バンコクの街中

【グルメ・ドリンク】バンコクのおすすめ食事スポット【タイ】

海外旅行 タイ バンコクの街中 海外旅行 タイ 海外旅行 タイ

タイ・バンコクに来られる方の多くが、美味しいタイ料理を食べることを楽しみにされていることと思います。タイ料理とひとくちに言っても、正統派タイ料理から安くて美味しいシーフード料理、地方色豊かなイサーン料理など、選択肢はたくさんありますが、「せっかくだから、ローカルフードに挑戦したい」という方もいらっしゃることでしょう。今日はそんな方々に、観光客の方でも気軽に安心して楽しめる、おすすめのローカルなお食事スポットをご紹介させて頂きます。

タイのローカルフードといえば、屋台での食事を連想される方も多いでしょう。実際にバンコクの街中を歩くと屋台の数に驚かれることと思います。オフィス街では朝早くから屋台に行列するOLさんたちの姿を見ることができます。退社時間には夕食用に屋台料理を自宅に持ち帰る人たちの姿も。安くて早くて美味しい屋台の食事はローカルの人たちにとっては日常に欠かせないものなのです。

しかし、私たち外国人からすると、衛生面での不安や、言葉が通じず注文が上手く出来ないのでは、といった心配があります。そこで私がおすすめするのが、デパートやショッピングセンター内のフードコート利用です。

バンコクではデパート、スーパーマーケット、オフィスビルなど至る所でフードコートを見かけます。屋台よりも予算は数十バーツ上がりますが、冷房の効いた清潔な場所で落ち着いて食事が出来るということで、ローカルの人々は日常的に利用しています。

そんな数多あるフードコートの中から、観光客の方にもアクセスしやすい2か所をご紹介させて頂きます。

1つ目にご紹介するのは、バンコクの原宿・サイアム地区に昨年登場したばかりの「フード・リパブリック」です。タイファッションを牽引するブランドショップが集結したファッションビル「サイアムセンター」の4階にあるこのフードコート、ニューヨークの「ソーホー」をイメージしたお洒落な内装がウリです。こちらの運営を手掛けているのがシンガポールの会社ということで、従来のフードコートのイメージとは大きく異なる、スタイリッシュな雰囲気がお洒落な若者たちのハートをがっちりと掴んでいるようです。高級感あふれる店内ですが、料理は定番のタイ料理がしっかり押さえられており、お値段も他と変わらぬ良心的な設定。また、インド料理や和食など、タイ料理以外の選択肢が豊富なのも嬉しいポイントです。

次にご紹介するのがBTSアソーク駅隣接のショッピングセンター「ターミナル21」5階に位置する「Pier21」です。こちらはサンフランシスコをイメージした内装で、白とブルーを基調としたインテリアが爽やかです。こちらはタイ料理が中心となりますが、特筆すべきは、2011年秋にオープンしたばかりの場所とは思えない良心的な価格設定。お財布の中身を気にせず、気になるタイ料理に色々と挑戦、なんて事が可能です。こちらでは、見晴らしの良い窓際のテーブル席でお食事されることをおすすめします。

これらのフードコートではプリペイド方式を採用しており、事前にカウンターで食券カードを購入してからお店を回ります。注文の際にはこのカードを各店舗に出すのみ。注文の仕方は写真を指さしたり、写真やメニュー記載の数字を英語で伝えれば問題ありません。特に今回おすすめした2か所のスタッフは外国人慣れしているので安心して堂々と注文をしてみてください。何か困ったことがあれば、近くの人が必ず助けてくれることでしょう。そんな触れ合いを体験できるのもフードコートの楽しみの一つです。

今回ご紹介した場所はともにBTS(高価鉄道)駅に隣接していて、雨季でも雨に濡れることなく移動が可能です。また、お食事だけでなく、飲み物やデザート等、カフェ代わりの利用もおすすめです。

 

<SHOP DATA>

●フード・リパブリック [営業時間]10~22時 [休]無

www.facebook.com/FoodRepublicThailand

●Pier21        [営業時間]10~22時 [休]無

http://www.terminal21.co.th/

> この記事について報告する

関連するおすすめ記事

英語ができれば海外生活もスムーズ!オンライン英会話でらくらく英語レッスン! プチ海外生活を体験してみよう!まずは短キ留学でその国を知ろう! 出張のお土産に和柄マカロン 海外旅行、海外出張はフィールアブロードにお任せ!

絞り込み検索

ページ上部へ戻る