れることもできるので、スイスの魅力が詰まった1日になるはずです。夏の海外旅行、海へ、山へ、高原へ、いろいろな楽しみ方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る