編集_image002

【暮らし・住まい】登山鉄道!ヨーロッパ最古の眺めを楽しもう【スイス】

 

編集_image002ルツェルン近郊には、ピラトゥス山やリギ山など観光客に人気の山がありますが、中でも、リギ山ではヨーロッパ最古の登山鉄道が運航しており、とても人気です。もちろん観光客だけでなく、地元の人も冬にはスキーやソリ、夏にはハイキングを楽しむためで多くの人が利用するこの登山鉄道をご紹介します。

 

スイスのリアルを楽しむ鉄道

リギ山に通っているリギ鉄道は、2つの登山鉄道と1つのロープウェイの3つの路線を持っています。一番古い路線は、ヴィッナウとリギ山頂のリギ・クルムをつなぐ路線で、1871年に開通しました。数あるスイスの登山鉄道の中でも、最も歴史の古い登山鉄道です。そこで、そんな歴史あるリギ鉄道の魅力をご紹介しましょう。
編集_image004

リギ鉄道に乗る際のヒント

1.お得に利用する方法
ルツェルンからリギ鉄道の駅のあるヴィッツナウにいくには、ルツェルン湖の遊覧船を利用するのが一番簡単です。観光客向けのスイスパスを購入すれば、遊覧船もリギ鉄道も無料で利用することができるため、とてもお得に観光を楽しむことができます。登山鉄道の多くは、スイスパスに含まれていない場合が多いので、リギ鉄道はおすすめです。

2.眺めをしっかり楽しむ方法
リギ山の登山鉄道は、山肌を上るため、座る席によっては崖を眺めなければいけません。逆に湖側に座るとお天気が良ければ、ルツェルン湖やピラトゥス山の絶景を楽しむことができるので、絶対に湖側がおすすめです。湖側は向かって左手なので、鉄道の左側に乗るといいでしょう。ただ、観光客の多い季節は、満席のことも多いので、なかなか席を選ぶのは難しいかもしれませんが、少し工夫するだけで眺めのいい席を確保できるので、時間に余裕のある場合は以下の方法をぜひ試してみてください。

・鉄道の出発ぎりぎりに到着する遊覧船は避け、少し前に到着するようにする
遊覧船のタイムテーブルは鉄道の運行時間とリンクしていて、鉄道の出発時間の少し前にヴィッツナウに到着する遊覧船があるのですが、遊覧船の乗客のほとんどがリギ鉄道に乗り込むため、鉄道の席を選ぶ余裕がない場合が多いです。そこで、時間に余裕がある場合は、少し早めの遊覧船でヴィッツナウに到着して、ほかの観光客が到着する前に、鉄道の席を確保するのがおすすめです。

3.週末だけの特別な機関車
リギ鉄道のヴィッツナウとリギ・クルム区間では、蒸気機関車を運航しています。夏には毎週土曜日に運行されますが、冬には1か月に2回のみの運航になるので、なかなかお目にかかれないものですが、とてもレトロでかわいい見た目と機関車独特の音と煙を楽しめるので、一見の価値ありです。普通の蒸気機関車とは違い、煙突のある先頭部分が最後尾につくため、電車を押し上げているような不思議な雰囲気を醸し出しています。運航日には11時頃にリギ・クルムに向けて出発し、午後にヴィッツナウにかえってきます。

 

ちょっと変わったイベントも
リギ鉄道では、様々なイベントも行っているので、イベントに参加するのも楽しみの一つです。たとえば、冬の期間に毎週行われるのは、「チーズフォンデュトレイン」。その名の通り、リギ山に登る鉄道の中で、チーズフォンデュを楽しむことができます。

 

大自然を満喫しよう
編集_image006編集_image008登山鉄道はスイスならではの大自然を満喫できる便利な鉄道です。ハイキングをせずに山頂に登ることができるので、どなたでも楽しむことができます。リギ山 は1800mほどの山なので、登山鉄道でも高山病などになる心配も少なく、また、ルツェルンから近いため時間が限られている旅行でも安心です。冬には、美 しい銀世界、夏には緑豊かな清々しさを体験できるので、ルツェルンを訪れる際には、個性豊かな海外の交通機関であるリギ鉄道にチャレンジしてみてくださ い。

 

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る